『ペルシャン・レッスン 戦場の教室』マスコミ試写会に参加してきました✨

『ペルシャン・レッスン 戦場の教室』マスコミ試写会に参加してきました✨ レコメンド

ウソと記憶力だけで生き残れ!

短編小説から着想を得て映画化された本作 ペルシャン・レッスン 戦場の教室 は、奇抜な設定ながら圧倒的なリアリティが大きな衝撃を巻き起こし、ベルリン国際映画祭のベルリナーレ・スペシャルガラ部門で上映されたのをきっかけに、世界各国の映画祭で数多くの賞を獲得し、絶賛を浴びました。

戦場のピアニスト』『シンドラーのリスト』に続く、ホロコーストを題材とする戦争映画の新たな衝撃作がついに今秋 (11/11)、日本に上陸します。



 主人公のユダヤ人青年ジルを演じたのは、カンヌ国際映画祭のグランプリ作『BPM ビート・パー・ミニット』のナウエル・ペレーズ・ビスカヤート

4カ国語を操るクワドリンガルを活かし、命がけで偽のペルシャ語を紡ぐ姿を渾身の熱演で体現しています。

ナチス親衛隊のコッホ大尉役には、『約束の宇宙(そら)』 のラース・アイディンガー

ドイツ国内で様々な賞を受賞し、高い評価を受けた演技力を遺憾なく発揮しました。


監督にはアカデミー賞®ノミネート作品 『砂と霧の家』で世界的評価を受けたウクライナ出身のヴァディム・パールマン監督。

緊張感が途切れないサスペンスフルな演出と、鋭い視点で描くヒューマニズムによって、圧倒的リアリズムで心打つドラマに仕上げています。

『ペルシャン・レッスン 戦場の教室』予告編

今回は試写会に参加してきました✨

本作は第二次世界大戦中、数百万のユダヤ人大虐殺(ホロコースト)が行われたナチス・ドイツの強制収容所が舞台の作品です。

ホロコースト(ユダヤ人大虐殺)を描いた作品は多々ありますが、本作は今まで見たことないような観点でナチス・ドイツとユダヤ人を描いています。


戦争ものと聞くと暴力的でグロいシーンがあるため敬遠される方もいると思いますが、本作は暴力的なシーンや残虐なシーンは最小限に抑えられているので、ふだん戦争ものの映画を観ない方も見やすいのではないかと思います。


主人公ジルは収容所へ移送されるトラックの中で出会った人にサンドイッチと引き換えにペルシャ語で書かれた本を手に入れます。

ジルはユダヤ人でありペルシャ語は読めないのですが、半ば押し付けられる形でその本をもらうのです。その人から”父”という単語のペルシャ語だけ教わります。

そして殺されそうになったときにペルシャ人だと嘘をつき、たまたまペルシャ語を勉強したいと思っていた大尉がいたので運よく殺されず、さらには炭鉱での作業ではなく調理場での仕事という収容所の中ではかなり待遇の良い場所に配属されました。

ペルシャ語を学びたいコッホ大尉には夢があり、それは戦争が終わればテヘラン(イランの首都)で料理店をもつというものです。


このコッホ大尉はほか作品などのナチス将校とはすこし違った角度で描かれており、政治やヒトラーの話はあまりせず、話す内容は、料理のことやペルシャ語への熱意なのです。

主人公・ジルが教える嘘のペルシャ語の単語を一生懸命覚えようと単語帳まで作るガチっぷりです。

さまざまなホロコーストを題材とした映画を観てきた身としては、こんなに応援したくなるナチス党員は初めてでした。

もちろん描かれた劇中以外の顔もあるとは思うのですが、いつか料理店を持ってほしい、あわよくばそこでジルと再会すればいいななどのんきに思いながら鑑賞していました。


舞台がナチス占領下なのでやはり緊張感とハラハラ感はずっとあるのですがそのおかげで飽きることなく最後まで観ることができました。


私がいちばん感嘆したのは主人公・ジルの暗記力です。

その場でついた嘘の単語を覚えなければいけないのですが、紙もペンもなく自分の記憶力だけが頼りなのです。

「(単語を)創作はできても、覚えるのが大変だ」

こうしてジルの命がけの暗記が始まるのです。


コッホ大尉は初めは疑いつつも、ジルをペルシャ人だと信じ、他の党員からかばい、教わった”うその”ペルシャ語でジルに詩を披露するなど、次第にふたりには奇妙な信頼関係が生まれていきます。



この二人はこれからどうなるのか?

ジルはユダヤ人だとばれずに無事に生きて収容所を出ることができるのか?

コッホ大尉とユダヤ人青年ジルのその後はーーー?

気になる結末はぜひ劇場で!

胸が締め付けられるラストは必見です♪


映画 『ペルシャン・レッスン 戦場の教室』は11/11(金)キノシネマ他、全国順次公開です!

『ペルシャン・レッスン 戦場の教室』マスコミ試写会に参加してきました✨

【STORY】

第二次世界大戦中、ナチス親衛隊に捕まったユダヤ人青年のジルは、処刑される寸前に、自分はペルシャ人だと嘘をついたことで一命を取り留める。

彼は、終戦後にテヘランで料理店を開く夢をもつ収容所のコッホ大尉からペルシャ語を教えるよう命
じられ、咄嗟に自ら創造したデタラメの単語を披露して信用を取りつける。

こうして偽の<ペルシャ語レッスン>が始まる。

ジルは自身がユダヤ人であることを隠し通し、何とか生き延びることはできるのだろうか──。

▪監督:ヴァディム・パールマン
▪出演:ナウエル・ペレーズ・ビスカヤート、ラース・アイディンガー、ヨナス・ナイ、レオニー・ベネシュ
▪2020 年|ロシア、ドイツ、ベラルーシ|ドイツ語、イタリア語、フランス語、英語|129 分|カラー|シネスコ|5.1ch|▪原題:Persian Lessons|▪字幕翻訳:加藤尚子|▪G 提供:木下グループ ▪配給:キノフィルムズ ▪公式サイト

レコメンド
CinemaGene