CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

志田未来×竜星涼 『泣き虫ピエロの結婚式』あらすじ&ロケ地&主題歌情報!

見習いピエロが恋したのは、笑顔を忘れた彼でした…。
志田未来さん、竜生涼さん、新木優子さんなど演技力を高く評価されている若手俳優陣をキャストに迎え、原作者・望月美由紀さん自身が、愛する人に対して伝えようとした「あなたの喜びは私の喜び」という想いがたくさんつまった実話書籍をベースとした映画『泣き虫ピエロの結婚式』が、9月24日(土)より公開となります。

志田未来さんと竜星涼さんは、1993年生まれで同い年。

志田未来さんと竜星涼さんは、1993年生まれで同い年。

原作者である望月さんは、道化師の見習いをしている時に、夫となる男性と出会い、恋をして、幸せな結婚からわずか50日という短い時間で「死」という別れを経験することになりました。しかし、望月さんはその悲しい経験から、笑顔の力や意味に気付き、「それは道化師として欠かせないだけでなく、誰にとっても大事なもの」という思いから、1枚のハガキにエピソードを綴り、第4回日本感動大賞を受賞しました。
それを元に書き上げた一冊の本が「泣き虫ピエロの結婚式」です。

志田未来さんは竜星涼さんに恋するピエロ!?

純愛映画初挑戦の志田未来さんと、今後の活躍も期待される竜星涼さんのW主演。
2人の演技の注目ポイントは?

志田未来さん:芹澤佳奈美役
サブ3数々の学園もので制服姿を披露してきた志田未来さん。
本作では初々しい制服姿を封印し、泣き出してしまいたい心を抑えながら、笑顔を絶やさず恋に突き進んでいく道化師の見習い芹澤佳奈美を演じています。思い込んだら一直線で、太陽のような佳奈美には、劇的なストーリーだからこそ、地に足の着いた堅実な演技が求められ、志田未来さんの起用が決まりました。

竜星涼さん:秋山陽介役
サブ4出演作『orange-オレンジ-』が大ヒットを記録し、主演作となった『シマウマ』など数多くの出演作が予定されている今年最も注目されている若手俳優・竜星涼さん。死を目の前にして笑顔を忘れ、ツンデレな秋山陽介を演じ、強さとナイーブさが混在する表情や、佳奈美との出会いで次第に変わっていく複雑な心情を好演しています。

様々な表情を見せる難しい役に挑んだ二人の演技は、観ている私たちもその場にいるような感覚になり、笑顔と涙なしには観ることが出来ません。人のために“何か”をすることは、幸せでありながらも、どれだけ苦しく切ないものなのか考えさせられます。
きっとみなさんも、志田未来さんと竜星涼さんの魅力にはまってしまうと思いますよ。

笑顔の裏で涙が止まらなくなる切ないラブストーリー

あなたに残された日が少ないことを知っても、あなたの前では涙をこらえました。
最後の一瞬まで笑っていてほしかったから。

きっと陽介は愛情表現が上手くないだけ・・・

きっと陽介は愛情表現が上手くないだけ・・・

毎日道化師のステージ練習に励んでいた佳奈美は、親友の稲葉真紀(新木優子さん)にバーベキューに連れ出され、陽介に出会います。陽介は、みんなの中心でテキパキと場を仕切っているものの、佳奈美に対しての態度は、初対面であるにも関わらず最悪。
しかし、数日後、佳奈美の前に陽介が現れ、道化師の練習に付き合ってくれることに。佳奈美は、陽介のふと見せる優しさに少しずつ惹かれていくようになります。

そんなある日、陽介との連絡が突然途絶え、佳奈美は悩みます。そのことを知った真紀は、陽介と佳奈美が話す機会を作ってくれ、佳奈美は自分の気持ちを真っすぐに伝えるものの、陽介は病気のことを打ち明け、「一緒にいても、なにもいいことがない。迷惑だ。」と突き放すことに・・・。

女子の絆は強いですね。

女子の絆は強いですね。

そのまま1カ月が過ぎた時、陽介の前に1台の自動車が近づいてきました。運転していたのは佳奈美。病院への送り迎えが出来るように免許を取ったと言う佳奈美に対し、陽介は、怒鳴りつけ背を向け去ろうとしますが、自分のことのように陽介のことを想う佳奈美の気持ちが、ついに心を動かすことに。

プロポーズする姿が素敵すぎます♡

プロポーズする姿が素敵すぎます♡

2人には幸せな時間が訪れ、結婚の約束を交わします。いつものように一人前になった佳奈美のステージを穏やかに見守っていた陽介。しかし、突然意識を失い、その日から入院生活が始まることに。
献身的な看病を続けていた佳奈美に、医師から衝撃的な話が告げられます・・・。

お互いを想う気持ちに涙が止まりません・・・

お互いを想う気持ちに涙が止まりません・・・

自分の体の異変に気付き始める陽介と、努めて笑顔を保とうとする佳奈美。
愛するがゆえに出した、二人の答えとは…。

ロケ地は一体どこ!?出演者の撮影エピソードも公開!

本作は、多くの撮影が横浜市青葉区で行われました。
美しが丘公園では・・・

二人の関係が縮まっていく重要なシーン

二人の関係が縮まっていく重要なシーン

二人でジャグリングを練習するシーンの撮影が行われました。
志田未来さんの道化師の練習は、「3つのボールを交互に投げてキャッチする技“カスケード”を笑顔で行えるようになること」を目標に、撮影の2週間前から行われました。最初は不安な表情を見せる志田未来さんでしたが、何度も失敗を繰り返しながらも「絶対に間に合わせます!」と気合を入れ、練習時間が終わっても何度も何度もボールを投げ続けていました。

青葉区の路上では・・・

佳奈美の心の強さを感じるシーン

佳奈美の心の強さを感じるシーン

佳奈美が陽介のために、車の免許をとって現われるシーンの撮影が行われました。
竜星涼さんは、常に周りのスタッフを楽しませるムードメーカー的存在でしたが、このシーンでは感情を吐露する撮影であったため、熱くなりすぎて車のボディを凹ませてしまった!なんてことがあったんだとか。スタッフもそれには大爆笑してしまったものの、その甲斐もあり、陽介の感情が痛いほど伝わる名シーンとなっています。

渋谷を中心にカリスマ的人気を誇るWHITE JAMが主題歌を担当!

映画主題歌を担当するのは初!

映画主題歌を担当するのは初!

WHITE JAMは、SHIROSE、NIKKI、GASHIMAの3人組のシンガーソングライター。2014年にユニバーサルシグマよりメジャーデビューし、代表曲「ウソツキ」は、YouTubeで900万回再生され、泣ける曲として人気を博しています。
そして、本作の主題歌となっている「咲かないで~泣き虫ピエロの結婚式Ver.」は、SNS世代の新たな卒業ソングとして、今春、爆発的なDL数を記録した「咲かないで」を、10代だけではなく、“出会いと別れ”を経験した全ての人に向けて、新たな歌詞を加えて提供されました。

何があっても前に進んでいく勇気をくれる本作は、エンドロールで流れる音楽と相まって、さらなる感動の涙を流させてくれます。劇場に明かりが付いても、きっとみなさんの心に響く“強さ”が残るはずです。
ハンカチとティッシュを忘れずに持って、ぜひ劇場でご覧ください!

『泣き虫ピエロの結婚式』予告編

『泣き虫ピエロの結婚式』公式サイト
http://nakimushi-pierrot.jp/
9月24日(土)よりシネマート新宿他、全国順次ロードショー
©2016映画『泣き虫ピエロの結婚式』製作委員会

【関連記事】
◆大人の女優へと変貌する志田未来の出演映画作品をピックアップ!
◆戦隊ヒーロー出身!竜星涼くんに注目!
◆新木優子主演!ゆとり世代の就活前哨戦を描く『インターン!』

Facebookコメント

Return Top