CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

元スパイダーマンの今度の敵は?『完全なるチェックメイト』

「ラストサムライ」のエドワード・ズウィックがスパイダーマンでおなじみのトビー・マグワイアを主演に迎え、伝説の天才チェスプレイヤー ボビー・フィッシャーの半生を映画化。

世界王者決定戦がなぜ「世紀の対決」って言われたの?

本作の主人公ボビー・フィッシャーは、アメリカとソ連が、世界を東西二つに分けていた冷戦時代に実在した天才チェスプレイヤー。
冷戦直下の1972年に、アイスランドのレイキャビクで開催された当時の世界チャンピオン、ソ連のボリス・スパスキーとの世界王者決定戦は、両国の威信をかけた”知”の代理戦争として世界中の注目を集めました。

『完全なるチェックメイト』作品詳細

1972年、アイスランドの首都レイキャビクでチェスの世界王者決定戦が開催される。チェスの最強国・ソ連が世界王者タイトルを保持し続け34年が経っていた。最強の王者であるソ連のボリス・スパスキー(リーヴ・シュレイバー)に挑むのは、アメリカの若きチェスプレイヤー、ボビー・フィッシャー(トビー・マグワイア)。彼はIQ187を記録する天才で15歳にして最年少グランドマスターになった反面とんでもない自信家であり、主張が通らなければゲームを放棄するようなエキセントリックな言動を見せていた。米ソ冷戦の真っただ中に行われたこの対戦は一種の代理戦争の様相を呈し、両国の威信がかけられた。注目が集まる中、対局一局目はスパスキーが完勝。残り二十三局、フィッシャーは絶対不利と見られたものの、極限状態の中で信じられないような戦略をうちたてる。

年末年始のお休みに、ハラハラドキドキの心理戦、「世紀の対決」を映画館で目撃してみては?

『完全なるチェックメイト』
12月25日(金)TOHOシネマズ シャンテ 他 全国順次ロードショー
© 2014 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved. Photo Credit: Tony Rivetti Jr.

Facebookコメント

Return Top