CinemaGene(シネマジーン)

待望の続編、クライマックスの舞台は東京!映画『パシフィック・リム:アップライジング』日本オリジナル本ポスター完成!

日本をはじめ全世界で驚異的なヒットを記録したアクション超大作『パシフィック・リム』の熱狂から5年。待望の続編となる『パシフィック・リム:アップライジング』が4月13日(金)に公開となります!

本作では前作の人類とKAIJUの死闘から10年が経過しており、平穏が戻っていた地球に進化を遂げたKAIJUが再び姿を現し、世界を絶望の淵へと突き落とします。そして、よりスタイリッシュに洗練されパワーアップを果たしたイェーガーと迫りくるKAIJUとの戦いが、観る者の度肝を抜くに違いないことを証明するビジュアルが解禁されました!

待望の続編、クライマックスの舞台は東京!映画『パシフィック・リム:アップライジング』日本オリジナル本ポスター完成!

こちらの日本オリジナル本ポスター、深手を負わされ膝をつきながらも臨戦態勢をとり続けるジプシーの姿が映し出されているのですが、その奥には東京タワーが!東京で繰り広げられるKAIJUとの壮絶な死闘を予感させるビジュアルとなっております!
なんとこの日本のファン胸アツ必至のポスターは、本国のフィルムメーカーの日本へのリスペクトからオリジナルデザインの制作そのものが特別措置として認められた、世界で唯一、完全オリジナルのデザインです!!

待望の続編、クライマックスの舞台は東京!映画『パシフィック・リム:アップライジング』日本オリジナル本ポスター完成!

特撮映画の歴史の中で何度も破壊されてきた東京での死闘が繰り広げられる本作について、スティーヴン・S・デナイト監督は「私は日本の怪獣映画を見て育ったんだ。そのときの想いを反映したかったから最終決戦の地を東京にしたよ!初代「ゴジラ」の時から、東京での大戦闘が好きなんだ。進化したホログラクィックな美しい東京なんだけど、もちろんそれを破壊する!(笑)」とクライマックスの舞台を自身が愛し本作のルーツともいえる日本・東京に設定したことを激白!
続編を心待ちにしているファンたちが、魂を揺さぶる闘いに熱狂することになるのは間違いなさそうです!

『パシフィック・リム:アップライジング』公式サイト
4月13日(金)全国超拡大ロードショー
監督:スティーヴン・S・デナイト
脚本:エミリー・カーマイケル、スティーヴン・S・デナイト、T・S・ノーリン、キラ・スナイダー
製作:ギレルモ・デル・トロ、トーマス・タル、ジョン・ジャシュニ、メアリー・ペアレント、ジョン・ボイエガ、フェミ・オグンス
キャスト:ジョン・ボイエガ、スコット・イーストウッド、ジン・ティエン、ケイリー・スピーニー、菊地凛子、新田真剣佑、バーン・ゴーマン、アドリア・アルホナ、チャーリー・デイ ほか
原題:PACIFIC RIM UPRISING
©Legendary Pictures/Universal Pictures.
配給:東宝東和

Return Top