”顔なきポップスター”Sia(シーア)のセンスが光る初監督作から、 今話題の公開待機作まで。 愛されること間違いなし!カラフルでキュートな映画特集!

”顔なきポップスター”Sia(シーア)のセンスが光る初監督作から、 今話題の公開待機作まで。 愛されること間違いなし!カラフルでキュートな映画特集! ニュース

ステージでは素顔を見せない“顔なきポップスター”として、世界的注目を集めるシンガーソングライター・Sia(シーア)。楽曲はもちろん、パフォーマンスやMVに見られる卓越したセンスに定評のある彼女が初監督を務め、オリジナル楽曲でカラフルに彩るポップ・ミュージック・ムービー『ライフ・ウィズ・ミュージック』が、2022年2月25日(金)より全国公開となります。

本作は、初の映画監督にして原案・脚本・製作まで手掛けたSiaが、自身の半生を主人公のズーに投影し、愛すべき人々の存在によって生きる希望を見出していくドラマシーンと、登場人物の心情を表現した音楽シーンを交錯させた、これまでにない新体感のポップ・ミュージック・ムービー。

特に注目は、その音楽シーンでのカラフルでポップな演出と衣装。その独創的な世界観は観る人を一目で魅了すること間違いなしだ。本作のように、色使いがおしゃれでキュートな映画は昔から人々に愛されており、話題に上がるだけでなく社会現象も巻き起こしてきました。今後の公開作でも期待の作品が目白押しの、見ているだけで楽しくなるようなカラフルな映画を大特集!

『ライフ・ウィズ・ミュージック』(2月25日公開)

映画『ライフ・ウィズ・ミュージック』予告編【2月25日(金)公開】

“顔なきポップスター”として、世界的注目を集めるシンガーソングライターSiaの初監督作。孤独で生きる希望を失っていたひとりの女性が、家族の存在や周りの人々の助けによって“愛する”ことを知り、居場所を見つける感動物語。

アルコール依存症のリハビリテーションプログラムを受け、孤独に生きるズー(ケイト・ハドソン)は、祖母の急死により長らく会っていなかった自閉症の妹・ミュージック(マディ・ジーグラー)と暮らし始める。周囲の変化に敏感なミュージックとの生活に戸惑うズーに、アパートの隣人・エボ(レスリー・オドム・Jr.)が優しく手を差し伸べ、次第にズー自身も、孤独や弱さと向き合い少しずつ変わろうとしていくが――。

イマジネーション豊かなミュージックや登場人物の心情を表した音楽シーンが見どころの本作。Siaの独創的なセンスが光る、色とりどりの背景やキュートで個性的な衣装が魅力で、記憶に残ること間違いなし!ビビッドな色合いや花柄模様など、シーン毎に様々なアートワークが使用され、また、そんな中、ポップな音楽で歌い踊るキャスト達にも目が離せません。

本作をいち早く鑑賞した著名人からも絶賛の声が届いており、SMAP、関ジャニ∞ら人気アーティストに詞を提供するほか、チャットモンチー、Awesome City Clubなどプロデュースも手掛ける作詞家・音楽プロデューサー・作家のいしわたり淳治さんは「映像の美しさ、登場人物たちの豊かな表情、温かい物語、そして音楽。どこを切り取っても溢れんばかりに愛が詰まっている」

また星野源やPerfumeのMVを手掛ける映像作家の関和亮さんは「登場人物全てが愛おしい。圧巻の音楽と映像表現。Sia の世界にどっぷり浸れる新しい映画の誕生。人々が支え合うにはどうしたらいいのか?一つの答えがこの映画にあります」、Siaと同じく素顔を隠す歌い手のAdoは「ライフ・ウィズ・ミュージックを通して、Siaが見ている世界、感じている音楽に刺激を受けました。ミュージックは私たちを照らしてくれる存在ですね」と、称賛しています!

その他にも、試写後のアンケートでは、「“音楽パートのカラフルでポップな世界観”が魅力的だった」と答えた人が約80%を占めており(※フラッグ調べ)、多くの人が本作のカラフルな映像に魅了されています。

映画『ライフ・ウィズ・ミュージック』サウンドトラックMV【2月25日(金)公開】

2021年/アメリカ/原題:MUSIC
【公式サイトはこちら

『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』(1月28日公開)

『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』予告編

『グランド・ブダペスト・ホテル』(14)、『犬ヶ島』(18)などのウェス・アンダーソン監督の記念すべき10作目であり最新作。物語の舞台は、20世紀フランスの架空の街。アメリカ生まれの名物編集長が集めた個性と才能豊かな記者たちが活躍する「フレンチ・ディスパッチ」誌は、国際問題からアート、ファッションから美食に至るまで深く斬り込んだ唯一無二の記事で人気を獲得しています。

ところが、編集長が急死し、彼の遺言によって廃刊することに。果たして、何が飛び出すか分からない編集長の追悼号にして最終号の全貌とは──?ティルダ・スウィントン、レア・セドゥ、フランシス・マクドーマンド、ティモシー・シャラメ、ビル・マーレイら超豪華キャストとともに贈る活字文化とフレンチ・カルチャーに対するラブレター。

劇中の衣装や小道具・セットなど画面に映るあらゆるものの細部までこだわることで有名なウェス・アンダーソン監督の作品。本作でも、ピンクや黄色・水色などが背景の鮮やかセットが多く使用され、そこに20世紀のフランスという設定が活かされたレトロなファッションが融合し、ウェス・アンダーソンらしいカラフルでチャーミングな世界観が出来上がっています。

2021年/アメリカ/原題:The French Dispatch of the Liberty, Kansas Evening Sun
【公式サイトはこちら

ラ・ラ・ランド(2017年公開)

「ラ・ラ・ランド」本予告

ライアン・ゴズリング&エマ・ストーンW主演で、『セッション』(15)デイミアン・チャゼル監督によるミュージカル映画。夢を追う人々が集まるロサンゼルスを舞台に、女優を目指すミアとジャズピアニスト・セブのロマンチックな恋を描き、第89回アカデミー賞では史上最多タイとなる14ノミネート。主演女優賞や監督賞など、計6部門でオスカーを獲得しました。

オーディションに落ちて意気消沈していた女優志望のミア(エマ・ストーン)は、ピアノの音色に誘われて入ったジャズバーで、ピアニストのセバスチャンと最悪な出会いをする。そして後日、ミアは、あるパーティ会場のプールサイドで不機嫌そうに80年代ポップスを演奏するセバスチャン(ライアン・ゴズリング)と再会。初めての会話でぶつかりあう2人だったが、互いの才能と夢に惹かれ合ううちに恋に落ちていく。

ゴージャスな歌とダンスでクラシック映画のような本作だが、注目はエマ・ストーン演じるミアをはじめとした女性キャラクター達のファッション。特に、ミアとルームメイト達がパーティに向かう際の曲「Someone In The Crowd」での4色のカラフルのドレス姿が印象に残っている人も多いはず。また、ラストシークエンスの2人の仮想の時間を再現したキュートなセットには誰もが心躍り、同時に切なさに涙したに違いない。

2016年/アメリカ/原題:La La Land
【公式サイトはこちら

アメリ(2001年公開)

パリのモンマルトルを舞台に、空想好きの女性・アメリ(オドレイ・トトゥ)の日常を描き、フランスや日本で大ヒットを記録したロマンティック・コメディ。2001年の米アカデミー賞で、外国語映画賞、美術賞、撮影賞、音響賞、脚本賞にノミネートしました。

人とのコミュニケーションが苦手で、空想の中で遊ぶのが好きな主人公アメリは、あることをきっかけに、「人を幸せにすること」に喜びを見出すように。ある日、職場のモンマルトルのカフェで出会った青年に恋に落ちますが、自分の幸せには無頓着なアメリは、うまく気持ちを伝えることができません。

パリで暮らすちょっと変わった女の子の、空想の世界と現実が入り混じるおとぎ話のような世界観の本作。赤や緑といったビビッドかつ温かい色使いで、個性豊かなアメリの心情を表現。そのセンスは、世界中で『アメリ現象』を引き起こし、アメリのようなショートボブが流行り、劇中で出てくるインテリアや赤い壁紙の部屋を真似る女子が急増したほどだといいます。

2001年/フランス/原題:Le fabuleux destin d’Amélie Poulain

ニュースレコメンド
シェア
CinemaGene編集部をフォロー
CinemaGene