これが大切な家族の今、映画『最初の晩餐』激レア家族写真が解禁、さらに主要キャスト直筆メッセージも

これが大切な家族の今、映画『最初の晩餐』激レア家族写真が解禁、さらに主要キャスト直筆メッセージも ニュース

2019年11月1日(金)に全国公開の映画『最初の晩餐』より、この度、激レア家族写真を大公開!さらに主要キャストの直筆メッセージも到着しました!

本作は、父の遺言であった“目玉焼き”から始まる唯一無二の“通夜ぶるまい”を通じて<家族になる瞬間>を過去と現在を織り交ぜながら、丁寧に描いて行く物語。

主人公・麟太郎役にはヴェネチア国際映画祭で日本人初となるマルチェロ・マストロヤンニ賞を受賞した幅広い作品で多彩な顔を見せる実力派・染谷将太さん。その姉・美也子役に戸田恵梨香さん、兄シュン役には窪塚洋介さん。さらに母・アキコ役に斉藤由貴さん、父・東 日登志役に永瀬正敏さんと、圧倒的な存在感を見せています。

また、戸田さん演じる美也子の少女時代には新海誠監督の映画『天気の子』のヒロインに抜擢された森七菜さんが、そして白石晃士監督の映画『地獄少女』でメインキャストの一目蓮役をオーディションで射止めた楽駆さんは窪塚さん演じるシュンの青年時代を演じるなど、若手俳優陣の瑞々しい演技も注目ポイントです!

監督は「サザンオールスターズ」のドキュメンタリー映画をはじめ、CMやミュージックビデオ、短編映画など、国際的に高い評価を受けている常盤司郎監督。構想7年、渾身のオリジナル脚本の本作が満を持しての長編映画デビュー作となります!

この度、映画『最初の晩餐』激レア家族写真を大公開!本作への想いを綴った、主要キャストの直筆メッセージも!

これが大切な家族の今、映画『最初の晩餐』激レア家族写真が解禁、さらに主要キャスト直筆メッセージも
思い出の手料理とともにたどる、家族の記憶。浮かんでは消える小さな傷とやわらかな時間、そして明かされる秘密。煩わしいから、愛おしい、家族の物語が描かれる『最初の晩餐』。今回解禁された場面写真では、カメラマンでもある麟太郎(染谷さん)が、亡くなった父を送った後、家族みんなで集合写真を撮影した一場面が収められています。

また、主要キャストによる”家族”をテーマにした直筆メッセージが到着。<家族>をテーマにしている本作への想いをそれぞれの形で披露。(直筆メッセージは次のページで見られます)

主演の染谷さんは、家族とはどういう存在か?という問いかけに対し「自分が戻れる場所だと思っています。自分が自分でいられる場所だと思いますし、それが理想だとは思いますけど。少なからず、そういう希望を抱けるからこそ、外の世界に一歩踏み出せると捉えています。」というコメントを寄せており、直筆メッセージでは、本作の想いについて家族のあり方、そして、自分の家族に置き換えてみたメッセージを残しています。

麟太郎の姉・美也子役の戸田さんにとって家族とは「よく分からなくなりました。絶対的なものだし、大切で間違いのない存在ではあります。でも、家族であってもその糸は簡単に切れてしまうんだと、この作品を通じて感じました。向き合い続けなければいけないし、切れない存在なんだな、と思いました。」と語り、直筆メッセージでは、納得できる答えにたどり着いた心境を綴っています。

麟太郎の兄・シュン役の窪塚さんが考える家族とは「かけがえのない存在です。とはいえ、かけかえてるんですけども、別れた嫁も今の嫁も仲良く、それを込み込みで、俺らの両親とも繋がっていて、子供も前の嫁の子供と今の嫁の子供もいるけども、それで一つというか。いろんなこと言う人はいるけど、でも別に誰に見せるための家族でもないわけで、自分たちが幸せを感じ、自分たちが必要で寄り添って一緒にいることが幸せだし、うれしいこと。煩わしいこと、大変なことがないわけじゃないけど、でもそういうのも込みで幸せの一部って思う。」と答えており、本作に向き合ってほしい気持ちを直筆メッセージに込めています。

そして、母親役の斉藤さんは「私は今、子供を持っていて、うまくいかない部分とかもいっぱいあるし、ただ、ステレオタイプのかくあるべき、ということではない。私から一番何を渡せるか、模索している最中です。」と心境を語り、父親役の永瀬さんは「たとえ離れていても側にある。当たり前と感じられていた幸せを今は重く受け止めています。この作品を観る度に、今までとは違った思いが芽生えるかもしれません。」と、直筆メッセージを寄せ、本作の魅力を伝えました。

直筆メッセージは次のページにて!

you're currently offline