神木隆之介出演も解禁!映画『妖怪大戦争 ガーディアンズ』バトンタッチセレモニー!

神木隆之介出演も解禁!映画『妖怪大戦争 ガーディアンズ』バトンタッチセレモニー! イベントレポート

7 月1 日(木)東京・神楽座にて、映画『妖怪大戦争 ガーディアンズ』のバトンタッチセレモニーが行われ、主演の寺田心、『妖怪大戦争』主演神木隆之介、三池崇史監督が登壇しました!

神木隆之介出演も解禁!映画『妖怪大戦争 ガーディアンズ』バトンタッチセレモニー! 神木隆之介出演も解禁!映画『妖怪大戦争 ガーディアンズ』バトンタッチセレモニー!

まずは本作主演の寺田と、2005 年版に引き続きメガホンを取った三池監督がステージに登壇。いよいよ8 月13 日に公開を 迎える本作について、寺田は「数えきれないほどの妖怪が登場します。一匹一匹が魅力的です。そんな妖怪たちとの冒険はとてもワクワクすると思います!世界中の妖怪やモンスターも登場するのでお楽しみに!」と笑顔を見せた。

前作から16年の歳月が流れ、よりスケールアップした本作について、三池監督は「デジタル技術などは変わってきていますが、それは表面上の違いであって、それらを使って描いているのは妖怪たち」だとコメント。「自分の中では、妖怪というのは人が心の中に本当は持っているピュアなもの、忘れてしまったもの。この映画はそうしたアナログな心を描いている作品なので、心に関してはスケールも何もないんですよね。前作から時間も経って表現方法も変わり、お客さんも同じ言葉でも違う受け取り方をするだろうし、表現する俳優のみなさんにこもっている想いも違うので、この時代だからこそのクオリティになったかなと感じています」と本作への想いを語った 。

神木隆之介出演も解禁!映画『妖怪大戦争 ガーディアンズ』バトンタッチセレモニー!

続いて、2005 年版『妖怪大戦争』で主役の稲生タダシを演じた神木が登場し、新旧の主演キャストの2ショットが実現!神木は本人の熱望により、前作でタダシと友情を育む妖怪・スネコスリを肩に乗せての登壇となった。一足先に新たにスケールアップした『妖怪大戦争 ガーディアンズ』を鑑賞した神木は「迫力のレベルが段違いでしたね!」と興奮気味。「前作も妖怪やCGなどディテール 見どころはいっぱいあったけど、本作では妖怪たちがさらに現実に存在していて、実態がちゃんとあるような…だけどどこか幻想的で、現実と夢のはざまにあったので、冒険できた気持ちになりました。ね、なったよね?」とスネコスリに同意を求め会場を沸かせた。

新たな物語となる本作で寺田が演じる主人公のケイは、未曽有の危機から世界を救う勇者として選ばれる少年。前作で神木が演じたタダシも同様の役どころだったが、寺田は今回の主演にあたり、参考に前作を鑑賞していたことを明かした。「神木さん演じるタダシに自分を投影して物語に引き込まれて行きましたね。神木さんの絶妙なお芝居がすごかったです!」と大先輩の演技を絶賛し、これには神木も「めっちゃ嬉しいです!」と満面の笑みに。ふたりとも小学校高学年の頃に『妖怪大戦争』に主演していたことに触れ、「僕は撮影当時何も当時考えられていなかったので、今見返してみると反省点もあるんですけど、ちょうど心君と同じぐらいの歳に撮影していたので、心君にそう言ってもらえると嬉しいです」と喜びを語った。

そんなふたりの共通点について、三池監督は「人の言うことを瞬時に理解してやってのける能力は驚くべきもの」と即答。「誰かに教えられて仕事としてやっているというより、求められてやって、出来て、周りを喜ばせるのが好きだと思う」と分析した。異なる点について問われると、「寺田心さんは集中力が落ちるタイミングがやや早い。うるさい子供に戻るときがあるので、『戻ってるよ!』と言うと ピシっとします(笑)」と、撮影中の寺田の子供らしい一面を明かした。

神木については、「常に神木隆之介というひとりの人間としてそこにいた」と言い、休憩時間に河童の河太郎(阿部サダヲ)にキュウリをあげていたエピソードを披露。神木は、撮影時に特殊メイク状態の阿部にしか会っていなかったことから阿部を河童だと思っていたことを明かし、「単純だったんですかね(笑)」とピュアすぎる当時を照れ臭そうに振り返った。 一方寺田は、料理好きなことから、撮影の合間にはセットに準備された設備でたこ焼きやパンケーキを焼きスタッフに振る舞っていたと言い、それぞれの主演俳優が現場でまったく異なる振る舞いをしていたことが明らかになった。

神木隆之介出演も解禁!映画『妖怪大戦争 ガーディアンズ』バトンタッチセレモニー!

続いて、三池監督より重大発表が。実は神木は本イベントへの登壇だけでなく、『妖怪大戦争 ガーディアンズ』にも出演していることが明かされた!演じるのは前作のタダシではなく、ケイが通う 小学校の担任教師・加藤先生という新たな役で出演している。神木は、16年ぶりに『妖怪大戦争』に関われた喜びを語りながら、前作の敵が豊川悦司演じる「加藤」だったことに触れ、「僕にはなぜ『加藤先生』なのかはわからないけど、勝手に深堀りしています。現場もすごく楽しかったです!」と自身も気になるキャラクターでの出演だったことを明かした。寺田も「(本作で)個人的に加藤先生が一番気になる存在です。最後のシーンの謎とか、どういう意味なんだろう?と気になりました」と語り、さらに三池監督からは、「本編ラストでちらっと正体が観られますので、お楽しみに!」とサービス発言も飛び出した!!

お互いの共演シーンについて話題が及ぶと、寺田は当初前作を意識しており、「負けないように頑張らなきゃという気持ちだった」と言う。しかし神木にアドバイスを求めたところ、「そのままでいいんだよ 」と言ってもらえたことから、「僕は僕でいいんだ」と思い直し撮影に挑めたことを語った。

対する神木は 、実は初めての教師役に緊張していたことを明かし、休憩時間に教壇に立っていたら、寺田から突然演技について質問されたというエピソードを披露。「『前作ではどういう想いでお芝居をされていたんですか?』って聞かれて、『やばい、俺何も考えてなかったな』と思って…」と胸中を明かしながら、 何も考えていないからこそいいこともあったと思い直し、「前作は気にせず、目の前で起きたことを生きている感じで、そのまま演じればいいよ」と答えたと言う。「心君は『そうですか、ありがとうございま す!』と(笑)。当時の僕より言葉遣いもきちんと出来ていて全然違う、と反省しました!本当にしっかりした方だなと思って教壇に立っていました」と、新たな主演俳優・寺田心のたたずまいを絶賛した。

神木隆之介出演も解禁!映画『妖怪大戦争 ガーディアンズ』バトンタッチセレモニー!

トークの後はいよいよ主役の“バトンタッチ”セレモニーへ。『妖怪大戦争』の歴史の重みが詰まった特製の巨大バトンが、神木さんから寺田さんへと託された。神木は「本当に純粋に応援しております!僕の中では『妖怪大戦争』は一生忘れられない作品になっていて、今回心君が16年越しに主役を演じてくれたのが本当に嬉しいですし、心君にこれから世界を救っていってほしいなと思います。スネコスリともども応援しておりますので、これからも頑張ってください!」とエールを贈った。バトンを受け継いだ 寺田は巨大バトンの重みを実感しながら、「いろんな想いが詰まったバトンだと思います。改めてしっかりと受け止めたいなと思いました」と噛みしめるようにコメントした。

イベントの最後には、映画の公開を待ち望むファンへ登壇者からメッセージが贈られた。三池監督からは、「妖怪たちが、今我々 人間がどう生きるべきかを教えてくれている作品です。みなさんのもとに8 月13 日に、妖怪たちが大暴れしに行きますので、 ぜひ一緒に楽しみながら、いろんなことを妖怪たちから吸収してもらえればいいなと思っています」と“妖怪愛”の深いコメントが。 神木は「自分の大事な作品に時を超えて関われたことを幸せに思っています。いち観客として、この映画を楽しんでこれからも 見守っていきたいと思っています」と感慨深げに語り、寺田は「この撮影で渡辺ケイを通して、僕自身ひと回りもふた回りも成長 できた気がしています。その機会を与えてくださった三池監督、たくさんのスタッフの皆さまに感謝します。このご時世ですが、こ の映画が公開されることを幸せに思います!」と力強くコメントした。映画『妖怪大戦争 ガーディアンズ』は、8 月13 日(金)公開です!

記事の写真はCinemaGeneの公式InstagramにもUPしています!こちらもチェックしてみてくださいね!
神木隆之介出演も解禁!映画『妖怪大戦争 ガーディアンズ』バトンタッチセレモニー!

『妖怪大戦争 ガーディアンズ』公式サイト
寺田心
杉咲花 猪股怜生 安藤サクラ / 神木隆之介
大倉孝二 三浦貴大 大島優子 赤楚衛二 SUMIRE
岡村隆史 遠藤憲一 石橋蓮司 / 柄本明
大森南朋 / 大沢たかお
監督:三池崇史
製作総指揮:角川歴彦、荒俣宏 脚本:渡辺雄介 音楽:遠藤浩二
制作プロダクション:OLM 配給:東宝、KADOKAWA
©2021『妖怪大戦争』ガーディアンズ
公式ツイッター:@yokai_movie

イベントレポート
シェア
CinemaGene編集部をフォロー
CinemaGene