CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

『黒崎くんの言いなりになんてならない』中島健人さんインタビュー

映画『黒崎くんの言いなりになんてならない』で、ドSの黒王子・黒崎晴人を演じた中島健人さんにインタビューしてきました!

―アグレッシブさが求められたドS役

Q:黒崎くんを演じるにあたり、どんなところを大切にして演じていましたか?

中島さん:
本読みに入る前は、原作に忠実に演じてみようと考えていたんです。
だけど、実際に本読みに入ったとき、忠実に演じ過ぎちゃうと無機質になってしまうというか・・・、作品全体の明るさがあまり感じられなかったので、撮影のときは、“人間味”を大切にして演じてました。

Q:監督とは、役作りについてどんなお話をしましたか?

中島さん:
監督からは、「もっとアグレッシブに演じていい。」と言われていました。
「君は顔が優しいから、もっと激しくやらないとドSには見えない」という理由で(笑)。
監督からの指示もあって、イメージよりも誇張というか、パワーアップさせたドSを意識して演じていました。
実際に演じてみると、 “うるさいドSの黒崎くん”と“クールなS少なめの黒崎くん”の演じ分けも、そんなに難しくはなかったかなぁ。

Q:中島さんと黒崎くんの共通点はありますか?

中島さん:
僕は女性に対して、黒崎くんみたいな態度はとらないです(笑)。
「お前は俺の奴隷」とか言わないですし(笑)、「お前は俺の彼女だ」とは言うかもしれないですけど…奴隷とは言わないですよ(笑)。
でも、似ているところがあるとするなら…嫉妬深いところかなぁ。
実は僕、すごい嫉妬深いところがあって。
例えば、自分の好きな人が他の人とちょっと仲よくしてるのを見るだけでも、すげー腹立つんです。「あー!!」ってなるんです。ジェラ男なので(笑)。
黒崎くんが、由宇とタクミが仲よくしているところを見て嫉妬してたじゃないですか。その気持ちは共感できたなぁ(笑)。

―プライベートにもドSが影響

Q:撮影期間中、プライベートでも意識していたことってありますか?

中島さん:
そうですね…常にいつもよりトーンを下げた表情をするように心がけていました。
撮影期間中、スタッフのみなさんとか、僕の突然のギャップに驚いた人もいたと思うんですけど、普段から意識しないと、自分は器用じゃないので入り込めなかったんです。
なので、普段からクールな表情を作るのに徹していました。
あと、黒崎くんは、マンガでも映画でも、ごみが1つ落ちているだけ「お前はどこに立っているんだ、地球だろう!」って怒るくらいのキレイ好きだったので、プライベートでも部屋とか、身の回りをキレイにするように心がけていました。

Q:映画の撮影以外で、思わずドSが出ちゃった!っていうエピソードありますか?

中島さん:
Sexy Zoneメンバーの松島くんが、ちょっとでも強めの目力を見せただけで「黒崎くん!」って言うんです。
僕は、別に意識していないんですよ!
「うん?」って言いながら松島くんを見ただけで、「黒崎くん、ごめん」って、由宇ちゃんを意識しているみたいな言い方するんです(笑)。
メンバーにはドSになっているつもりは全くなくて、普通にしていたんですけどね。
あとは…、振付のとき、松島くんがちょっと間違えたので、思わず舌打ちしちゃいました。1回だけ(笑)。
「おい!」(鋭い目で)って言ったら、松島くんに「ごめん黒崎くん」って言われました(笑)。

―千葉雄大さんとの関係

Q:黒崎くんと白河くんの関係についてどう思いますか?

中島さん:
白河くんみたいな友達がいるっていいですよね。
でも、あの2人にも見えない壁みたいなものはあって、完全に心開きあっている気はしないですよね。
そういう絶妙な距離感もいいなって思いますし、2人にとっては、あれぐらいの距離感がちょうどいいのかなって思います。
男同士って、全て言わないのもカッコイイ関係の1つだなって思っているんです。
でも、大切なことを求めるときには、ぶつかり合うというのがすごくかっこいいなと思います。

Q:撮影中、白河くん役の千葉さんには、どう接していたんですか?

中島さん:
あえて千葉さんと話さなくなったときもありました。
寂しかったんですけど、役が役だったし、真剣勝負のシーンもあったので、あえて話さない時間を何日か作りましたね。それは必要な時間だったなと思っています。
普段から、千葉さんはすごく優しいので、僕も甘えちゃうんですけど、でもいちゃいちゃしてたら、ああいう関係性の表情って出ないと思っていたので、わざと距離をとっていました。
撮影期間の中盤ぐらいにバスケのシーンを撮ったんですけど、監督に「2分間マジで勝負してくれないかな」っていわれたので、2分間本当に勝負したんです。
お互いマジで、絶対負けたくないって思って勝負しました。

Q:黒崎くんを演じていて大変だったところは?

中島さん:
大変だったところ…なかったです!
全部楽しかったし、全部快感だったので(笑)。
でも、1個あったなぁ。
映画で停電するシーンですかね。ソファーのシーンが大変だったなぁ。
由宇に急に抱き着くシーンだったんですけど、すごい悩みました。
あまり強くやりすぎると強引すぎるし・・・、どういう風にみせていくといいかっていうのを、スタッフ総動員で話し合いをしました。
自分もどれが正解かわからなくて、いろんな人に話きいた結果、「中島健人らしさでいいんじゃない?」っていう意見をいただいたので、自分の思うように演じました。
そのシーンだけはちょっと甘い感じになっているかもですね(笑)。

Q:由宇みたいな女の子ってどう思いますか?

中島さん:
可愛いと思いますよ!
ああいう女性に出会っちゃったら、自分もちょっと強めに行っちゃうかもしれないですね(笑)。
由宇の母性というか、そういう部分に惹かれるのかなぁ。
でも、自分がもっとこの子を成長させたいというか、そういう気持ちにもなると思います。

Q:お気に入りのドSセリフは?

中島さん:
「誰のもんか、忘れらんねぇようにしてやるよ」ですかね。すごい好きです (笑)。
何言ってるんだ!?って、自分でも思います(笑)。
なんかすごいこと言ってるなって思いますけど、それなりに自信がないと言えない言葉だなって思います。

Q:一番楽しかったシーンは?

中島さん:
千葉さんとのバスケ対決シーンで、お互いに転倒して、千葉さんを床ドンするんですけど、あれは一瞬にやけました(笑)。
千葉さんもその時つっこまなかったですけど、お互いに目が合っちゃって、これ絶対面白いよねって意思が通じ合ったんです。
あのシーンは印象的なシーンでしたね…。
お互い汗だくだったんで、しっとりとしたシーンでした(笑)

Q:バスケシーンでは、千葉さんとどんなお話しましたか?

中島さん:
お互いに芝居が始まるとスイッチオンになるので、それまでの楽しい雰囲気もなくなって、マジで怖かったですね。勝つしかないって感じでした。
絶対に負けらんねえなっていう。

Q:親友と同じ人を好きになってしまったら、友情と愛情どちらを選びますか?

中島さん:
それでつぶれる友情だったらそこまでというか・・・僕は愛情ですね。
友だちに、戦線布告するかもしれません「ちょっと行くわ。ごめん」って言って。
友情と愛情はまったく別のものなので、その辺はちゃんと切り替えていきますね。

Q:演技の面白さってなんですか?

中島さん:
自分を忘れられるというか、自分じゃない自分を演じられることが魅力ですね。
自分の世界だけじゃない、他の世界を知ることができるところも魅力的かなぁ。

ーーーーー
★キャストインタビュー
ドSとドM、どっちが好み?小松菜奈さんインタビュー

「きっと恋がしたくなると思う」千葉雄大さんインタビュー

「恋と友情を選ぶなら…」高月彩良さんインタビュー

「健人くんの愛のあるいじり…」岸優太さんインタビュー
ーーーーー
★オリジナルグッズがもらえる!
プレゼントキャンペーン実施中!!

★あの観覧車に乗ってきました♪
『黒崎くんの言いなりになんてならない』大特集!
ーーーーー

©マキノ/講談社
©「黒崎くんの言いなりになんてならない」製作委員会

Facebookコメント

Return Top