CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

【今週見るならこの映画!】足キスが話題に!バレンタインは甘い豊悦オジサマに酔いしれる『娚(おとこ)の一生』

『娚(おとこ)の一生』
2.14[土]roadshow

足キス映像も!『娚(おとこ)の一生』予告編はコチラ

【嫉妬しちゃう3つのポイント!】
(1)美しい風景と穏やかな時間
都会で忙しく仕事をし、不毛な恋にも疲れ、田舎の祖母の家に身を寄せていた主人公のつぐみ。
心の傷を癒すために訪れた祖母の家は、時間がゆっくり流れているようなきれいな景色と素敵な趣のある家。美しすぎる風景と、ゆったりと流れる時間に、ついつい「うらやましいなぁ」という言葉がでちゃいます。

(2)元カレがイケメン!
不毛な恋の相手だった元カレが、つぐみを忘れられず迎えにきます。(もちろん不毛だった原因を整理して)
その元カレは向井理!(イケメン)
向井理(イケメン)に田舎まで追いかけてきてもらえるなんて・・・うらやましすぎる!

(3)大人の男・トヨエツ!
役作りのために、自ら進んで髪をグレーにし、まるで原作から飛び出してきたようなリアル海江田教授のトヨエツ
壁ドン!されるのも胸キュンだけど、大人の男トヨエツが見せるのはなんと!足キス!
そんな大胆なシーンに、ドキドキしながらも憧れちゃう人多数?

【ストーリー】
東京で忙しくキャリアを積み、辛い恋愛をしていた女性・堂薗つぐみ(榮倉奈々)は、なにもかもに疲れ、仕事を辞めて祖母が暮らす田舎の一軒家でひっそりと暮らし始める。期せずして迎えた祖母の死をきっかけに、そこで独身の大学教授・海江田醇(豊川悦司)と出会う。生前、祖母から鍵を預かっていたと言う海江田。つぐみに好意を抱いたと、強引にその家の離れに住み込むことに。最初は歳の離れた男性の求愛に戸惑いを感じるつぐみだったが、次第に心を開いてゆく—。

【キャスト】
榮倉奈々
豊川悦司
安藤サクラ
前野智昭
落合モトヤ
濱田マリ

【スタッフ】
監督:廣木隆一
原作:西炯子:(「娚(おとこ)の一生」(小学館フラワーコミックスα刊)

『娚(おとこ)の一生』
2.14[土]roadshow
© 2015 西炯子・小学館/「娚の一生」製作委員会

2015年2月13日(金)

Facebookコメント

Return Top