映画『TANG タング』二宮和也、優しいまなざしで相棒・タングを見つめ、あふれ出る涙― この夏一番の感動冒険ファンタジーが、日本中を温かな涙で包み込む! 個性的で魅力的な登場人物たちの場面写真一挙解禁!

映画『TANG タング』二宮和也、優しいまなざしで相棒・タングを見つめ、あふれ出る涙― この夏一番の感動冒険ファンタジーが、日本中を温かな涙で包み込む! 個性的で魅力的な登場人物たちの場面写真一挙解禁! ニュース

8月11日(木・祝)公開の映画『TANG タング』より、健とタングの心温まる友情が垣間見えるカットや、二人が大冒険の中で出会った個性豊かな登場人物の新規場面写真が一挙解禁となりました!

映画『TANG タング』二宮和也、優しいまなざしで相棒・タングを見つめ、あふれ出る涙― この夏一番の感動冒険ファンタジーが、日本中を温かな涙で包み込む! 個性的で魅力的な登場人物たちの場面写真一挙解禁! 映画『TANG タング』二宮和也、優しいまなざしで相棒・タングを見つめ、あふれ出る涙― この夏一番の感動冒険ファンタジーが、日本中を温かな涙で包み込む! 個性的で魅力的な登場人物たちの場面写真一挙解禁! 映画『TANG タング』二宮和也、優しいまなざしで相棒・タングを見つめ、あふれ出る涙― この夏一番の感動冒険ファンタジーが、日本中を温かな涙で包み込む! 個性的で魅力的な登場人物たちの場面写真一挙解禁! 映画『TANG タング』二宮和也、優しいまなざしで相棒・タングを見つめ、あふれ出る涙― この夏一番の感動冒険ファンタジーが、日本中を温かな涙で包み込む! 個性的で魅力的な登場人物たちの場面写真一挙解禁! 映画『TANG タング』二宮和也、優しいまなざしで相棒・タングを見つめ、あふれ出る涙― この夏一番の感動冒険ファンタジーが、日本中を温かな涙で包み込む! 個性的で魅力的な登場人物たちの場面写真一挙解禁! 映画『TANG タング』二宮和也、優しいまなざしで相棒・タングを見つめ、あふれ出る涙― この夏一番の感動冒険ファンタジーが、日本中を温かな涙で包み込む! 個性的で魅力的な登場人物たちの場面写真一挙解禁! 映画『TANG タング』二宮和也、優しいまなざしで相棒・タングを見つめ、あふれ出る涙― この夏一番の感動冒険ファンタジーが、日本中を温かな涙で包み込む! 個性的で魅力的な登場人物たちの場面写真一挙解禁! 映画『TANG タング』二宮和也、優しいまなざしで相棒・タングを見つめ、あふれ出る涙― この夏一番の感動冒険ファンタジーが、日本中を温かな涙で包み込む! 個性的で魅力的な登場人物たちの場面写真一挙解禁! 映画『TANG タング』二宮和也、優しいまなざしで相棒・タングを見つめ、あふれ出る涙― この夏一番の感動冒険ファンタジーが、日本中を温かな涙で包み込む! 個性的で魅力的な登場人物たちの場面写真一挙解禁!

今回解禁となった写真は、法律事務所で弁護士としてバリバリに働く絵美(満島ひかりさん)が健(二宮和也さん)と出会うきっかけとなったパーティーで、健の姉で絵美の先輩でもある桜子(市川実日子さん)からお祝いをされている一幕や、中国在住のロボット歴史学者・大槻凛(奈緒さん)がタングに思いっ切り抱き着くチャーミングな姿が写されています。

また、健とタングの行動を監視しているミステリアスな男・加藤飛鳥(小手伸也さん)や、ナルシストなロボットデザイナー林原(京本大我さん)のお洒落すぎるオフィスでの一枚や、そのオフィスにあるカラフルなお菓子に興味津々なタングを捉えた愛嬌たっぷりなカットから、ロボット工学の第一人者・馬場博士(武田鉄矢さん)の姿も解禁に!

そして、健が涙ぐみながらも優しい眼差しでタングを見つめるカットも解禁となり、健が涙を流した理由が気になる一枚となっています!

記憶をなくしたロボットとポンコツな大人の大冒険が日本中を笑顔と感動と温かな涙で包み込む映画『TANG タング』は8月11日(木・祝)より全国公開です!

『TANG タング』公式サイト
<作品概要>
【タイトル】『TANG タング』

 

【キャスト】二宮和也
  満島ひかり/市川実日子
  小手伸也 奈緒 京本大我(SixTONES)
山内健司・濱家隆一(かまいたち) 野間口徹 利重剛 景井ひな / 武田鉄矢

 

【スタッフ】原作『ロボット・イン・ザ・ガーデン』(デボラ・インストール 作 松原葉子 訳 小学館文庫)
監督:三木孝浩 脚本:金子ありさ
【配給】ワーナー・ブラザース映画
【コピーライト】 ©2015 DI ©2022映画「TANG」製作委員会

 

<原作について>
人間とロボットによるハートウォーミングな物語が絶賛されている小説「ロボット・イン・ザ・ガーデン」(デボラ・インストール作 松原葉子 訳 小学館文庫) 。2016年ベルリン国際映画祭で「映画化したい一冊」に選ばれ、「とにかくタングがかわいい!」と世界中の読者を虜にし、日本国内ではシリーズ累計発行部数38万部を超える、海外の作家のデビュー作としては異例のベストセラーである。映画『TANG タング』は、「ロボット・イン・ザ・ガーデン」を日本版にアレンジを加えての実写化。また、2020年より劇団四季の16年ぶりの一般オリジナルミュージカルとして舞台化。雑誌「ミュージカル」が発表した「2020年ミュージカル・ベストテン」では作品部門第1位に選出され、高い評価を得ている。

ニュース
シェア
CinemaGene編集部をフォロー
CinemaGene