CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

生田斗真×宮藤官九郎×三池崇史監督の熱狂タッグが再び!映画『土竜の唄 香港狂騒曲』

映画『土竜の唄 香港狂騒曲』が12月23日(金・祝)より全国公開されます!
MOG2_logo_fix_cs6
【プレゼント】『土竜の唄 香港狂騒曲』お年玉カイロを【5名様】にプレゼント!

3つのオススメポイント

1:2014年2月に公開された前作『土竜の唄 潜入捜査官REIJI』が舞台を香港に変えてパワーアップ
2:脚本・宮藤官九郎×監督・三池崇史のタッグで、原作の「チャイニーズマフィア編」を映画化
3:前作に引き続き主演を務める生田斗真とともに、瑛太、本田翼、菜々緒など豪華キャスト陣が集結

ストーリー

交番勤務のダメ巡査、菊川玲二はある日突然クビになり超キケンな犯罪組織への潜入捜査官すなわち“モグラ”になることを任命され広域指定暴力団・数寄矢会に潜り込んだ。何度も死にかけながらも合間にちゃっかり童貞を卒業、ケーサツである身分もなんとかバレずに生き抜いた玲二。最終ターゲットの数寄矢会会長・轟周宝は挙げられなかったものの、“クレイジーパピヨン”こと日浦匡也に気に入られ、兄弟の契りを交わしてしまった玲二は極道の世界にさらに深く潜っていくハメに!それから・・・
警視庁組織犯罪対策部のエースとして正義感溢れるエリート警官・兜真矢が就任。警察官とヤクザの癒着の撲滅を目指す兜にとって数寄矢会とつながる玲二は許せない存在だった。その頃、玲二に
轟周宝からビッグミッションが!それは、極悪非道のチャイニーズマフィア・仙骨竜を叩きのめすこと。そして轟周宝とその娘にして奇跡の処女・轟迦蓮のボディガードになることだった!
まさかの任務を与えられた玲二に警察の中から海の外から、かつてない危機が次々と襲いかかる!
そしてその裏では、日本中をも巻き込むような、巨大な陰謀が動き始めていた。

“本気”と書いて“マジ”と読む男の
新たなる潜入伝説が、幕を開ける――!

出演者

生田斗真
瑛太
本田 翼
古田新太
菜々緒
上地雄輔
仲 里依紗
堤 真一 ほか

スタッフ

原作:高橋のぼる『土竜の唄』(小学館「週刊ビッグコミックスピリッツ」連載中)
監督:三池崇史
脚本:宮藤官九郎
『土竜の唄 香港狂騒曲』公式サイト
配給:東宝
2016年12月23日 全国東宝系にてロードショー
©2016「土竜の唄 香港狂騒曲」 製作委員会 ©高橋のぼる・小学館

【関連記事】
◆生田斗真×広瀬すず『先生!』竜星涼ほか、第2弾キャスト発表&地方ロケ、無事に全編終了!
◆綾野剛の“悪さ”を写真で解説!『日本で一番悪い奴ら』

Facebookコメント

Return Top