世界の有名報道写真家が行きついた、息を飲む美しい地球の写真

世界の有名報道写真家が行きついた、息を飲む美しい地球の写真 レコメンド
『セバスチャン・サルガド/地球へのラブレター』映画オリジナル予告編

戦場などにおもむき、報道カメラマンとして活躍するセバスチャン・サルガド。世界でも有名な写真家がいきついたのは、生と死がまじわる美しい地球の姿を写真におさめることでした。

サルガドセバスチャン・サルガドはブラジルに生まれ、数々の賞を受賞する世界的に有名な報道カメラマンで、大自然の保全や復元に尽力する環境活動家としても知られています。

常に人間を捉え、根源的なテーマを扱ってきたサルガド

トゥアレグ族の盲目の女性これまでサルガドは、常に人間を被写体とし、死、破壊、腐敗などどいった根源的なテーマの作品を数々生み出してきました。彼の作品は、たった一枚で見る者の心を打ち、深い感動を呼び起こすことから、“神の眼”を持つとも言われています。

心を病み、生まれ故郷へ。そこで迎えた大きな転機