映画『余命10年』超豪華俳優陣・監督が満開の桜に彩られたジャパンプレミアに登場! 小松菜奈“自分にとって凄く宝物になりました”と感無量の涙。ジャパンプレミアオフィシャルレポート

映画『余命10年』超豪華俳優陣・監督が満開の桜に彩られたジャパンプレミアに登場! 小松菜奈“自分にとって凄く宝物になりました”と感無量の涙。ジャパンプレミアオフィシャルレポート イベントレポート

3月4日(金)公開の映画『余命10年』。本作のジャパンプレミアが1月24日(月)に開催され、W主演の小松菜奈さん、坂口健太郎さん、そして劇中で彼らを優しく包み込む役柄を演じた山田裕貴さん、奈緒さん、黒木華さん、原日出子さん、松重豊さん、さらに藤井道人監督が登壇しました!

そして小松さんが「この企画のお話しを頂いた時から…本当に色々な物語があって完成し、今こうしてこの舞台に立っていることを嬉しく思いますし、感無量です。この1年みんなで前を向いて生き続けました。映画『余命10年』が沢山の人に届くように、届いて欲しいと心から願っています。この日を迎えられて幸せです」と涙を流し作品への想いが溢れる挨拶で舞台挨拶は始まりました。

色鮮やかな四季の移ろいと共に約1年の月日をかけてじっくり撮影された本作。そんな本作の中で、茉莉と和人の恋の始まりを描いた印象的な夜桜のシーンについて聞かれた小松さんは「あの桜のシーンは和人と茉莉の関係が始まっていく爽やかなシーン。私は茉莉と和人が『何がきっかけで惹かれ合ったのか?』を明確にしていない所が凄く好きです。『この人と一緒にいたいな』とか『この人を守りたいな』とか、この人の笑顔をずっと見ていたいっていう気持ちが茉莉の中にはあって。和人の屈託のない笑顔が茉莉にとっての救いだったんだなと思えるようなシーンでした」と“高林茉莉”を演じていた撮影当時を振り返ります。

その茉莉と出会い自らの運命をも変えていく“真部和人”を演じた坂口さんも「この作品は桜が凄く印象的なところで映っていて、夜桜のシーンは風が吹いて、目が合って、凄く2人の美しい関係性のスイッチが入ったような気がしました。四季の美しい映像を美しい作品の中に、僕らもそこに身体を預けて撮影できたので、景色に感情移入しちゃうような感覚の中で撮影していましたね」と笑顔で当時を懐かしみました。

そして1年をかけての撮影に臨んだことについて聞かれた小松さんは「茉莉という役を演じ終えた後は抜け殻状態で燃え尽きました。すぐに次の仕事には進めないくらい不思議な時間でした。自分の人生と役の人生が重なって、ふたつの人生を歩み続けたのは今までになかったですし、凄く大好きな現場でしたし、皆さんと一緒にひとつの大切な作品を作れたのはかけがえのない、自分にとって凄く宝物になりました」と演じた役柄と作品への想いを語りました。

CinemaGene