CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

阿部寛&天海祐希、初の夫婦役!映画『恋妻家宮本』その夫婦は、離婚届から始まった。

その夫婦は、離婚届から始まったーー。
1月28日より公開の映画『恋妻家宮本』のオススメポイントをご紹介します!

3つのオススメポイント

1:『家政婦のミタ』『○○妻』『はじめまして、愛しています』などの、気鋭の人気脚本家・遊川和彦の監督デビュー作品
2:阿部寛、天海祐希が初の夫婦役で熟年夫婦のリアルを演じる
3:菅野美穂、相武紗季、工藤阿須加、早見あかり、奥貫薫、佐藤二朗、富司純子といった実力派俳優が脇を固める

ストーリー

若くして”できちゃった婚”で結ばれた一組の夫婦。宮本陽平(阿部寛)と美代子(天海祐希)は、ごくごく平穏な結婚生活を27年おくり、子供の独立を迎えた。陽平はこの27年間、教師としてまじめに働き、妻を裏切る事もせず、家族になに不自由の無い生活を与えて来た自分には、何も問題はないと思っていた。
そして息子夫婦が転勤で地方へ旅立った日、久しぶりの夫婦二人の時間を過ごした夜に、陽平は妻の記入欄がすべて書き込まれて捺印された離婚届を、本棚で発見してしまう。
美代子はいったい何を考えているのか?順風に思えていた夫婦生活が一瞬にして崩れ、陽平は激しく動揺し、悶々とする生活が始まった。
長年連れ添った夫婦とは何か、家族の形とは?そんな時、美代子が家を飛び出してしまう。美代子の真意とは…。そして、陽平の選んだ道とは…。

出演者:

阿部寛
天海祐希
菅野美穂
相武紗季
工藤阿須加
早見あかり
富司純子

スタッフ:

監督・脚本:遊川和彦
原作:重松清「ファミレス」上下(角川文庫刊)
音楽:平井真美子

『恋妻家宮本』公式サイト
配給:東宝
2017年1月28日全国ロードショー
(C)2017『恋妻家宮本』製作委員会

Facebookコメント

Return Top