CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

【今週見るならこの映画!】新垣結衣 教師役に初挑戦! 『くちびるに歌を』

『くちびるに歌を』
2015年2月28日(土)全国ロードショー

 

『くちびるに歌を』予告編はコチラ

【3つのオススメポイント】
(1)新垣結衣は教師役初挑戦!
今回のガッキーの役どころは、東京で活躍していたピアニストで、産休に入る先生の代理の音楽教師役。数年ぶりに故郷に戻ったのに、劇中では冷たい態度(笑顔封印)で、なぜかかたくなにピアノを弾こうとしない・・・という難しい役を演じています。音楽教師役なので、ピアノは数か月に及ぶ特訓したそう。特訓の思い出は、本人曰く「苦労しかないんですけど・・・(笑)。」特訓の成果も注目のひとつです。

(2)主役がもうひとりいる!?
もうひとりの主役ともいえる合唱部の生徒たちは、全員をオーディションにより選出され、半年間に及ぶ合唱練習を経て、長崎での撮影合宿に臨みました。合唱部キャストのフレッシュな魅力は、かつての『ウォーター・ボーイズ』や『スウィング・ガールズ』のように、ここから次世代のスターが生まれる予感も?

(3)ヒントは”アンジェラ・アキ”
2008年全国学校音楽コンクールの課題曲となった「手紙~拝啓 十五の君へ~」の作者アンジェラ・アキが、合唱コンクールに出場する五島・若松島の中学生たちと交流する様子を追ったテレビドキュメンタリーをヒントに中田永一が書き下ろした青春小説。2012年の小学館児童出版文化賞を受賞、同年本屋大賞にノミネートされ、読書メーターおすすめランキング第一位にも輝いている。

【ストーリー】
十五歳のあなたへ。かつて、十五歳だったあなたへ―

長崎県・中五島中学。産休に入る音楽教師の代理として、数年ぶりに故郷に戻った柏木ユ-リ。東京で活躍していたピアニストが先生としてやってきたことに興奮する生徒たちをよ-そに、柏木は冷たい態度でなぜかかたくなにピアノを弾こうとしない。いやいやながら合-唱部の顧問になった柏木は、課題曲「手紙 ~拝啓 十五の君へ?」の練習のため、″15年後の自分へ手紙を書く″という宿題を出す。そこ-には、15歳の生徒たちが抱える、誰にも言えない悩みが綴られていた。その手紙は、悲-しい過去からピアノを弾けなくなっていた柏木の心を動かして・・・・・

【キャスト】
新垣結衣
木村文乃
桐谷健太
恒松祐里

【スタッフ】
監督:三木孝浩
脚本:持地佑季子、登米裕一
原作:中田永一「くちびるに歌を」(小学館刊)

『くちびるに歌を』
2015年2月28日(土)全国ロードショー
© 2015『くちびるに歌を』製作委員会 ©2011中田永一/小学館

2015年2月27日(金)

Facebookコメント

Return Top