Huluオリジナル『死神さん』田中圭、前田敦子、竹中直人、堤幸彦監督が勢揃い!配信記念イベント開催

Huluオリジナル『死神さん』田中圭、前田敦子、竹中直人、堤幸彦監督が勢揃い!配信記念イベント開催 イベントレポート

9月17日(金)よりオンライン動画配信サービスHuluで独占配信が始まるHuluオリジナルドラマ『死神さん』。本作の配信記念イベントが7日(火)都内にて行われ、主演の田中圭さん(主人公・儀藤堅忍役)、前田敦子さん(南川メイ役)、竹中直人さん(儀藤の5代目相棒・米村誠司)、メイン監督を務める堤幸彦監督が登壇しました。

Huluオリジナル『死神さん』田中圭、前田敦子、竹中直人、堤幸彦監督が勢揃い!配信記念イベント開催

田中さん史上最も強烈なキャラクター儀藤の役作りについてや、堤監督が語る田中さんや前田さんの魅力について語ったほか共演者のみが知る田中さんの本性を“再捜査”して、ドラマさながらにこれまで見たことのない田中さんをあぶり出します。

本作は、大倉崇裕の同名小説「死神さん」(幻冬舎文庫)を原作にした痛快ミステリードラマ。
“死神”と呼ばれる再捜査専門のクセモノ刑事・儀藤堅忍(ぎどう・けんにん/田中圭)が、事件ごとに相棒を替えながら冤罪事件を再捜査し、徹底的かつ真摯に真実を明らかにしていく姿を描いていく。

「みんなでハッピーな時間を過ごしましょう」という田中さんの挨拶から始まった同オンラインイベント。

帽子に長髪、黒づくめの服に猫背、さらには鼻に大きなホクロをつけ、一目で本人とわからないほどの外見で儀藤という役柄を演じきった田中さんは「ユニークなキャラクターは見どころです。(毎話)相棒も変わり、1話1話特別感があります」とその役作りに自信を覗かせます。それに対し、堤監督も「見たことのない田中圭が見せたかった」と語り、「完璧。イメージどおりだった」と大絶賛しました。

また、この儀藤というキャラクターの外見は、堤監督と田中さんが相談しながら作り上げていったと言い、中身は「堤監督のイメージを伺って、そのイメージから役を作っていきました」と田中さんが語ります。その一方で「ほくろ…いる?と思ってはいました(笑)」と初告白。田中さんの予想外の反応に堤監督は「え?嫌だった?」と問いかけながらも「パッと見て、忘れられないキャラクターを作りたかったんです」とその意図を語りました。

田中さんと久々の共演となった前田さんは「すごく楽しかった。(儀藤との)かみ合っていない感じといいますか、そのかみ合っていない2人の距離感が良いなと思いました」と撮影を振り返り、その前田さんは堤監督曰く「全話を通して見ていただけると、とても面白い立ち位置にいるんだなと思いますよ」と話し、「最終兵器だ」とまで言わしめていました。

儀藤の5代目相棒・米村を演じる竹中さんは、本作の見どころについて「圭ちゃんがチャーミングで可愛い。儀藤のキャラを作ってる圭ちゃんがチャーミングで笑っちゃう」と田中さんにベタ惚れな様子。そんな竹中さんから「セカンドシーズンがあったら、ニセ儀藤をやるから呼んでよって言われました」と田中さんは嬉しそうに語り、共演経験も多い2人の仲の良さも伺わせました。

Huluオリジナル『死神さん』田中圭、前田敦子、竹中直人、堤幸彦監督が勢揃い!配信記念イベント開催

トークセッションの後は、企画コーナーを展開。ドラマの内容にちなみ、「共演者が明かす!田中の本性を“再捜査”」というコーナーでは、前田さん、竹中さん、堤監督だからこそ知る田中さんの素顔を暴露!

竹中さんは昔の共演時、あるシーンの撮影で役者としての自分の考えを貫きとおした田中さんのエピソードを披露。「意思が強い!」と大絶賛しました。感嘆の空気になったところで、前田さんの答えは「いつも晩ごはんのメニューを考えている」と笑いを誘い、それを聞いた田中さんも「確かに!」と納得。

最後に、堤監督の「田中圭はロボットです」という回答には皆一瞬当惑の様子だったが、「どんなに長いセリフも完璧に覚えてくる、本当に撮りやすい!」という理由に、前田さん、竹中さんも賛同。田中さんははにかみながらも「必死に暗記です」と答えましたが、「田中圭の本性の“再捜査”」は、田中さんの役者としての素晴らしさと愛すべきキャラクターの両面が明かされる結果となりました。

Huluオリジナル『死神さん』田中圭、前田敦子、竹中直人、堤幸彦監督が勢揃い!配信記念イベント開催

続いて、ドラマの中で事件を解決していくストーリーにちなみ、「解決!お悩み相談」のコーナーでは、竹中さんと堤監督の悩みがシンクロ。「老化がつらい」(竹中さん)、「最近よく転ぶ」(堤監督)という切実な悩みに田中さんと前田さんも苦笑い。前田さんは「お腹が空きすぎて、目が覚める」というかわいい悩みを披露。田中さんは、「もう続編をやりたい!」とドラマの主演らしくアピールをし、「やりたいと言ってやれるものではないですが、演じていてもすごく楽しくて、ぜひ、みなさんのお力で、もう1度儀藤を演じることができたら嬉しいです」と願いを込め、締めくくりました。

Huluオリジナル『死神さん』は、9月17日(金)からオンライン動画配信サービスHuluで独占配信開始です。

Huluオリジナル『死神さん』公式サイト
<あらすじ>
被疑者の無罪が確定した冤罪事件の再捜査を専門にする警視庁の警部補・儀藤堅忍(田中圭)。彼の仕事は、逃げた真犯人と事件の真相をあぶり出すと同時に、警察組織の失態も暴き出すことにほかならない。ゆえに、彼の相棒となる者は組織から疎まれ、出世の道も閉ざされる。そんな儀藤に付けられたあだ名は…「死神」!
この破天荒な一匹狼のダークヒーロー=儀藤が、連絡係として様々な手配を請け負う警察官・南川メイ(前田敦子)の協力のもと、毎回異なる“気の合わない相棒”を連れ回しながら、様々な冤罪事件の真犯人と真相を解明。証言と証拠を一から、執拗なまでに洗い直し、“事件の裏に隠された真実”と“相棒たちの心”を180度ひっくり返していく。

<番組概要>
【タイトル】Huluオリジナル「死神さん」
【配信】2021年9月17日(金)からHuluで毎週金曜、1エピソードずつ配信(全6話)各話約50分
【出演】田中圭 前田敦子
ゲスト:小手伸也 蓮佛美沙子 りんたろー。 長谷川京子 竹中直人 他
【原作】大倉崇裕「死神さん」(幻冬舎文庫)
【演出】堤幸彦(第壱話・第弐話・最終話)、藤原知之(第参話・第肆話)、稲留武(第伍話)
【脚本】渡辺雄介
【主題歌】宮本浩次「浮世小路のblues」(ユニバーサル シグマ)
【エグゼクティブプロデューサー】長澤一史
【チーフプロデューサー】茶ノ前香 【プロデューサー】大野哲哉 中沢晋
【制作プロダクション】オフィスクレッシェンド 【製作著作】HJホールディングス
【写真クレジット】©HJホールディングス

★公式Twitter:@shinigami_Hulu
★公式Instagram:@shinigami_hulu