CinemaGene(シネマジーン)

映画をきっかけに、女の子の毎日をドキドキワクワクさせる

20世紀最高の歌姫の生き様とは―?『バルバラ~セーヌの黒いバラ~』予告編解禁

20世紀最高の歌姫の生き様とは―?『バルバラ~セーヌの黒いバラ~』予告編解禁

人生とは愛であり、哀しみであり、歓びである――。セーヌの畔で、そして世界で最も愛された歌姫バルバラが、いまここに甦る!

11/16(金)より全国順次ロードショーとなる映画『』。2017年カンヌ国際映画祭、ある視点部門ポエティックストーリー賞を受賞した本作の予告編が、今回解禁となりました。

「黒いワシ」「ナントに雨が降る」などの名曲で知られ、1950年代からシャンソン界の女王として君臨したフランスの伝説的歌手バルバラ。謎に満ちた彼女の人生を演じるひとりの女優とその映画監督は、いつしか愛の迷宮で彷徨うようになっていきます。愛に傷つき、愛に悦び、人生を駆け抜けた一人の歌手の魂の歌はやがて、二人をバルバラの人生そのものへと姿を変えていきました。バルバラとはいったい誰だったのか? 世界はいったいなぜ彼女に熱狂したのか?

この度解禁された予告編では、伝説的歌姫バルバラを演じる女優ブリジットが彼女を知るほどに、その存在そのものに飲み込まれていく様が描かれます。バルバラに近づこうとすればするほど彼女の存在と自分自身の区別がつかなくなるブリジットは周りに当たり散らし、抱える不安さえも自分のことなのかわからなくなっていきます。そしてそんな彼女にのめり込んでいく映画監督のイヴ。二人が次第に現実との境目を失っていく様子は、バルバラが世界を熱狂させた魅惑の一端を感じさせます。実際のバルバラのステージ映像を交えながら、女優と監督の熱情の愛のドラマを通して、20世紀最高の歌姫バルバラの人生を垣間見ることができる映像となっています。

が監督・脚本・出演、そして元パートナーのが、バルバラという時代を駆け抜けたひとりの女性に乗り移ったかのように熱演する本作。映画『バルバラ~セーヌの黒いバラ~』は11月16日(金) Bunkamuraル・シネマほか全国順次ロードショーです。

『バルバラ~セーヌの黒いバラ~』ストーリー

フランスの国民的歌手バルバラに扮した映画の撮影を控えている女優ブリジット。彼女はバルバラになり切るため、自身の性格・歌声・ジェスチャー等すべてをバルバラに模し、自分の中に取り込もうとする。次第にバルバラの存在が自分の中で大きくなり、心身ともにバルバラに支配されるブリジット。そして映画監督イヴも同様、バルバラの存在にのめり込んでいく。果たしてイヴを支配しているのはバルバラなのか、それともバルバラに扮したブリジットなのか?バルバラの貴重なフッテージも絡めながら、一個人のアイデンティティの崩壊、そして再生が今スクリーンに赤裸々に写し出される。

『バルバラ~セーヌの黒いバラ~』
11月16日(金) Bunkamuraル・シネマほか全国順次ロードショー
監督/脚本/出演:マチュー・アマルリック(『そして僕は恋をする』『潜水服は蝶の夢を見る』
主演:ジャンヌ・バリバール(『そして僕は恋をする』『サガン -悲しみよ こんにちは-』)
配給 ブロードメディア・スタジオ
© 2017 – WAITING FOR CINEMA – GAUMONT – FRANCE 2 CINEMA – ALICELEO

Return Top