吉田、坂口からのプレゼントに大感激!映画『劇場版 ファイナルファンタジーXIV光のお父さん』父の日記念イベントレポート

6月11日(火)東京・スペースFS汐留にて、映画『劇場版 ファイナルファンタジーXIV光のお父さん』の父の日記念イベントが行われ、さん、さんが登壇しました!

吉田、坂口からのプレゼントに大感激!映画『劇場版 ファイナルファンタジーXIV光のお父さん』父の日記念イベントレポート

吉田「俺ばっかりいいんですか?」坂口からの父の日サプライズプレゼント!

映画を観終わった観客から盛大な拍手を受けて登壇した坂口さんと吉田さん。坂口さんは「映画いかがでしたでしょうか?見終わった映画がさらに面白くなるように、映画の話ができたらなと思います。」、吉田さんは「素晴らしい映画になっているのではないかと思います。僕の役が寡黙なお父さんの役です。喋っていないとごまかしがきかない、という難しい演技を健太郎が受け止めてくれて、いい映画になったと思います。皆さんにもそう思ってもらえればと思います。」とそれぞれ挨拶。イベントが始まる前に「泣いた人がいた」というMCの話から、会場で「泣いた人」と尋ねると、多くの手が上がり、そんな会場の反応を受けた坂口さんと吉田さんは、ともに「嬉しいです。」と感動の様子を見せました。

演じた役どころについて尋ねられた坂口さんは「普通の男の子です。お芝居をしていて、アキオの感情とかすごく分かりました。あまり話さないお父さんなので、瞬間瞬間の反応を大事にしようと思って演じていたのですが、鋼太郎さんだからこそ、それもすんなりできました。鋼太郎さんがいらしたからこそできたことなんですね。」と語り、吉田さんは「健太郎が実際に僕の息子と歳が近く、本当の息子のように感じました。本当の息子が幼稚園の時に、カーネーションをくれて、映画の中にも子供の頃のアキオもいたりして、その自分の経験とクロスするところが僕にはグッときましたね。小さい子だったのに、大きくなって、でもコミュニケーションが取れなくなる、というところは胸に迫るものがありました。」と、撮影を振り返りながら答えました。

続いては初共演の印象について。坂口さんが「鋼太郎さんはいろんな役を演じられるので、こんな印象というのはなくて。どんな方なのかなと思っていたのですが、すごくチャーミングな方です。驚いたんですが。」と話すと、吉田さんが「なんでもかんでもチャーミングって言えばいいもんじゃないよ(笑)」と照れながら返し、会場の笑いを誘う場面も。吉田さんは「いい意味で思ってた通り、真面目で、優しくて、きっと浮気はしないだろうという好青年。(笑)お芝居に関してもきっちりできて、尊敬します。でもね、そんな社交的な感じではないです。(笑)なので皆さんが期待しているような撮影中の面白いトークとかはしていないですね。(笑)」と、ユーモアを交えながら明かしました。

タイトルとURLをコピーしました