映画『“それ”がいる森』相葉雅紀さん 松本穂香さん パンサー尾形さんが登場しホラー川柳で会場を恐怖に…!“森”の中で怪談イベントを開催‼

映画『“それ”がいる森』相葉雅紀さん 松本穂香さん パンサー尾形さんが登場しホラー川柳で会場を恐怖に…!“森”の中で怪談イベントを開催‼ イベントレポート


相葉雅紀さん演じる・淳一が息子・一也と森の中で得体の知れない“それ”を目撃したところから、松本穂香さん演じる一也の担任・絵里とともに怪奇現象に巻き込まれていきます。

不可解な事件に巻き込まれる尾形貴弘(パンサー)さん演じる強盗犯・尾花や淳一たちにあの世を超える恐怖が迫り来る―。 “それ”と遭遇した彼らに一体どんな恐怖が待ち受けているのか…!?

未知の恐怖へ誘うホラーエンターテインメント作品である『“それ”がいる森』が、9月30日(金)に全国公開です!

この度、間もなく公開を迎える『“それ”がいる森」から相葉さん・松本さん・尾形(パンサー)さんが登壇し、公開直前イベントが行われました!また、怪談大好き芸人の島田秀平を招き、一夜限りの怪談ライブも開催!


不気味にライトアップされた薄暗い森の中で、本作のタイトルにちなみ、 “森”にまつわる怪談話を披露。

暑さが残る季節に背筋がゾクッとするこわ~い話で会場を涼しくさせました。
また、相葉さん・松本さん・尾形さんが五・七・五のリズムで“ホラー川柳”に初挑戦!

不気味にライトアップされた小雨降る薄暗い森の中に相葉さん、松本さんが登壇。
相葉さんは「今日は足元に悪い中、そしてこんなちょっと嫌な雰囲気のする会場まで来ていただいてありがとうございます!(笑)」と、


松本さんは「こんな真っ暗な森の中でイベントをやらせてもらうことがあまりないので楽しみたいと思います!」と、それぞれ映画の雰囲気にぴったりな不気味な森に触れながら挨拶しました。


さらにMCの呼び込みにより、本作にも出演しているお笑い芸人パンサーの尾形さん、そして怪談大好き芸人の島田秀平さんが登場。


坊主で和装という出で立ちで登場した尾形さんの姿を見た相葉さんと松本さんには思わず笑いが。
尾形さんは「なんで僕だけ和装なんですか!?僕お坊さん役じゃないですからね!ちゃんとした役で出てますから!」と勢い良く挨拶しました。


本作の感想を聞かれた島田さんは、「僕は怪談が大好きで、色々なホラー映画も観てきたんですけど、そのどれにも属さないような、まさに新感覚ホラーエンターテインメント映画だなと思いました!
“それ”の正体がわかった瞬間、僕の生命線がきゅっと縮まっちゃったような(笑)」と、あの島田さんですら体験したことがない新しい映画だと語りました。


そんな島田さんが得意の怪談を披露するということですが、MCに怪談が得意かどうか聞かれた相葉さんは、「僕は苦手なんですけど、穂香ちゃんが大好きみたいで・・・」と松本さんに話を振ると、


松本さんは「私はホラー映画も好きなんですけど、最近怪談がすごく好きで、散歩しながら聞いたりしていて(笑)」とまさかの趣味を告白しました。

そして、早速メインイベントでもある島田さんの怪談話へ。
とある森にあるというダムにまつわる怪談を披露すると、キャスト一同怖がりながら会場は一気に温度が下がったような空気感に。


相葉さんは「怖かったけど、間の使い方とか話し方がやっぱプロだな~!(笑)」と島田さんの怪談師としてのテクニックに感嘆した様子。


一方、松本さんは「怖くて鳥肌たちました!でも、島田さんの奥に怖がっている尾形さんがちらついて見えて(笑)少し邪魔でした(笑)」と話し、会場を笑わせました。

続いて尾形さんが話す番となったが、コタツの中から小さい赤鬼を見たという話を大きな身振り手振りで披露すると、
会場にはくすくすと笑いが広がり、これには松本さんも「熱量だけは感じました(笑)」と苦笑交じりで感想を述べた。

続いてはホラー川柳のコーナーへ。
相葉さんが披露したのはは「二人部屋 会話の相手は 三人目」という川柳。

「櫻井(翔)くんとのエピソードなんですけど、昔心霊ロケでイタリアに行った時に僕がシャワーに入っていると櫻井くんに外からなにか話しかけられていた気がして・・・。でもうまく聞き取れなかったので“ちょっと待って!”とか適当に返事していたんです。その後、シャワーから出たあとに聞いたら“え?話しかけてないよ?”って・・・。一体誰に話しかけられていたんだろうと思いましたね」と、実体験をもとにした怖すぎるエピソードを披露しました。


松本さんの川柳は「地下恐い ホラー映画の 見過ぎです」。

松本さんは「ホラー映画って地下室がよく出てくるじゃないですか。絶対行っちゃだめなのに行っちゃったりして。そのせいで地下が怖くなりました」と、ホラー好きならではの川柳を披露。

島田さんは「地下というのは湿気が多いので、湿気が多いとやっぱり不思議なことが起きやすいですね」と補足していました。

続く尾形さんは「テレビ消え 犬娘泣き出す マイホーム」という川柳を披露。

「家のテレビがついたり消えたりするのはしょっちゅうなんですけど。犬が壁に向かってすごく吠えていて、そしたら娘もその壁を指差して、“おじさん怖い”って泣くんですよ。うち、リホームして窓をひとつ無くしちゃったんですけど、そのせいでいわゆる霊が出ていく道がなくなっちゃったらしくて、うちはもう家の中霊でパンパンらしいんですよ!でも、悪いことは起きてないので、パンパンなんだけどみんなで楽しく過ごそうと思ってます!(笑)」と、意外にも本当に怖い話を披露しつつ会場を笑わせました。


そして、島田さんが選ぶ一番怖かった川柳は相葉さんの川柳に!島田さんは「やっぱり短いなかで情景が浮かんで鳥肌が立ったので、相葉さんで!」と理由を語りました。

最後に、松本さんが「公開まであと10日ということで、これからも公開に向けて映画をどんどん盛り上げていきたいと思います。ぜひ楽しみにしていてください!」とコメント。


さらに相葉さんは「あの中田監督が今撮りたいホラー映画ということで、怖い部分だけでなく親子の絆や家族の絆だったりも描かれていたりするので、ぜひ“それ”の恐怖を映画館でお楽しみください」と
、いよいよ公開を間もなくに控える本作をアピールし、イベントは大盛況のまま幕を閉じました。

『“それ”がいる森』公式サイト

■出  演: 相葉雅紀 松本穂香 上原剣心 江口のりこ 眞島秀和 宇野祥平 松浦祐也 酒向芳 野間口徹 / 小日向文世

■監  督: 中田秀夫(『リング』『スマホを落としただけなのに』『事故物件 恐い間取り』)

■脚  本: ブラジリィー・アン・山田 大石哲也

■クレジット :(C)2022「“それ”がいる森」製作委員会

イベントレポート
シェア
CinemaGene編集部をフォロー
CinemaGene