CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

デビューしてないのが謎!SixTONES(ストーンズ)メンバーのジェシー×松村北斗×田中樹主演『バニラボーイ トゥモロー・イズ・アナザー・デイ』

2015年5月に結成されたジャニーズJr.内のグループ「SixTONES(ストーンズ)」をご存じですか?
音楽番組や舞台などで活躍しており、次期デビュー組なのでは?と言われています。

今回は、そんな人気急上昇の「SixTONES(ストーンズ)」のメンバー、ジェシー、松村北斗、田中樹の3人が満を持して映画初主演!
笑いあり涙あり、感動のSF(青春フルスロットル)エンタテイメント!『バニラボーイ トゥモロー・イズ・アナザー・デイ』が、いよいよ9月3日(土)より公開となります!
bani
ジェシー、松村北斗、田中樹の3人に注目しながら、本作の撮影の裏話や作品をご紹介いたします!

キャスト紹介

■ジャニーズの最終兵器!?ハーフならではの甘い顔立ち、ジェシー!
≪プロフィール≫
1996年6月11日生まれ、東京都出身。
数々のドラマにも出演し、演技力が高く評価されています。ハーフということもあって、英語力もなかなか!ジャニーズJr.の番組では、低音ボイス+英語+長身でジェシーから口説かれるコーナーもあったほどです。

本作では、特殊能力を持ちながらも、本人は全くそのことに気付かず平凡な高校生のつもりで生活している主人公・太田和毅を演じています。ジェシー自身はこの役柄について「演じた和毅は、ほぼ僕です。演じやすかったです。」とコメントしています。

パスタが大好物な太田。実はこれにも秘密が…!

パスタが大好物な太田。実はこれにも秘密が…!

■大人なセクシーさを醸し出す!?ガチワイルドキャラ、松村北斗!
≪プロフィール≫
1995年6月18日生まれ、静岡県出身。
過去の出演ドラマでは、クールな役やミステリアスな役をこなしてきたものの、ジャニーズJr.の番組では、ワイルドなセリフを吐くことでお馴染みとなっています。

本作では、太田和毅の幼なじみで天才であるものの、少し自信家ぶりが鼻につくイケメン・林秀太を演じています。松村自身はこの役柄について「僕自身も役に近いところが多くて、ライブやバラエティを見ている方は“ああ、北斗だな”と思うシーンがあると思います。知っていることは全部言いたくなってしまう面は自分に似ているかも。難しい言葉をずらっというシーンでは、専門用語について調べて勉強しました」と努力家な一面も見せてくれました。共演者からは、「一番学ランが似合う」というお墨付きです!

■可愛さ満載!?カッコよさと可愛さを併せ持つ、田中樹!
≪プロフィール≫
1995年6月15日生まれ、千葉県出身。
見た目はクールであるものの、場を盛り上げる能力に長けていて、誰からも愛されるタイプ。「自分が女子だったら彼氏にしたいJr.」としてジャニーズJr.達からよく名前があがっています。

本作では、太田和毅の幼なじみで頭が良く、ズバ抜けた身体能力も兼ね備えた松永英男役を演じています。田中自身はこの作品について、「この作品はハチャメチャだけど、それを最高にまじめに演じているのが面白くて、どの年代でも何回観ても発見があると思います」とコメントしています。

ジェットコースター的なストーリー!押さえておきたい3つのポイント!

栃木県で“丘”サーフィン部に所属する、ちょっとイケてない平凡な高校生・太田。実は太田は、普通の高校生と見せかけて、不思議な力を持つ国家レベルの超重要人物だった!
太田の力をめぐり、NSA(米国家安全保障局)やテロリストまでもがからむ大事件が勃発!

栃木が舞台なのに、そのスケールは世界規模!そして、青春、恋愛、スポ根、コメディ、SFまであらゆるジャンルを堪能できる本作の、押さえておきたい3つのポイントをご紹介します。

その①:和毅にまつわる「バカフライエフェクト」!

どちら様ですか?

どちら様ですか?

正式名称は“Vertical integration Chaos of Butterfly effect”、通称“バカフライエフェクト”。この原理を端的に説明すると「風が吹けば桶屋が儲かる」ということ。
つまり、和毅が何らかの小さなダメージを受けると、それが派生して思わぬ一大事へと発展!その一大事とは、天変地異や金融恐慌まで、世界を揺るがすレベルなんだとか。
例えば、和毅が自転車で転んだだけでイナゴが大量発生したり、和毅の頭に空き缶がコツンと当たっただけで、突然ゲリラ豪雨が発生したり!なんてことも。
しかし厄介なのは、当の本人は、その驚異的な能力があることに気付いていないことなのです…。

その②:世界の終わりを阻止!和毅を見守る人物たち。

個性強すぎませんか…。

個性強すぎませんか…。

和毅のバカフライエフェクトを発動させないために、秘密裏に和毅の行動を逐一見張っている高校の先生方…といってもただの先生ではなく、国家安全保障会議のメンバー。彼らのミッションは、世界平和の均衡を保つため、和毅の身の安全を日々確保することなのです。バカフライエフェクトが発動しそうな予兆をいち早くキャッチし、国家安全保障会議のメンバーたちは、それを阻止すべく、先生や周囲の住人に成りすまし見張っているというわけです。

その③:恋なんて知らない!和毅が恋する相手・三井清美。

才色兼備の転校生!

才色兼備の転校生!

女子高生というのは、仮の姿。その正体は、なんとアメリカのNSA(米国家安全保障局)のエージェント。そんな彼女に和毅が恋をしてしまったからさぁ大変!恋愛のいろはにショックを受けたら、どんなことが起こるか分からない!バカフライエフェクトが発動するかどうか、彼女の和毅に対する態度も重要に…。
そんな三井清美を演じているのは、竹富聖花。モデル出身でスタイル抜群な彼女が、女ソルジャーと派手に一線をまみえるアクションシーンも見ものです。

ジェシー、村松北斗、田中樹には、撮影中こんなエピソードがあった!

沖縄うるま市での撮影の際、同年代のキャストが多かったため、宿泊先のホテルで教えてもらった沖縄料理のお店に1日に何度も行くなどして通いつめ、ソーキソバや海ブドウ、ヤギ刺しなどを食べたり、海で遊んだりスマホで撮影しあったり、充実したオフの時間を過ごしたそうです。

主演3名にとって憧れだったという要潤。

主演3名にとって憧れだったという要潤。

要潤とも交流があったようで、撮影の合間には、スマホアプリを一緒になって遊んでいたそうです。ジェシーは、本番でも台本にない台詞をアドリブで組み込んでくる要潤に対し、「対応するのが大変だったけど、演技面でも非常に勉強になった」と話しています。
また、3人は、舞台公演と並行し撮影が行われていたので、毎日のように顔を合わせ、それに加えて、沖縄では3人一緒の部屋…。田中樹は、沖縄での撮影時、ホームシックになり、ずっと家族に電話していた!なんてエピソードもあったそうですよ。

ジェシー、村松北斗、田中樹が語る!この作品の見どころは?

ジェシー:
「走っているシーンやパドリングのシーンは、本編で見るとコンパクトになっているけど、本当は半日くらいやっている。本当の部活さながらに頑張ったので是非注目して!」
松村北斗:
「見てほしいのは、この映画のために作られた曲を歌うシーン。映画としては前代未聞の唐突さで、かっこつけながら演じていたけど、通してみると本当にバカみたいで面白い!」
田中樹:
「大御所の俳優さんが僕たちと一緒に“真剣に”ふざけている。そんな笑いの合間に、熱い友情シーンや泣けるシーンがあるので心憎い!」

ストーリー詳細

海のない栃木県でサーフィン部に入っている、平凡で若干イケてない高校生・太田。しかし、彼が何事もなく普通の毎日を過ごすこと=世界の平和が保たれるという、摩訶不思議な力を持った超重要人物だったのです。親友のスーパー頭脳と身体能力を持った林、松永をはじめ、彼の通う高校の教師らが日本政府から国家機密として受けていた使命は、秘密裏に彼を守ること。そんな太田が、心の均衡が保てない出来事、つまり恋に落ちてしまった!その壮大な力を巡り、NSA(米国家安全保障局)やテロリストまでもが絡む、大事件が繰り広げられていく!
果して太田の初恋の行方は?そして世界の平和は、保たれることが出来るのかー?

『バニラボーイ トゥモロー・イズ・アナザー・デイ』公式サイト
http://vanilla-boy.com/
9/3(土)、TOHOシネマズ 新宿ほか全国ロードショー
©2016「バニラボーイ」製作委員会

 

【関連記事】
◆『バニラボーイ トゥモロー・イズ・アナザー・デイ』ジェシー、松村北斗、田中樹からのコメント掲載!
◆【心温まる映画】女子の疲れを癒してくれる洋画『アスファルト』『聖なる呼吸 ヨガのルーツに出会う旅』をご紹介。

Facebookコメント

Return Top