CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

竹内結子&橋本愛、初共演!「手元に本を置いておくことすら怖い」小説、ついに映画化!映画『残穢【ざんえ】−住んではいけない部屋−』

これはホラーなのか?ミステリーなのか?
新たなエンターテインメントの誕生!

第26回山本周五郎賞を受賞した小野不由美(「屍鬼」「十二国記」シリーズ)の小説「残穢」(ざんえ)を、ミステリーの名手・中村義洋監督(『白ゆき姫殺人事件』『予告犯』)が映画化。予定調和を許さない予想外のラストまで、かた時も目が離せない仕上がりとなっています。
小野自身を彷彿とさせる主人公“私”には、人気実力派女優の竹内結子。“私”とともに調査を重ねる“久保さん”には、神秘的な魅力を放つ女優の橋本愛。初共演のふたりに加え、佐々木蔵之介、坂口健太郎、滝藤賢一ら個性的な出演陣が集結。ここに、いまだかつて見たことのない、戦慄のリアルミステリーが誕生しました。

竹内結子「二度目はちゃんと観ました!」完成披露試写会レポートはコチラから!

予告編

物語

誰が、なぜ、事件を引き起こしたのか。
聞いてしまった奇妙な「音」は、連鎖する不可思議な事件への招待状だった−。

小説家である「私」(竹内結子)のもとに、女子大生の久保さん(橋本愛)という読者から、1通の手紙が届く。
「今住んでいる部屋で、奇妙な“音”がするんです」好奇心を抑えられず、調査を開始する「私」と久保さん。
すると、そのマンションの過去の住人たちが、引っ越し先で、自殺や心中、殺人など、数々の事件を引き起こしていた事実が浮かび上がる。
彼らはなぜ、“音”のするその「部屋」ではなく、別々の「場所」で、不幸な末路をたどったのか。

「私」と久保さんは、作家の平岡芳明(佐々木蔵之介)、心霊マニアの青年・三澤徹夫(坂口健太郎)、そして「私」の夫・直人(滝藤賢一)らの協力を得て、ついに数十年の時を経た、壮大なる戦慄の真相に辿り着く。
だがそれは、新たなる事件の序章に過ぎなかった―。
すべての事件をつなぐ【穢れ】の正体とは?予定調和を許さない驚愕のラストまで、目が離せない。
場面写真1

2016年1月30日(土)全国公開
©2016「残穢-住んではいけない部屋-」製作委員会

Facebookコメント

Return Top