現代社会の闇を投影した異色のサスペンス・エンタテインメント映画 『ヴィレッジ』——今回は、日本社会の歪みの中で生きる主人公・優がたたずむティザービジュアルを解禁です!

現代社会の闇を投影した異色のサスペンス・エンタテインメント映画 『ヴィレッジ』——今回は、日本社会の歪みの中で生きる主人公・優がたたずむティザービジュアルを解禁です! ニュース


主演 横浜流星×監督 藤井道人×河村光庸 プロデュース!!

横浜流星さん最新作は藤井道人監督と5度目のタッグで新境地に挑む

圧倒的な映像美、世界観で現代日本の縮図ともいえる<ムラ>に生きる若者のリアルを描く

映画 『ヴィレッジ』


やがて、夢から醒める。


その先に待ち受けるのは、希望か絶望か


映画『ヴィレッジ』特報【2023年公開】

『新聞記者』で第43回日本アカデミー賞優秀監督賞を受賞、記録的大ヒットとなった『余命10年』のメガホンを取った藤井道人監督のオリジナル脚本、そして『新聞記者』(19)、『ヤクザと家族 The Family』(21)、『空白』(21)などの話題作を世に贈り出してきたスターサンズの河村光庸プロデューサーの遺作となる映画『ヴィレッジ』が2023年に公開いたします。


本作は、「村」という閉ざされた世界に、現代社会の闇を投影した異色のサスペンス・エンタテインメント。

とある日本の集落を舞台に、そこで生きる人間たちの、きれいごとだけでは生きていけないリアルな姿を描き、環境問題、限界集落、貧困と、広がり続ける格差社会と、道を誤ったら這い上がる事が困難な社会構造の歪みといった、現代日本が抱える闇をあぶり出しています。

これまでに多くの話題作を手がけてきた藤井道人監督と、日本映画の変革者として、絶えず注目作を世に贈り出してきた故・河村光庸プロデューサーの遺志と遺伝子を受け継いだ注目のスタジオ・スターサンズの制作チームが結集しました。

主演に横浜流星さんを迎え、エンタテインメントと日本社会をえぐるリアルが融合したかつてない人間ドラマが誕生します。


幻想的な霧が漂う美しき村。

主演の横浜さんが演じるのは、とある日本の集落・霞門村(かもんむら)に住む主人公・片山優。

村の伝統として受け継がれてきた神秘的な「薪能」を見たことによって、能に魅せられ「能教室」に通うほどになっていましたが、しばらくして、村にゴミの最終処理場が設立されることになります。

建設を巡って起きたある事件によって、優の人生は大きく狂っていくことに…。


助けを求めることができる人は誰一人としておらず、母親はそんな辛い現実に耐えかねて酒とギャンブルに溺れてしまい、優は、村中から蔑まれながらも母親が作った借金を返すためだけに生きる日々。

山に囲まれ、幻想的な夜霧が漂う美しい村の中、ひときわ異彩を放つ巨大なゴミの最終処理場で働くも、そこでも、仲間内からはいじめの標的にされ、優は孤独に耐えるしかありませんでした。



今回は、その美しさに潜む日本社会の歪みの中で生きる主人公・優(横浜流星さん)がたたずむティザービジュアルをが解禁となりました!

f603f3d3fde98d55b0376d3f7573a3f7

今回解禁となったティザービジュルで描かれたのは、逃げることも、助けを求めることもできず、閉ざされた「村」という世界で生きることを余儀なくされた、たったひとりの優の姿。

うつむき加減におぼろげに前を見つめる彼の表情からは、絶望の日々と、自分一人ではどうしようもできない現実と過去に押しつぶされそうになる耐え難い苦悩、そして誰にもぶつけることのできない、行き場のない心の底からの怒りが伝わってくるようです。

今まさに、日本社会が抱える貧困、広がり続ける格差社会といった、現代に生きる若者が抱える闇を体現しているかのようで、心に深く突き刺さります。


『新聞記者』、『ヤクザと家族 The Family』、『余命10年』と藤井監督の作品では毎回ビジュアルテーマが掲げられ、本作では“霧”をテーマとして取り入れているそうです。

藤井監督は、

「能との出会いもあり、今回は輪郭がくっきりしたものにしたくなかったんです。(村というタイトルではあるけど)村ってこういうもんだよねという風に定義したくなく、あいまいなコミュニティで、本当のことをわかってない。結局のところみんなおぼろなんだというところを、今回は一貫して描きたかったので、この作品では霧を意識しました」

と、今作のビジュアルテーマを語ってくれました。


本作の美しくも荘厳な世界観が切り取られたビジュアルの中では、劇中、重要なテーマを担う「能」の演目・邯鄲(かんたん)から「やがて、夢から醒める」というコピーが刻まれています。

横浜さん演じる優が、苦悩し続ける現実という悪夢から目覚めたとき—そこに待ち受けるのは、希望か絶望か。


さらに、同日夜、映画公式SNS、主演・横浜流星さん、藤井道人監督のSNSアカウントでアザーデザインとなるビジュアルを解禁予定です!

美しく、幻想的な世界観を堪能できる2種のビジュアルがお披露目されます!ぜひご注目ください!

映画公式Instagram
横浜流星Instagram
藤井道人Instagram


<STORY>

美しい自然の裏に潜む現代社会が抱える闇—

ある村を舞台に、一人の男の変化と、社会構造の歪みを浮き彫りにしたヒューマンサスペンス!!


夜霧が幻想的な、とある日本の集落・霞門村(かもんむら)。

神秘的な「薪能」の儀式が行われている近くの山には、巨大なゴミの最終処分場がそびえ立つ。

幼い頃よりこの村に住んでいる片山優(横浜流星さん)は、美しい村にとって異彩を放つ、このゴミ処理施設で働いているが、母親が抱えた借金の支払いに追われ、ゴミ処理施設で働く作業員に目をつけられ、希望のない日々を送っていた。

そんなある日、幼馴染の美咲が東京から戻ったことをきっかけに物語は大きく動き出す――。 

<クレジット>

▪出演:横浜流星 黒木華 一ノ瀬ワタル 奥平大兼 作間龍斗 淵上泰史 戸田昌宏 矢島健一

      杉本哲太 西田尚美 木野花 中村獅童  古田新太

▪監督・脚本:藤井道人

▪音楽:岩代太郎

▪企画・製作・エグゼクティブプロデューサー:河村光庸 

▪制作プロダクション:スターサンズ 

▪制作協力:Lat-Lon

▪製作幹事:KADOKAWA

▪配給:KADOKAWA/スターサンズ

▪製作:「ヴィレッジ」製作委員会 ©️2023「ヴィレッジ」製作委員会 

公式HP

圧倒的な映像美、世界観で現代日本の縮図ともいえる<ムラ>に生きる若者のリアルを描く、映画 『ヴィレッジ』 は2023年公開です。

ニュース
シェア
CinemaGene編集部をフォロー
CinemaGene