CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

本好き女子におすすめ。神保町の個性的な古本屋をめぐろう

af592df1060ef5adfa8be04ca133a0372b302f18.14.2.9.2
出典:http://plaza.rakuten.co.jp/greatest29/diary/20130119/

古本屋は、安い本を探すだけじゃくて、昔懐かしい想い出や、興味あるジャンルの新しい発見を探しにいく場所だと思います。最近では女性にも人気の世界一の本の街、神保町で個性的な古書店をいくつかご紹介します。

ファッション雑誌のバックナンバー中心に販売しているお店 magnif(マグニフ)

block1_マグニフ
出典:http://www.eyescream.jp/news-all/used-bookstore-magnify

意外と少ないファッション関係の雑誌のバックナンバーを中心としたお店です。VOGUEやELLE、anan、Seventeenなど、今でも人気のあるモード誌やティーン誌から、廃刊になった貴重な雑誌まで、様々なジャンルのファッション雑誌が揃っています。古いファッション誌なんて…と侮るなかれ。各年代ごとに、アート感覚に優れた美しい表紙や、今読んでも新鮮に感じる記事も満載です。
雑貨店を思わせる可愛い店構えも、気軽に入りやすいように考えられていて、ファッションに興味のある女性には絶対オススメのお店です。

■店舗情報
所在地:東京都千代田区神田神保町1-17
TEL:03-5280-5911
営業時間:11時~19時
定休日:不定休
店舗HP:http://www.magnif.jp/

天才デザイナー 堀内誠一

block2_堀内誠一
出典:http://www.magnif.jp/
堀内誠一氏デザインの表紙

雑誌にビジュアルの美しさを初めて持ち込み、日本の雑誌を変えたとまで言われる不世出のデザイナー、堀内誠一氏。わずか54歳の若さで早逝した彼の作品は、死後30年近くたった現在でも評価が高く、彼がデザインした「an・an」「POPEYE」「Olive」などの雑誌のロゴは、今でも継続して使用されています。
そんな彼がデザインした表紙の雑誌はコレクターも多く、マグニフでも人気の商品です。   

ビジュアル系古書の専門店「KEIZO BOOKS」

block3_KEIZO
出典:https://retrip.jp/articles/3593/

ギャラリーのような外観のこのお店は、洋書を中心としたビジュアルブック(画集・ファッション・写真集など)の専門店です。この種の本としては全体的にリーズナブルな値付けで、ファンの多いお店です。

■店舗情報
所在地:東京都千代田区神田小川町3-16(東京メトロ神保町駅より徒歩3分)
TEL:03-3291-7170
営業時間:10時30分~19時
定休日:日曜
店舗HP:http://www.keizobooks.com/access/index.html

映画関連のグッズに強いお店「ヴィンテージ」

block4_ヴィンテージ
出典:http://plaza.rakuten.co.jp/kazuharukiyoko/diary/201011290000/
店舗外観

block4-2_ヴィンテージ2.jpg
出典:http://www.jimboucho-vintage.jp/shopinfo1.html
映画のパンフレットなどが山積みです

映画関連の商品(パンフレット・半券チケットなど)を中心に販売している、映画ファン垂涎のお店です。特に注目なのが、プレスシート。映画の公開前に発行されるマスコミ向けのパンフレットで、一般には出回らないものなので、ファンなら絶対手に入れたい商品です。1Fでは映画の他、演劇・スポーツ・サブカルチャー関連の商品。2Fでは音楽、ファッション、アイドルグッズなども揃います。

■店舗情報
所在地:東京都千代田区神田神保町2-5
TEL:03-3261-3577
営業時間:11時~19時(日祝は12時~19時)
定休日:年中無休(年末年始を除く)
店舗HP:http://www.jimboucho-vintage.jp/

神保町唯一の児童書専門店「ブックハウス神保町」

block5_ブックハウス神保町
出典:http://thinktokyolocal.com/people/yohei-araki/

神保町唯一の児童書専門店。約14,000冊の児童書の新刊が揃う品揃えは、日本一とも言われます。大人のお客さんも多く、幼少時代に慣れ親しんだ「エルマーの冒険」「ぐりとぐら」など懐かしい本の数々に再会できる喜びを味ってみるのもGOODです。広い空間を生かした店内には読書スペースがあり、天井に描かれた、おひさまととお月様のをモチーフにした空のイラストには心が癒されます。親子連れでも、一人でぶらっと訪れても楽しめるお店です。                        

■店舗情報
所在地:東京都千代田区神田神保町2-5 北沢ビル1F
TEL:03-3261-5691
営業時間:11時~18時30分
定休日:水曜日(祝日の場合は営業)
店舗HP:http://www.bh-jinbocho.jp/index.html

お気に入りの本が買えたらカフェで読書を楽しもう!

block6_カフェ
出典:http://www.lettuce.co.jp/article/detail.php?id=15642

お気に入りの本を購入したら、近くのカフェで読書にふけるのもなかなかオシャレです。同じ神保町界隈にある、読書にぴったりの雰囲気のいいカフェを3店ご紹介します。

レトロな雰囲気が最高の老舗カフェ「ラドリオ」

Exif_JPEG_PICTURE
出典:http://tabelog.com/tokyo/A1310/A131003/13006555/dtlrvwlst/2478670/

block7-2_ウインナーコーヒー
出典:http://blogs.yahoo.co.jp/mm33paramita/52223268.html
絶品のウインナーコーヒー

1949年に開店、神保町界隈でも老舗の喫茶店「ラドリオ」。スペイン語で「レンガ」を意味する店名そのままに、店内の床まで重厚なレンガ造り。シャンソンやジャズ中心にその日ごとに選曲したBGMが流され、少し暗めの落ち着いた雰囲気は「昭和」のレトロ感満載で、ゆったりと静かに読書するには最適な空間です。「ウインナーコーヒー」を日本で初めて提供した店としても知られており、絶品の美味しさです。また、18時以降はバータイムとなりますので、お酒を飲みながら読書を楽しむこともできます。                                   

■店舗情報
所在地:東京都千代田区神田神保町1-3
TEL:03-3295-4788
営業時間:11時30分~22時(土曜日は12時~20時30分)
定休日:日祝日    

「珈琲舎 蔵」

block8_珈琲舎蔵
出典:http://allabout.co.jp/gm/gc/219460/

block8-2_珈琲舎蔵2
出典:http://tabelog.com/en/tokyo/A1310/A131003/13011597/dtlphotolst/3/3/?smp=s
全ての椅子に敷かれた座布団

神保町内の喧騒を離れて、大通りから少し奥まった場所にある、静かに過ごせる隠れ家的な雰囲気のお店です。BGMにはジャズが流れ、シックな木造造りの店内では、ゆっくりと時間が流れます。美味しいコーヒーが飲めるお店としても有名で、常連さんも多いようです。全ての椅子に座り心地のよい座布団が敷かれるなど、店主の心遣いが店内のあちこちに感じられ、一度行くと何度でも通いたくなるお店です。

■店舗情報
所在地:東京都千代田区神田神保町1-26
TEL:03-3291-3323
営業時間:11時~20時(土曜日は12時~17時
定休日:日曜日

ノスタルジックな雰囲気が最高のお店「カフェ・デ・プリマベーラ」

block9_プリマベーラ1
出典:http://junkissa.jp/blog-entry-208.html
一件カフェとは気がつかない植物に覆われた外観。

block9-2_プリマベーラ2
出典:http://imlh.blog86.fc2.com/blog-entry-154.html
店内は美術館のような天井で落ち着いた雰囲気。

block9-3_プリマベーラ3
出典:http://tabelog.com/en/tokyo/A1310/A131003/13075869/dtlphotolst/
コーヒーを頼むとついてくる蜂蜜バナナ

入口は観葉植物に覆われ、一見カフェとは気づかないかもしれません。店内は美術館のようなドーム天井で、店内のあちこちにアンティークな小物が飾られ、BGMはジャズ。ノスタルジックな雰囲気が最高のお店です。コーヒーを頼むと一緒に出てくる蜂蜜がけバナナが珍しく、意外な美味しさに驚きます。また、野菜がふんだんに入ったボルシチューが絶品で人気のメニューです。                                   

■店舗情報 
所在地:東京都千代田区猿楽町1-3-2内田ビル1F(神保町駅から徒歩4分)
TEL:03-3295-7569
営業時間:10時~21時
定休日:土日祝日

Facebookコメント

Return Top