神木隆之介 松村北斗 玉城ティナ が登場!和の装いで大ヒットを祈願&高校時代のエピソードも披露し大盛り上がり!映画『ホリック xxxHOLiC』大ヒット祈願イベントレポート!

神木隆之介 松村北斗 玉城ティナ が登場!和の装いで大ヒットを祈願&高校時代のエピソードも披露し大盛り上がり!映画『ホリック xxxHOLiC』大ヒット祈願イベントレポート! イベントレポート

4月29日(金・祝)に公開の映画『ホリック xxxHOLiC』。4月14日に大ヒット祈願イベントが東京の神田明神で行われ、主演の神木隆之介さん、共演の松村北斗さん(SixTONES)、玉城ティナさんが和服姿で登壇しました!

神木隆之介 松村北斗 玉城ティナ が登場!和の装いで大ヒットを祈願&高校時代のエピソードも披露し大盛り上がり!映画『ホリック xxxHOLiC』大ヒット祈願イベントレポート!

人の心の闇に寄り憑くアヤカシが視えることで孤独に生きてきた主人公・四月一日君尋(ワタヌキキミヒロ)を演じた神木さん。「今日は素敵なお着物を着させていただき、このパワースポットで思い切りパワーを吸い取って頑張っていきたい」と意気込み、この日の着物には「本当に素敵です。感謝しかないです」と喜びのご様子。

神木さんは、撮影を通して松村さんと玉城さんとは大の仲良しとなり、撮影初日から松村さんを“まっちゃん”、玉城さんを“ティー”というあだ名で呼ぶことに決めたといいます。これに松村さんは「人生で初めて“まっちゃん”と呼ばれた。“まっちゃん”と呼ぶのは世界で唯一神木君一人です」と照れ笑いしました。

松村さん自身は神木さんのことを“神木君”と呼んでいるそうで、「神木君は『呼び方はなんでもいいよ!』と言ってくれたけれど、さすがに恐れ多い」とあだ名付けに恐縮しており、玉城さんは「親の次に“ティー”と呼んでくれた。ティーという呼び捨ては新しい」と驚くと、神木さんは「まっちゃんに対して、玉ちゃんはさすがに変だろうと思ってティー。でも『それは親から呼ばれる愛称です』と言われてビビりました」と肩をすぼめていました。

神木隆之介 松村北斗 玉城ティナ が登場!和の装いで大ヒットを祈願&高校時代のエピソードも披露し大盛り上がり!映画『ホリック xxxHOLiC』大ヒット祈願イベントレポート!

また撮影中、神木さんは「朝からの撮影で疲れたときにまっちゃんが、なかやまきんに君のモノマネをして僕らにパワーを与えてくれた。僕らからしたら、まだ元気な人がいる!頑張ろう!と思わせてくれる。ヤー!とパワー!に助けられた」と松村さん渾身のモノマネに感謝しており、当の松村さんは「元気であることが僕なりの誠意だと思って、頑張っている神木君のために、何かできないか?何かできないか?と思っていたら自然と手が上がっていった。それがなかやまきんに君のパワー!に繋がった」と舞台裏を振り返りました。玉城さんも松村さんのパワー!に癒されたそうで「場の雰囲気を作ってくださるお二人に助けられました」と感謝していました。

さらに神木さんと松村さんはロケの際に同じホテルの同じ部屋に宿泊。二人でお金を出し合ってスイートルームで一夜を共に過ごしたといいます。松村さんが「楽しみがてら同じホテルの部屋に泊まろうという話になって」と当時の状況を説明すると、神木さんも「もはやイベント発生です!ゲーム的な緊急イベント!今後話せる思い出を作りたくて『一緒にスイートに泊まらない?』と。せっかくならばやったことがないことをやって思い出を残そうと、初めてスイートに泊まりました」と補足しました。

初のスイートルームに「メチャクチャ広くてどうしたらいいのと?どこに行っても広いなと」と神木さんが驚くと、同じく初スイートルーム宿泊の松村さんも「僕は神木君の金魚のフンなので、ずっと神木君の後ろをついて回っていました」と思い出し笑いのコメント。宿泊費の割り勘案は松村さんが提案したそうで「宿泊代も真っ二つに割りましたが、そのやり取りのノリが友だちっぽくて楽しかった」と笑顔で振り返りました。玉城さんは「さすがに泊まらないだろうなと思っていたけれど、翌日二人でルンルンで撮影現場に来たので…良かったですねえ!と思いました」と二人の友情に目を細めていました。

また学生時代の話題になると、松村さんは「友達がいなくて、ずっと教科書ばかりを読んでいた。同じ高校にSixTONESのメンバーがいて、当時を振り返って『歩くリアル二宮金次郎』だったと言われた」と意外な青春時代を回想しました。高校時代をやり直すとしたら「もう少し教科書を読み込めば100点を獲れたはず」と悔しがっていました。

玉城さんは高校時代の自身を「いじられキャラだった」と表し「大人数で行動するのが苦手だったので、文化祭や球技大会をエンジョイする学生生活ができていたら…」と妄想。それに松村さんは「玉城さんは穏やかな人だけれど、いじるとなったらブチキレそう。いじられたら相手に噛みつくのではないかと思う」と少し怖がっていました。

一方の神木さんは「全員で盛り上がろうぜ!というタイプで、授業中につまらなそうな顔をしている人がいたら、この瞬間を楽しめ!と言うようなキャラだった。生徒会長になりたかったけれど、仕事で休みがちになるので叶わず、学級委員長をやっていました。もはや廊下をすれ違う人はみんな友達という感覚だった」と学生生活をエンジョイ。これにリアル二宮金次郎の松村さんは「主人公過ぎる…!」と羨望の眼差しを向けていました。

最後に主演の神木さんは「神田明神というパワースポットでのご祈祷では、大ヒットという僕らの願いを乗せていきたい」と意気込み「蜷川実花監督ならではの唯一無二のビジュアル世界で描いている作品だけれど、凄く温かいヒューマン映画でもあります。自己肯定感を高めさせてくれるので、僕自身も元気を貰えた気がしました」とアピールし、イベントを締めくくりました。

蜷川実花監督が描く究極の新体感ビジュアルファンタジー映画『ホリックxxxHOLiC』は4月29日(金・祝)公開です!

『ホリックxxxHOLiC』公式サイト
<ストーリー>
願いを叶えるには、代償が必要。
さあ、あなたの願いは?

人の心の闇に寄り憑く“アヤカシ”が視える孤独な高校生・四月一日(ワタヌキ)。
その能力を消し去り普通の生活を送りたいと願う四月一日は、ある日、一羽の蝶に導かれ、不思議な【ミセ】にたどり着く。
妖しく美しい【ミセ】の女主人・侑子(ユウコ)は、彼の願いを叶えるために、“いちばん大切なもの”を差し出すよう囁く。
同級生の百目鬼(ドウメキ)やひまわりと日々を過ごし“大切なもの”を探す四月一日に、“アヤカシ”を操る女郎蜘蛛らの魔の手が伸びる。
世界を闇に堕とそうとする彼らとの戦いに、侑子や仲間たちと共に挑んだ四月一日の運命はーー?!

<クレジット>
神木隆之介 柴咲コウ
松村北斗 玉城ティナ
趣里/DAOKO モトーラ世理奈
磯村勇斗 吉岡里帆
原作:CLAMP「xxxHOLiC」(講談社「ヤングマガジン」連載) 脚本:吉田恵里香 音楽:渋谷慶一郎 
主題歌:SEKAI NO OWARI「Habit」(ユニバーサル ミュージック)
監督:蜷川実花
配給:松竹 アスミック・エース ©2022映画「ホリック」製作委員会 ⓒCLAMP・ShigatsuTsuitachi CO.,LTD./講談社
Twitter:@xxxHOLiC_movie
Instagram: @holic_movie.official
TikTok:@xxxholic_movie

イベントレポート
シェア
CinemaGene編集部をフォロー
CinemaGene