CinemaGene(シネマジーン)

映画をきっかけに、女の子の毎日をドキドキワクワクさせる

朝からダッシュにプロレス技の練習、今だから話せる撮影エピソードたっぷり!映画『覚悟はいいかそこの女子。』初日舞台挨拶レポート

10月12日(金)東京・新宿にて、映画『』の初日舞台挨拶が行われ、さん、さん、さん、さん、さん、さん、監督が登壇しました!

朝からダッシュにプロレス技の練習、今だから話せる撮影エピソードたっぷり!映画『覚悟はいいかそこの女子。』初日舞台挨拶レポート

――まずは初日を迎えたお気持ちとともに一言ずつご挨拶いただきます。

中川「みなさん、こんばんは。本日はありがとうございます。映画どうでしたか?」

(拍手)

中川「ありがとうございます。それだけが気になって、気になって…(笑)初日は本当にドキドキするもので、こうやって映画を観終わったみなさんの顔が見れて嬉しいです。あ、中川大志です(笑)楽しんでいってください。」

唐田「今日はお越しいただきありがとうございます。三輪美苑を演じさせていただきました、唐田えりかです。初日を迎えることができて、みんなとここに立つことができて本当に嬉しいです。今日は最後まで楽しんでいってください。」

伊藤「みなさん、こんにちは!伊藤健太郎です。こんなにほぼ満席でみなさんに観てもらえて、すごく嬉しいです。こうして初日を迎えられたことも、すごく嬉しく思っています。今日は短い時間だと思いますけど、よろしくお願いします。」

甲斐「澤田惟智也を演じました、甲斐翔真です。今日はメガホンがあるということで、声枯らして帰ってください(笑)楽しんでいってください。」

若林「こんばんは。久瀬龍生役を演じました、若林時英です。今日はこんなに来ていただいて大変嬉しいです。ちょっと(の時間)ですけど、よろしくお願いします。」

小池「どうも、小池徹平です。本日無事初日ということで、こんな満席で観ていただいてホッとしていますし、嬉しいです。みなさんがこの場に笑顔でいてくれるのが、何よりの証拠かなと思っています。本日は楽しんでいってください。」

井口監督「監督の井口昇と申します。この作品はほぼ1年前に撮影していたんですけど、本当にこの日のために頑張ってやってきた気持ちがありますので、今日こんなにたくさんのお客様に来ていただけて嬉しいです。ありがとうございます。よろしくお願いします。」

小池、撮影初日は嬉しくも、ちょっぴり戸惑い!?
今だから言える撮影エピソード

――さて中川さん、映画を観終わったあとのみなさんを目の前にして、改めていかがですか?

朝からダッシュにプロレス技の練習、今だから話せる撮影エピソードたっぷり!映画『覚悟はいいかそこの女子。』初日舞台挨拶レポート

中川「撮影から、ドラマの放送もあったり、今日まで長かったような感じがして、やっと公開だなと。みなさん楽しんでいただけたみたいで、すごく嬉しいです。」

――みなさんキュンキュンしましたか?

(拍手)

中川「よかったぁ~!」

Return Top