CinemaGene(シネマジーン)

映画をきっかけに、女の子の毎日をドキドキワクワクさせる

実際の誘拐事件から紡ぐ物語、監督が語りたかった視点とは?『シシリアン・ゴースト・ストーリー』監督インタビュー到着

実際の誘拐事件から紡ぐ物語、監督が語りたかった視点とは?『シシリアン・ゴースト・ストーリー』監督インタビュー到着

12月22日(土)に全国順次ロードショーとなる『』より、監督オフィシャルインタビューが届きました!

1993年にシチリアで実際に起こった凄惨な事件を題材に、少年少女の恋を描いた本作。シチリアの小さな村に住む13歳の少女ルナとジュゼッペは初々しい恋を育んでいました。しかしある日突然ジュゼッペが失踪。大人たちがジュゼッペの失踪事件について目を背ける中、懸命に彼の行方を追うルナ。美しいシチリアの自然の風景とともに、人間の残虐さ、純粋な心の強さを描く、幻想的なラブストーリーです。

アントニオ・ピアッツァ監督インタビュー

実際の誘拐事件から紡ぐ物語、監督が語りたかった視点とは?『シシリアン・ゴースト・ストーリー』監督インタビュー到着
・主人公のルナは実在した人物がモデルなのか、それともこの物語を描くために想像された人物でしょうか?

ルナは想像上の人物です。当時、この事件を周囲の人々が見て見ぬふりをしていた中で、ルナは、そうしなかった人、声をあげた人の存在として必要になりました。実在したジュゼッペは、ごく普通に学校に通っていて同級生たちもいました。映画の為にリサーチをしていた際、事件の結末が明らかになった時のシチリアの新聞を見つけました。同級生がアンチマフィアの抗議デモを行っている写真があり、デモ行進の先頭に立っていて、しかも大きな旗を持っていたのが2人の女の子でした。ルナの存在の手がかりが唯一あるとしたら、その写真の女の子たちで、それ以外はすべて想像の産物です。この物語を、彼を愛した女の子の視点で語りたかったという想いが込められています。

・脚本と監督を共同で手掛けていますが、役割分担は?

脚本を書くまでの草案を練るところは二人で一緒に行い、二人で脚本を書きあげることが一番軋轢をもたらす作業になります。共同監督のファビオは対立すればするほどアーティスティックなインスピレーションを得ると信じているのでケンカしてナンボといった感じです。彼の言うとおりと思う部分もありますが、私にとってケンカしながら作業することはかなり大変です。20年間一緒に仕事をしていますが、毎回脚本を書く度に、お前の顔なんてもう見たくないと思う瞬間があります。
現場で監督としてカメラの前に立つときは、すごく仲が良く調和が整っています。というのも、だいたい現場には、少し早めに赴き、写真を撮って確認しながら、カメラを回す前にどういったアングルで撮るかなどハプニングが決してないように綿密に準備をしてから撮影に臨みます。実際俳優が現場に入ると、一見二人が分担しているような感じで動きますが、ファビオはアクティブでアドレナリンが高いタイプなので、俳優の所に自ら行って手取り足取り指導します。私の方は、体力がなく腰が重いのでモニターの前に陣取って映像をチェックする係です。

実際の誘拐事件から紡ぐ物語、監督が語りたかった視点とは?『シシリアン・ゴースト・ストーリー』監督インタビュー到着

・イタリアで上映したときの周囲の反応はいかがでしたか?

この映画がシチリアでどういう風に受け止められるのか正直心配でもありましたが、シチリアでの評判はとても良かったです。特に私ぐらいの世代の人たちは、この物語は語られるべきだという風に考えたのでしょう。また、若い世代にはきちんと受け止められて、イタリアの学校で上映する機会もあり、長期間に渡って上映が行われています。特にシチリアで上映され続けています。

映画『シシリアン・ゴースト・ストーリー』は12月22日(土)新宿シネマカリテほか全国順次ロードショー。

『シシリアン・ゴースト・ストーリー』予告編

『シシリアン・ゴースト・ストーリー』予告編

『シシリアン・ゴースト・ストーリー』公式サイト
監督・脚本:
撮影:
出演:
配給:ミモザフィルムズ
©2017 INDIGO FILM CRISTALDI PICS MACT PRODUCTIONS JPG FILMS VENTURA FILM
12/22(土)新宿シネマカリテほか全国順次ロードショー
Return Top