CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

本当にドラえもんと同じ作者!?藤子・F・不二雄の異色SF短編集

01 (3)
出典:http://3f.ldblog.jp/
何度も愛蔵版や文庫版が発売されるほどの人気

藤子・F・不二雄と聞くと、ほとんどの方が「ドラえもん」や「オバQ」を思い浮かべるのではないかと思います。しかし同時期の1970年〜1980年代に並行して、青年誌に掲載されていたSF・(すこし・不思議)異色短編集は意外と知られていないようです。そこで今回は代表作として紹介される事も多い、オススメの5タイトルをご紹介します。

「ミノタウロスの皿」

02
出典:http://blog.canpan.info/
牛と人類の立場が逆転した惑星で繰り広げられる宴

宇宙船トラブルにより地球によく似た惑星「イノックス」に緊急着陸した、21エモンにそっくりの主人公。彼を救出したのはミノアという名の美しい少女。しかしその星は、牛そっくりの種族「ウス」が支配し、「人間」にそっくりな種族「ズン類」が家畜として育てられている世界でした。そして、ミノアはその中でも特に育ちの良いメスの食用種で、最高級の食材「ミノタウロスの皿」に選ばれ、民衆の祭典で食べられる運命にあるというのですが…。それを知った主人公の行動と、ミノアに恋をした彼を襲う悲劇とは?
初出:ビッグコミック1969年10月10日号/1990年7月オリジナルビデオアニメ化

「ノスタル爺」

Back Camera
出典:http://hiko1985.hatenablog.com/
土蔵に閉じこめられている老人の正体とは…

太平洋戦争の終戦を知らずに、孤島のジャングルに旧日本軍兵士として潜伏していた浦島太吉。救出された後、無事に帰国を果たすものの、30年ぶりに訪れた故郷は既にダムの底へと沈んでいました。戦況の悪化に伴い、出征が決まり急かされるように結婚した幼なじみの妻・里子も太吉の戦死公報(誤報)が届いた後、再婚せずに亡くなったことを聞かされます。去来する様々な想いを胸に、ダムの底に沈んだ村を見に行くとそこには驚くべき光景が広がっていたのでした…。
初出:ビッグコミックオリジナル1974年2月5日号

「流血鬼」

04 (2)
出典:http://plaza.rakuten.co.jp/
吸血鬼となったかつての恋人からの説得に主人公は…

人間と吸血鬼の数が逆転してしまった世界という、リチャード・マシスンの「アイ・アム・レジェンド」を参考に描かれた本作ですが、物語の展開は全く異なります。どちらが善、そして悪なのか?吸血鬼(新人類)たちの本当の目的とは何なのか?そして「違う生物」となってしまった後も互いを想い続ける複雑な心情、異なる視点から生まれる価値観のギャップ、読後に誰もが考えさせられてしまう衝撃的なラストは必見です。
初出:週刊少年サンデー1978年52号/2001年8月テレビアニメ化

「山寺グラフィティ」

05 (3)
出典:http://nuruwota.blog4.fc2.com/
いつも一緒にいた2人の関係は思いがけない結末に

山形県の山寺(立石寺)にまつわる民間伝承を題材にした本作は、その独特の雰囲気からか短編集の中でも特に高い評価を得ています。主人公の加藤広康と、木地かおるは幼なじみでいつも一緒にいました。しかし、かおるは高校時代の時に亡くなってしまいます。時は移り、東京でイラストレーターとして生計を立てる広康は、ある日かおるにそっくりの女性と出会い…。誰もが心の奥底に持つ、過ぎ去りし日の淡い想いを呼び起こしてくれる名作です。
初出:週刊少年サンデー1979年3月20日増刊号

「絶滅の島」

06 (3)
出典:http://fullusedbook.blog119.fc2.com/
徹底的に人類を追いつめる宇宙人の目的とは

突如、アンデス山中に出現した宇宙人の大群は一年もかけずに五大州を制圧し、人類はほぼ絶滅の状態へと追いやられてしまいます。たまたま離島ツアーに参加していたため、難を逃れた27人の中の2人、シンイチとカオリは共に本来であれば高校生になっているはずでした。長い長い夏休みのさなか、宇宙人の魔の手はついに離島にまでおよびます。人類最後の2人となってしまったシンイチとカオリの運命は…。
初出:スターログ1980年/2000年1月テレビアニメ化

今回紹介した作品以外にも、過ぎ去った少年期の終わりが胸を締めつけるオバケのQ太郎の後日談「劇画オバQ」、高齢化社会の問題を描いた「定年退食」など、まるで未来を見通していたかのような題材を、ほのぼのとしたタッチで淡々と描く「異色SF短編集」。今回紹介した5タイトル以外にも名作が多数あり、その人気は今なお衰えることを知りません。「ドラえもん」を読んだことのある方に、大人になった今こそ読んでいただきたい作品集です。

Facebookコメント

Return Top