映画『ハウ』〈飼い主は田中圭〉 “犬を愛する”青年を熱演!犬との本格初共演に歓喜!1人と1匹の“最高に幸せな瞬間”を切り取ったティザービジュアル&特報が同時解禁!!

映画『ハウ』〈飼い主は田中圭〉 “犬を愛する”青年を熱演!犬との本格初共演に歓喜!1人と1匹の“最高に幸せな瞬間”を切り取ったティザービジュアル&特報が同時解禁!! ニュース

この度、『ゼロの焦点』、『のぼうの城』などで日本アカデミー賞監督賞を受賞、日本を代表する映画監督・犬童一心さんと、『ナミヤ雑貨店の奇蹟』などで同賞脚本賞を受賞、『余命1ヶ月の花嫁』、『キセキーあの日のソビトー』など、人と人との温かい繋がりや大切な人への想いを丁寧に描き続け、本作の原作者でもある斉藤ひろしさんが初のタッグを組み、〈人と犬の絆〉を描く感動必至の感動作、映画『ハウ』が8月19日(金)に全国公開となることが決定しました!

映画『ハウ』〈飼い主は田中圭〉 “犬を愛する”青年を熱演!犬との本格初共演に歓喜!1人と1匹の“最高に幸せな瞬間”を切り取ったティザービジュアル&特報が同時解禁!!

主人公の民夫を演じるのは、『あなたの番です 劇場版』、『そして、バトンは渡された』など多くの大ヒット作で幅広い表現力で存在感を放つ田中圭さん。本作では、婚約者にあっさりフラれ、人生最悪な時を迎え途方に暮れるちょっぴり気弱な青年を熱演。

そして、もう1匹の主人公・ハウを演じるは、本作で初演技となる俳優犬のベック。民夫と運命の出会いを果たし、優しく寄り添い、そっと支えるかけがえのない存在になっていくワンと鳴けない犬を好演します。

その俳優犬・ベックを指導したのは、『南極物語』、『ハチ公物語』、『クイール』、『犬と私の10の約束』など数々の名だたる犬映画のドックトレーナーとして活躍し続けている宮忠臣さん。ベックは本作のために宮さんがトレーニングを行い、犬童監督をも唸らす最高な演技を披露しました。

本作について、本格的に犬と共演するのはほぼ初めてだという田中さんは、「僕は生まれた時から実家に犬がいた生活で、犬は一番身近にいた存在なので、(今回の作品は)嬉しかったです。」と歓喜しました。

俳優犬・ベックと共演したことについては、「ベックは無邪気なんです(笑)。しかも色も真っ白で、ピュアさみたいなものに本当に癒されました。撮影中は、心が通う瞬間があるような気がしていましたし、元気な子犬なので、向こうが、僕のことを慕って、頼りにしてくれる感覚を味わうことができました。この作品は、大切なペットがいる方は特に共感できるところがたくさんあると思います。」とよい関係が築けていたことを振り返りました。

プロデューサーの小池賢太郎さんは、田中さんの起用理由について「田中圭さんの自然体で親しみやすい温厚な雰囲気が、主人公の民夫の心優しいキャラクター性と重なり、ハウの本質、根幹とも繋がるところがあると思いました。」と語りました。

また現場では「撮影での田中さんとベックの雰囲気は、まるで、昔から一緒にいるような感じで、どこか、コンビとして、微笑ましく思えるところがあり、温かい時間の流れを感じることが出来ました。」と、まさに田中さんとベックの相性の良さがうかがえます。

自身でも犬好きと話す田中さんが、本作でハウを演じる俳優犬ベックとの”共演”がどのようなアンサンブルになっているのか、期待が高まります!

特報には、ハウと民夫が過ごした優しくて愛おしい時間がふんだんに描かれています。遊歩道でハウに飛びつかれ顔をなめられ、玄関をあければお出迎え、バスタブでは豪快に水飛沫をかけられるなど、つい笑顔になってしまう最高に幸せなハウと民夫の様子が次々と現れます。

一転、「ずっと一緒だと思ってた」という幸せな瞬間とは逆説的な言葉とともに、民夫の泣き顔が映し出され、突然の別れを予感させるシーンに変わります。ハウと民夫に何が待ち受けているのか・・・。特報の最後で描かれる「もう一度、君に会いたい」という言葉の意味とは・・・。併せて解禁されたティザービジュアルには、顔を寄せ合うハウと民夫の姿が切り取られており、この時間が永遠に続くことを願わずにはいられない気持ちにさせられます。

ハウと民夫から始まる”他人を思いやる優しさ”に包まれた、心温まる絆の物語。映画『ハウ』は、8月19日(金)から全国公開です。

<田中圭さんコメント>
僕は生まれた時から実家に犬がいた生活で、犬は一番身近にいた存在なので、(今回の作品は)嬉しかったです。この作品の脚本を読んで、言葉ではうまく伝えられない優しさがいっぱい詰まっている素敵な作品だと思いましたし、自分もちゃんとその一部に入らなければ、と良い意味でのプレッシャーが持てたと思います。

今回、ほぼ初めてここまで本格的に動物と共演したのですが、やっぱり犬はいいなぁって改めて思いました。そして、共演したベックは本当に無邪気なんです(笑)。しかも色も真っ白で、ピュアさみたいなものに本当に癒されました。

撮影中は、心が通う瞬間があるような気がしていましたし、元気な子犬なので、向こうが、僕のことを慕って、頼りにしてくれる感覚を味わうことができました。この作品は、大切なペットがいる方は特に共感できるところがたくさんあると思います。劇中のハウは本当に健気で純粋で愛がある存在です。きっとこれから作品を観てくださる方は「素敵だなぁ」と思うだろうし、ペットを飼っている方は自分の大切な存在にリンクすると思います。

ペットは、ペットという感覚ではなく、その人にとって大切な相棒でもありパートナーでもあり、本当にかけがえのない存在だと思います。逆にその子にとっても飼い主はかけがえのない存在になれる。性別とか種類とかは関係なく、お互いの〈想い〉で繋がっていられるような、そんなあたたかい部分も描いたお話しだと思うので、そこにも注目して欲しいなと思います!

<小池賢太郎さん(プロデューサー)コメント>
田中圭さんの自然体で親しみやすい温厚な雰囲気が、主人公の民夫の心優しいキャラクター性と重なり、ハウの本質、根幹とも繋がるところがあると思いました。

撮影での田中さんとベックの雰囲気は、まるで、昔から一緒にいるような感じで、どこか、コンビとして、微笑ましく思えるところがあり、温かい時間の流れを感じることが出来ました。そしてハウについては、まだ、若いこともあり、見るものすべてが新鮮なのか、やんちゃな部分も多々感じられ、毛の色もそうですが、心も真っ白で、その頃にあるだろうエネルギーの大きさに驚かられたことが印象的でした。

でも、一番驚いたのは、監督や田中さんそして、共演した役者の皆様の気持ちが、どこか分っている様子で、演技している動き、時おり見せる表情は、脚本が読めるのか?と思うほど、自然で魅力的に見えたことです。まさにハウという名優なのだなと、あらためて、感銘を受けました。

『ハウ』公式サイト
【ストーリー】
婚約者にあっさりフラれ、人生最悪な時を迎えていた役所職員・赤西民夫(田中圭)。横浜で一人空虚な日々を送る彼は、上司から飼い主に捨てられて保護犬になってしまった真っ白な大型犬を飼うことになってしまう。犬はワンと鳴けず「ハウッ」というかすれた声しか出せない。とびっきり人懐っこいこの犬を、民夫は“ハウ”と名付け、1人と1匹の優しくて温かい日々が始まった。民夫にとって最初は戸惑うことも多かったハウとの暮らしだったが、何をするにもいつも一緒な“2人”の絆は次第に深まり、いつしかかけがえのない存在となっていった。ハウと民夫の最高に幸せな時間はずっと続くと思っていたのだがー・・・。

原作:『ハウ』斉藤ひろし(朝日文庫)
出演:田中圭
監督:犬童一心 脚本:斉藤ひろし 犬童一心 音楽:上野耕路
企画・プロデュース:小池賢太郎 プロデューサー:丸山文成  柳迫成彦 企画・製作プロダクション:ジョーカーフィルムズ
製作幹事:ハピネットファントム・スタジオ 東映 配給:東映
©2022「ハウ」製作委員会
公式Twitter:@haw_movie2022
公式Instagram:@haw_movie2022

ニュース
シェア
CinemaGene編集部をフォロー
CinemaGene