映画『バイオレンスアクション』日本映画初!橋本&城田が“ボリュメトリックキャプチャ技術”を使った 新感覚のアクションシーンに挑む! 躍動感溢れるメイキングカットも解禁!

映画『バイオレンスアクション』日本映画初!橋本&城田が“ボリュメトリックキャプチャ技術”を使った 新感覚のアクションシーンに挑む! 躍動感溢れるメイキングカットも解禁! ニュース

8月19日(金)公開の映画『バイオレンスアクション』より、本作の撮影で採用された「ボリュメトリックキャプチャ」によるアクションシーンの現場レポートとメイキングカットが解禁となりました!

斬新なアクションシーンを撮影するにあたり、日本初となる最先端の撮影手法ソニーの“ボリュメトリックキャプチャ技術”が採用されています。スポーツやミュージックビデオの分野で使われることが多い中、日本の商業映画で使用されるのは本作が初となります。グリーンバックで囲まれた円柱状の専用スタジオには100台以上のカメラが360度に設置されており、スタジオ内の俳優陣の動きを3Dでキャプチャ。それを高精細な3D CGデータとして再現します。

通常のアクションシーンの撮影では、カットを細かく割って撮影することが多いのですが、本技術を使うことで一連の流れで撮影することができるとのこと。ボリュメトリックキャプチャで撮影することのメリットについて、VFXスーパーバイザーの鎌田康介さんは「カメラを自由に動かすことができるので、それにより監督が求める映像をうまく表現できるようになりました。今までにない新感覚の映像になっていると思います。」とコメント。通常ではカメラが入れないような角度から撮影された躍動感満載のアクションシーンに要注目です!

そんなボリュメトリックキャプチャが最大限に活かされたのが、橋本環奈さん演じる主人公ケイと、城田優さん演じる最狂の殺し屋みちたかくんの最後のバトルシーン。専用スタジオでは、橋本さんと城田さんが入念にアクションの確認を行っていました。

何度も共演経験のある二人は、さすが息の合った動きを見せ、ブンブンという音が聞こえそうな城田さんのパンチ、それに応じる橋本さんの動きも完璧!「よろしくお願いします!」という橋本さんの気合を合図に、二人はスタジオ内へ。最初のカットは一発OK。互いにタイミングを合わせながらカットを重ねていきます。360度グリーンバックに囲まれた撮影は苦労も多く、「どこを見ても同じ光景だから前後がわからなくなる」と悩む橋本さん。

アクション監督を担当する田渕監督の激励を受けながら、カットを重ねるごとに二人の動きは精度を高め、最後に瑠東東一郎監督の「OK!」の声。その場にいた全員から拍手が沸き起こりました。

また、映画公開日の前日8月18日(木)には、ソニーグループのポータルサイト(https://www.sony.com/ja/)と公式YouTubeチャンネル(https://www.youtube.com/channel/UCwXIrhhTw9aNNM9T-hJG8_w)にて、ボリュメトリックキャプチャ技術を紹介する特別映像『バイオレンスアクション』制作裏スペシャル動画が解禁!

SNSアカウントでも貴重なアクションシーンのメイキング映像を交えた制作裏をたっぷりとご紹介しているので、こちらもぜひチェックしてみてくださいね!(TwitterInstagramFacebook

キャストとスタッフが自信をもって贈る、この夏、最高に爽快なアクション・エンターテインメント!映画『バイオレンスアクション』は8月19日(金)公開です!

『バイオレンスアクション』公式サイト
<ストーリー>
ゆるふわピンクボブの菊野ケイは日商簿記検定2級合格を目指し専門学校に通っていた。学校帰りのバスでビジネスマン風の青年テラノと出会い、ケイは胸を高鳴らせながらもいつも通りバイト先へ。一見、フツーのラーメン屋だが、その実態は殺し屋。ケイは、指名ナンバーワンの凄腕の殺し屋だったのだ……!! キレたら恐い店長、不自然ヘアーの運転手ヅラさん、ケイに想いを寄せる渡辺と孤高のスナイパーだりあがバイト仲間だ。この日の依頼は、巨大なヤクザ組織を仕切る三代目組長からある人物を殺して欲しいという内容だった。そのターゲットとは巨大な抗争の渦中にいるヤクザの会計士、バスで出会ったテラノだったー。そこにケイを狙う最狂の殺し屋みちたかくんまで現れて……!? 菊野ケイ、史上最悪のバイトをどう乗り切る!?

 

<作品概要>
原作/浅井蓮次・沢田 新「バイオレンスアクション」(小学館「やわらかスピリッツ」連載中)
監督:瑠東東一郎
脚本:江良 至、瑠東東一郎
出演:橋本環奈、杉野遥亮、鈴鹿央士、馬場ふみか、森崎ウィン、大東駿介、太田夢莉
   猪塚健太、箭内夢菜、兵動大樹(矢野・兵動)、くっきー!(野性爆弾)
   佐藤二朗 / 城田優、高橋克典 / 岡村隆史 ほか
主題歌:[Alexandros]「クラッシュ」
挿入歌:MAN WITH A MISSION「Tonight, Tonight」(ソニー・ミュージックレコーズ)
NOMELON NOLEMON「タッチ」(Sony Music Entertainment (Japan) Inc)
キム・ヒョンジュン「Song for a dreamer」(HENECIA MUSIC)
Fear, and Loathing in Las Vegas「Tear Down」(Victor Entertainment . inc.)
製作:「バイオレンスアクション」製作委員会 制作プロダクション:ファインエンターテイメント
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
コピーライト:© 浅井蓮次・沢田 新・小学館/『バイオレンスアクション』製作委員会

ニュース
シェア
CinemaGene編集部をフォロー
CinemaGene