観てから読むか!?読んでから観るか!?映画『スケアリーストーリーズ 怖い本』元ネタ原作をチラ見せ!&本編映像と徹底比較!

_DSF4298.RAF ニュース
_DSF4298.RAF

絶賛公開中の映画『スケアリーストーリーズ 怖い本』より、元ネタ原作初公開&本編映像が解禁となりました!

『パンズ・ラビリンス』のペイルマンやパン、『シェイプ・オブ・ウォーター』の半魚人など、数々の奇怪で美しい名モンスターを生み出してきた、クリーチャー愛に溢れるギレルモ・デル・トロさん。

『スケアリーストーリーズ 怖い本』の基になっているのは彼が若いころ多大な影響を受けた同名児童書。全米各地の怖い話を短編集としてまとめたこの本は、1981年に刊行され、子どもたちの恐怖心と好奇心を掴み瞬く間にベストセラーになりました。しかし、おどろおどろしい挿絵と道徳的でない内容に親や教師から批判が殺到!児童書にも関わらず、全米の学校図書館に置くことが禁じられたいわくつきの短編集となっています。

原作の「スケアリーストーリーズ 怖い本」シリーズは学校図書館で禁書扱いになったというだけあって、文化の違いはあれど日本人でも背中がゾクッとする物語が満載。口承で古くから伝わる話も多いため、どの話も“語り聞かせること”を前提としており、一話2~3ページほどにまとめられ、「ここは大きな声で!」など、なんと相手を驚かすための読み方のポイントまで記載されています!

今回全3巻82話からなる原作の中から、デル・トロさん選りすぐりの映画化エピソード「大きな親指」の一部と該当の本編映像を初公開!アメリカの南東部を中心に語り継がれている怪談で、数あるお話の中でもとびきりユニークで一際シュール。そして鳥肌もののエグい怖さがあります。

そのストーリーは、ある男の子が庭で見つけた大きな足の親指をママが料理し、一家全員で食べてしまう。するとその夜、“何か”の声を男の子が耳にする。そしてその奇妙な声の主はキッチン、廊下と徐々に近づいてきて遂に男の子の部屋の前に到達する…という内容。

観てから読むか!?読んでから観るか!?映画『スケアリーストーリーズ 怖い本』元ネタ原作をチラ見せ!&本編映像と徹底比較! 観てから読むか!?読んでから観るか!?映画『スケアリーストーリーズ 怖い本』元ネタ原作をチラ見せ!&本編映像と徹底比較!

<原作より抜粋>
「おれの……親指は……どこだあああ」
ドアがひらきました。男の子はぶるぶるとふるえながら、暗やみのなか、ベッドに近づいてくる足音を聞いていました。ついに足音が止まります。
「おれの……親指は……どこだあああ」
(ここですこし間をあけます。それから、となりの人にとびつきながら、大声で)
「おまえが食べたなああ!」

そして映画版の該当シーンがこちら!

この怪談「大きな親指」、映画『スケアリーストーリーズ 怖い本』では、主人公ステラの友達オギーがその恐怖を体験します。幽霊屋敷で見つけた一冊の本がひとりでに物語を書くこと、そしてその物語の主人公になるといつの間にか消えてしまうことに気づいたステラ。新たな物語の主人公に選ばれたのは、なんと友達のオギーでした。

そんなことなど知る由もないオギーは、呑気にキッチンにあったスープを食べ始めます。焦ったステラはトランシーバーですぐに食事を止めるよう警告しますが、まったく聞かずにその後も食べ続け…。突如、口の中に違和感を覚えた彼は、何かを吐き出し、恐る恐るその正体を確認すると、信じられないモノだった!しかもどこからともなく、奇妙なうめき声も聞こえてきて…。

観てから読むか!?読んでから観るか!?映画『スケアリーストーリーズ 怖い本』元ネタ原作をチラ見せ!&本編映像と徹底比較! 観てから読むか!?読んでから観るか!?映画『スケアリーストーリーズ 怖い本』元ネタ原作をチラ見せ!&本編映像と徹底比較!

今回解禁となった映像は、原作の上記抜粋箇所の本編。オギーがうめき声を発しながら近づいてくる“何か”から逃げようと自分の部屋に籠るも、窓からは逃げられず、考えた結果、急いでベッドの下に隠れるシーン。オギーがジタバタしている間にも、怖い“何か”は、扉の前まで迫ってきていた!果たしてオギーは助かるのか…!?原作で数行しか書かれていない恐怖を、デル・トロ監督がイマジネーションをフル回転させて映像化。ハラハラが止まらないシーンとなっています!

そんな“怖い話”、第二弾「恐怖のひき肉ソーセージ」が、5月下旬に発売決定!

観てから読むか!?読んでから観るか!?映画『スケアリーストーリーズ 怖い本』元ネタ原作をチラ見せ!&本編映像と徹底比較!

一度読んだら脳裏に焼き付き離れない「スケアリーストーリーズ 怖い本」シリーズ。岩崎書店より1月に発売されたシリーズ第1弾「いばりんぼうをつかまえた」に続き、シリーズ第2弾「恐怖のひき肉ソーセージ」が5月下旬に発売決定!

同シリーズについて、自身のルーツと語るギレルモ・デル・トロは「キャンプファイヤーで語りたくなるような物語。聞き手がワクワクしながら恐怖を感じるところが素晴らしい!そして何度聞いてもワクワクは変わらない。」と太鼓判を押しています。新刊の発売に備えてまずは映画で“怖い本”の世界にどっぷり浸り、身の毛がよだつような恐怖を体感しよう!『スケアリーストーリーズ 怖い本』は絶賛全国公開中です!

『スケアリーストーリーズ 怖い本』公式サイト
監督:アンドレ・ウーヴレダル(『ジェーン・ドゥの解剖』)
ストーリー原案・製作:ギレルモ・デル・トロ
原作:アルビン・シュワルツ編「スケアリーストーリーズ 怖い本」シリーズ(岩崎書店刊)
出演:ゾーイ・コレッティ、マイケル・ガーザ、ガブリエル・ラッシュ、オースティン・エイブラムズ、ディーン・ノリス、
ギル・ベローズ、ロレイン・トゥーサント
2019/アメリカ/英語/108分/カラー/シネマスコープ/5.1ch/原題:Scary Stories to tell in the dark/字幕翻訳:金関いな 
配給:クロックワークス