間宮祥太朗×桜井日奈子W主演!話題沸騰の4コマ原作『殺カレ死カノ』本予告・ポスタービジュアル解禁!

Twitterに投稿した四コマ漫画が多くの読者の胸を打ち、熱狂的な支持を集める漫画家・世紀末先生の処女作にして代表作『』が実写映画化、11月15日(金)全国公開となります。

間宮祥太朗×桜井日奈子W主演!話題沸騰の4コマ原作『殺カレ死カノ』本予告・ポスタービジュアル解禁!
W主演のさん&さんが演じるのは、「殺す」が口癖でスマホ依存症の無気力少年・小坂れいと「死にたい」が口癖の心優しきネガティブ少女・鹿野なな。

さらに、さん、さん、さん、さん、さん、さんら2019年最注目の瑞々しい魅力溢れる若手俳優たちの豪華競演が実現。彼らが織りなす不器用で純粋な少年少女たちを巡る三つの物語は、やがて思いがけない結末へ——。すべての孤独をあたたかく癒す、予測不能の感動作です。

『殺さない彼と死なない彼女』予告編

今回解禁となった予告映像は、小坂れい(間宮祥太朗)が、鹿野なな(桜井日奈子)がリストカットしようとするのをスマホで撮影しているシーンから始まります。一転して、「調子に乗るな。殺すぞ」「死ね」と言い放つ小坂に、「死んでやる」「余計に死にたくなる」と返す鹿野。 二人の日常は、そんな殺伐とした不愛想な会話が繰り返されています。続いて、映像で初披露のキャラクターたちが次々と登場。「離れてよ!」とにかく地味な地味子(恒松祐里)はまとわりつく親友のきゃぴ子(堀田真由)を突き放しますが全人類に愛されたいきゃぴ子は「え、どうして?きゃぴ子が可愛いすぎて、並ぶとよけいに自分が劣って見えるから?」と地味子をあきれさせる。また、撫子(箭内夢菜)は、八千代(ゆうたろう)に日課のように「大好き!」 「好き!」と愛の告白をしていた。が、恋ができない彼は、「僕は君のこと好きじゃないよ」と涼しい顔でかわすのでした。

そんな不器用で純粋な彼らの恋と運命はやがて交差することに。「うちの生徒が殺された事件って知ってる?」 という問いかけとともに、謎めいたサイコキラーくん(中尾暢樹)が「あの子が死体となる瞬間は僕しか知らないんですよ」と語る動画がスマホに映し出され、衝撃的な結末を暗示します・・・。

本作では、不器用で、孤独や切ない思いを抱えた登場人物とともに、核心を突く台詞にも注目です。 「私が死んでも世界は何も変わらないよね」 と尋ねる鹿野に「お前が死んだら俺は少し変わるな」と答える小坂。「君は君を好きにならない僕を好きなんじゃないの?」と撫子に聞く八千代。「ひとりは我慢できたけど、孤独は耐えられないわ」と大学生の彼氏・イケメンくん(金子大地)につぶやくきゃぴ子。そんな台詞の数々は、あるときは観る者の心を抉り、あるときは優しく包み込みこみます。

<君の隣で、世界は変わる。> 自分を受け入れ、そばに寄り添ってくれるあたたかな存在──そんな相手との出会いは、やがて互いの心の傷を癒し、前を向いて歩み出していく。「未来の話しようぜ」と小坂が、「未来の話をしましょう」と鹿野が笑顔で語りかける。不器用なやりとりを繰り返しながらも、相手の胸に飛び込み、手をつなぎ、未来に希望を見出せるようになっていく姿を描き出した映像となっている。最後に、寝ている鹿野に顔を近づける小坂の台詞、「今起きたら、殺す」も意味深で印象的だ。タイトルに秘められた謎とともに、予測不能のラブストーリーに期待が高まります。

監督は、『ももいろそらを』『ぼんとリンちゃん』『逆光の頃』など日常と非日常を行き来するようなストーリーテリングと映像美、卓越した人間描写で10代の光と影を描いてきた監督。そして、主題歌と映画音楽を担当したのはさん。この予告編で主題歌「はなびら」の一部も初披露となり、音楽とともにその美しいピアノの音色で少年少女たちのうつろいやすい一瞬一瞬を、切なくもあたたかく彩っています。そして、この映画のサウンドトラックと主題歌「はなびら」を収録したベストアルバムの発売も決定。気になる人はこちらの奥華子さんのオフィシャルサイトをチェック!

すべての孤独をあたたかく癒す、予測不能の感動作!衝撃のラスト、タイトルの本当の意味に涙する・・・。映画『殺さない彼と死なない彼女』は11月15日(金)全国公開です。

『殺さない彼と死なない彼女』公式サイト
間宮祥太朗 桜井日奈子
恒松祐里 堀田真由 箭内夢菜 ゆうたろう
金子大地 中尾暢樹/佐藤玲 佐津川愛美/森口瑤子

監督・脚本:小林啓一
原作:世紀末「殺さない彼と死なない彼女」(KADOKAWA刊)
音楽:奥華子/主題歌:「はなびら」 奥華子(PONY CANYON)

製作:「殺さない彼と死なない彼女」製作委員会

制作プロダクション:マイケルギオン
配給:KADOKAWA/ポニーキャニオン

©2019映画『殺さない彼と死なない彼女』製作委員会