永瀬 廉(King & Prince)がこれまでにないダークなキャラクターで新境地を魅せる!映画『真夜中乙女戦争』全身全霊で挑んだ“私”のメイキング&インタビュー映像が解禁!

永瀬 廉(King & Prince)がこれまでにないダークなキャラクターで新境地を魅せる!映画『真夜中乙女戦争』全身全霊で挑んだ“私”のメイキング&インタビュー映像が解禁! ニュース

2022年1月21日(金)公開の映画『真夜中乙女戦争』より、身も心も全身全霊で挑んだKing & Prince永瀬廉さん演じる“私”のメイキング&インタビュー映像が解禁となりました!

永瀬廉が全身全霊で挑んだ涙のクライマックスシーン|映画『真夜中乙女戦争』メイキング&インタビュー映像【1月21日(金)公開】

今回到着したのは、主演の永瀬さん演じる主人公“私”の劇中の姿を捉えたメイキング映像です。自分の人生に絶望し、生気のない虚無感を抱えた眼差しで、無気力な大学生活を過ごしていた“私”は、凛々しく聡明な“先輩”に惹かれつつも、人の心を一瞬で掌握してしまう危険なカリスマ“黒服”と出会い、彼の計画する【真夜中乙女戦争】という名の“東京破壊計画”へと巻き込まれていきます。

公開されたメイキングでは、監督とのやり取りや、髪が乱れ顔には痣がある満身創痍の“私”の姿が映し出されています。両目を潤ませ、切ない表情で電話先の相手に何かを伝えようとする姿は、冒頭の笑顔で話していた表情とは一変。「真夜中乙女戦争」に巻き込まれるなかで、“私”が退屈な未来に抗おうとする“青春のあがき”を捉えた重要なカットとともに永瀬さんの今までにない姿が収められています。

本作ではこれまでにないダークなキャラクターを演じ、新境地を魅せた永瀬さん。クランクイン時に「みなさんが思う永瀬廉とは違う永瀬廉になると思う」と語っていた永瀬さんは、「実際に演じてみてそうなったと思いますし、そうなるために監督といっぱい話をして作り上げてきました」と手応えを明かします。

永瀬と初めてタッグを組んだ二宮健監督は「おこがましいけど『永瀬さんの代表作にしたい』と強く思ったんです。そのために今までだったら『この人はこういうやり方をするんだ』と思って俳優に任せていた部分も今作では一切許さなかった」と覚悟にも似た熱い想いを述べ、また永瀬さんもインタビュー映像で「監督も気合いが入っていたので僕も負けないように、お互いミスれない状況のプレッシャーがあった」とクライマックスシーンについて語っており、心から互いを信頼した一切の妥協が無い、まさに身も心も全身全霊で挑んだストイックな撮影現場であったことが伺えます。

「二宮監督と最初に立てた『かっこいい映画にしよう』という部分はやりきれたと思います。ダークさやスタイリッシュな感じも魅力の一つですし、いろんな人が見てくださるとその分いろんな考え方が生まれる作品。悶々として観て、夜眠れなくなって欲しいです」と自信をみせる永瀬さん。無気力な大学生の“私”から、様々な感情に染められていく、まだ誰もが見たことがない永瀬さんの姿に更なる期待が高まります!

また、劇場用プログラム(作品公式パンフレット)に収録される世界各国のミュージシャンのグッズデザインなどを担当する人気イラストレーターWALNUTさんとのコラボイラストページが公開となりました。“私”“先輩”“黒服”それぞれのキャラクターのイラストと台詞が散りばめられています。

永瀬 廉(King & Prince)がこれまでにないダークなキャラクターで新境地を魅せる!映画『真夜中乙女戦争』全身全霊で挑んだ“私”のメイキング&インタビュー映像が解禁!

さらに、音楽・撮影を務めた堤裕介さんによる映画『真夜中乙女戦争』オリジナルサウンドトラックが1月21日(金)0時より、各音楽サービスより配信されることも決定しました。パンフレット、サウンドトラックも併せて是非ご注目下さい!

永瀬 廉(King & Prince)がこれまでにないダークなキャラクターで新境地を魅せる!映画『真夜中乙女戦争』全身全霊で挑んだ“私”のメイキング&インタビュー映像が解禁!

映画『真夜中乙女戦争』は2022年1月21日(金)より全国公開です!

<映画『真夜中乙女戦争』劇場用プログラム(作品公式パンフレット)詳細>
映画『真夜中乙女戦争』劇場用プログラム
サイズ:A4変形/P68(表紙込み)/1200円(税込み)
発行・編集:(株)ムービーウォーカー

<映画『真夜中乙女戦争』オリジナルサウンドトラック詳細> ※税込
映画『真夜中乙女戦争』オリジナルサウンドトラック
作曲:堤裕介(『アバランチ』『DAY AND NIGHT』ほか)
配信開始:2022/1/21 0:00 ※ iTunes、Spotify、Apple Musicなどの音楽配信サービスにてリリース
収録内容:「Poetry Pt.1」「Poetry Pt.2」「Beautiful Night」「Sea」「The City」「Burning Car」「The Interview」「One Hell of a Cigarette」「War」「Autumn」「Bombmaking」「Trumpet Parade」「Winter」「After the Killing」「The Tower」「The Midnight Maiden War」(全16曲)

『真夜中乙女戦争』公式サイト
<ストーリー>
4月。上京し東京で一人暮らしを始めた大学生の“私”。友達はいない。恋人もいない。大学の講義は恐ろしく退屈で、やりたいこともなりたいものもなく鬱屈とした日々の中、深夜のバイトの帰り道にいつも東京タワーを眺めていた。
そんな無気力なある日、「かくれんぼ同好会」で出会った不思議な魅力を放つ凛々しく聡明な“先輩”と、突如として現れた謎の男“黒服”の存在によって、“私”の日常は一変。人の心を一瞬にして掌握し、カリスマ的魅力を持つ“黒服”に導かれささやかな悪戯を仕掛ける“私”。さらに“先輩”とも距離が近づき、思いがけず静かに煌めきだす“私”の日常。
しかし、次第に“黒服”と孤独な同志たちの言動は激しさを増していき、“私”と“先輩”を巻き込んだ壮大な“東京破壊計画=真夜中乙女戦争”が秘密裏に始動する。
一方、一連の事件の首謀者を追う“先輩”は、“私”にも疑いの目を向けていた。
“私”と“先輩”、“私”と“黒服”、分かり合えたはずだった二人の道は少しずつ乖離していき、3人の運命は思いもよらぬ方向へと走りだす…

<作品概要>
永瀬 廉
池田エライザ
篠原悠伸 安藤彰則 山口まゆ
佐野晶哉  成河 / 渡辺真起子
柄本 佑
原作:F「真夜中乙女戦争」(角川文庫刊)
脚本・監督・編集:二宮 健
音楽・撮影:堤裕介
主題歌:ビリー・アイリッシュ「Happier Than Ever」(ユニバーサル インターナショナル)
特別協力:TOKYO TOWER 製作:『真夜中乙女戦争』製作委員会 制作:角川大映スタジオ
  配給:KADOKAWA ©2022『真夜中乙女戦争』製作委員会
公式Twitter:@mayonaka_otome
公式Instagram:mayonaka_otome
公式TikTok:mayonaka_otome

ニュース
シェア
CinemaGene編集部をフォロー
CinemaGene