ルーヴル美術館を舞台に展開される岸辺露伴最大の事件!映画『岸辺露伴 ルーヴルへ行く』 完成報告イベントの様子をお届け!

イベントレポート

相手を本にして生い立ちや秘密を読み、指示を書き込むこともできる特殊能力“ヘブンズ・ドアー”を備えた人気漫画家・岸辺露伴が遭遇する奇怪な事件に立ち向かう姿を描いた、シリーズ累計発行部数1億2千万部超を誇る荒木飛呂彦先生の大人気コミック「ジョジョの奇妙な冒険」から生まれた傑作スピンオフ「岸辺露伴は動かない」。


20年末より高橋一生を主演に迎え実写ドラマ化され、「実写化の理想系」「完成度が高すぎる」などそのクオリティを多くの原作ファンが大絶賛。

さらに、一話完結型の構造が功を奏し、人気は原作ファンに留まらずドラマファンにも大きな反響を呼んだ、その制作チームが今度はフランスと日本を股にかけ、劇場長編映画に挑みます!

ルーヴル美術館を舞台に展開される岸辺露伴最大の事件!映画『岸辺露伴 ルーヴルへ行く』 完成報告イベントの様子をお届け!


それは―美の殿堂、フランスのルーヴル美術館を舞台に展開される、荒木飛呂彦先生初となるフルカラーの読切で描かれた人気エピソードにして岸辺露伴最大の事件

最高潮の芸術とエンターテインメントが融合した極上サスペンス、映画『岸辺露伴 ルーヴルへ行く』が5 月26日(金)に公開します!



岸辺露伴演じる高橋一生さんや、露伴の担当編集・泉京香演じる飯豊まりえさん、そして原作・ドラマファンをうならせたスタッフ陣がドラマ版から続投することに加え、青年期の露伴が出会う謎めいた黒髪の女性、奈々瀬役に木村文乃さん、青年期の露伴に長尾謙杜さん(なにわ男子)、ルーヴル美術館の調査員であり東洋美術の専門家の辰巳隆之介役に安藤政信さん、ルーヴル美術館の職員として、日本から来た露伴と京香を館内へ案内するエマ・野口役に美波さんら豪華キャスト陣の出演が決定し、大きな反響を呼んでいる本作。




この度、国立新美術館にて豪華出演者&監督が一堂に会する本作の完成報告イベントを実施!



ルーヴル美術館を舞台に展開される岸辺露伴最大の事件!映画『岸辺露伴 ルーヴルへ行く』 完成報告イベントの様子をお届け!


高橋一生さん、飯豊まりえさん、長尾謙杜さん(なにわ男子)、安藤政信さん、そして渡辺一貴監督が出席。

完成したばかりの本作や公開に向けての想い、ルーヴル美術館をはじめ日本とフランスを股にかけ数多くの名所で行われた撮影時の貴重なエピソードを多数披露!

国立新美術館の厳かな雰囲気にも包まれながら、長年「岸辺露伴」シリーズを作り上げてきたお馴染み
のメンバーと、映画から登場する新キャストとの新鮮な化学反応も見られ、高橋さんを筆頭に完成を迎えた喜びを胸に感無量の様子で挨拶しました。


ルーヴル美術館を舞台に展開される岸辺露伴最大の事件!映画『岸辺露伴 ルーヴルへ行く』 完成報告イベントの様子をお届け!

人気漫画家・岸辺露伴役の高橋さんは、昨日完成した本作について

これから我々の手を離れてお客様の元に届くのかと思うとなんだか奇妙な気持ちであります。そして作品自体も奇妙で素敵な作品に仕上がりました

と胸を張って報告。

ドラマシリーズの撮影中に渡辺監督と映画化の可能性について、ジョーク交じりに雑談レベルで話していたこともあったそうで、

ドラマがシリーズ化する間に『ルーヴルへ行く』の話が自然と入ってきた気がしたので、映画化については特別に『おお!』とならなかったのが功を奏した。制作の各部と『次はどのエピソードを作りたいか?』と話していた雑談が本当になっていく感覚は不思議

と実現を喜んでいました。



ルーヴル美術館を舞台に展開される岸辺露伴最大の事件!映画『岸辺露伴 ルーヴルへ行く』 完成報告イベントの様子をお届け!

露伴の担当編集で取材に同行する泉京香役の飯豊さんは

監督から『フランス語を喋らないとフランスロケには行けない』と言われたので(笑)、自分は留守番なのかと思った

とドキドキしながらも「無事、フランスに行けました!」と満面の笑み。



渡辺監督はシリーズ初の映画化に

妄想トークをしている中で自然と映画化に至ったという不思議な感覚がありますね

と運命を感じていました。



漫画家デビューしたばかりの青年時代の露伴役を演じた長尾さんと、ルーヴル美術館で見つかった収蔵品の調査員で東洋美術の専門家・辰巳隆之介役の安藤さんは『岸辺露伴』シリーズ初参戦組。

ルーヴル美術館を舞台に展開される岸辺露伴最大の事件!映画『岸辺露伴 ルーヴルへ行く』 完成報告イベントの様子をお届け!

ルーヴル美術館を舞台に展開される岸辺露伴最大の事件!映画『岸辺露伴 ルーヴルへ行く』 完成報告イベントの様子をお届け!


原作ファンで連ドラシリーズも一視聴者として観ていたという長尾さんは

いずれかは僕も…という感覚なんてまったく無かったのでビックリした。自分が携わらせていただく
驚きと、映画化という 2 つの驚きがありました

とオファーにビックリしたそうです。


安藤さんは完成されたチーム感の中に飛び込むことに不安を抱いていたというも

自分のとっつきづらさを皆が受け入れてくれる雰囲気が嬉しくてそこに感謝。『岸辺露伴』シリーズが長く続けてこられたのは、スタッフ&キャストがこの作品を愛していることと、こういった温かさと懐の広さがあるから

と仲間入りにしみじみしていました。



さらにこちらも映画からの新キャスト、「黒い絵」の噂を知る謎めいた女性・奈々瀬役の木村文乃さんは、残念ながらこの日の登壇は叶いませんでしたが、ビデオメッセージが届き、

今まで経験したことない未知の世界に足を踏み入れるのも面白い気がして飛び込みました

と声を弾ませていました。



劇場版としてのスケールアップを物語るように、シリーズ史上最大の規模でパリ&ルーヴルロケを敢行。現地スタッフについて高橋さんは

この作品を好いてくれている感覚が伝わって来て、日本チームと変わりないくらいのチームワーク、スタッフワークでみなさんが馴染んでいた。そこに我々が飛び込んでいく感覚。素晴らしくプロフェッショナルな仕事を見せてもらい、安心してリラックスしてお芝居が出来た

と回想し、現地のエキストラがアドリブで『ジョジョの奇妙な冒険』的セリフを発している姿にも感銘を受けて

みんなで愛を持って作品作りをされているのを感じて幸福な気分になりました

と痺れていました。



飯豊さんは、閉館後のルーヴル美術館貸し切り状態での撮という豪華な状況に

人のいないルーヴル美術館の中を、役の衣装になって入らせていただき、モナ・リザの前でお芝居できたことは夢のよう

と語り、また凱旋門をバスの中から眺めるシーンでは、ベストの瞬間を狙うために凱旋門の周りをバスで50周もしたそうで

後にも先にも凱旋門の周りを50周も回れることはないので、貴重な経験をさせていただきました

と笑い、渡辺監督も

信号を止めることができないので撮影タイミングを待ってバスでグルグル。一生分の凱旋門を見ました

とこちらも笑顔で語りました。


一方、安藤さんは移動の車中が印象的だったようで

ホテルで衣装に着替えて移動の車中からヨーロッパの美しい夜景を見ながらルーヴル美術館に向かう。その高揚感がありました。しかも隣には露伴(高橋)がいて…。カッケエ!と思った

と思い出していました。



一方、日本のみでの撮影となった長尾さんは、地方ロケの際に自身の撮影の休みを使って高橋さんの撮影現場を見学しに行ったそうです。

長尾さんは

一生さんが芝居をされるのを間近で見られて勉強になった

と喜ぶものの

ただ私服で現場に行ったので一生さんに挨拶しても気づかれず、3 回目くらいで『あ!長尾さんですか?』と。スタッフさんと勘違いされていたみたいです(笑)

とまさかのハプニングを暴露。


その高橋さんは気が付かなかったのは芝居に集中しすぎたせいと反省の弁を述べつつ

あれ?と後で考えて『今のって長尾さんだったのでは!?』となった。周りが見えていなかった中年だと思う

と自虐も、当の長尾さんは「一生さんに気付いてもらい、挨拶できたのは一生の思い出です」とポジティブに捉えていました。



最後に高橋さんは

起承転結や物語のストーリーに一本の軸が入っている作品の流れとは、一味も二味も違うような、オムニバスのようでいてすべてが繋がっていて、ある意味新しいかもしれないが、どこか古き良き日本的なところを感じるような映画です。

『岸辺露伴 ルーヴルへ行く』というタイトルですが、血脈の物語であり、自分自身に返ってくるような話でもある。まったく別の話が流れていると思いつつも、最後は一つに集約していくような奇妙な不思議で素敵な物語。

サスペンスでありホラーであり、ヒューマンであり、カテゴリー別けはできません。映画として自分の理想が随所に詰まっているような素敵な作品です。普段は自分の作品を何度も観るようなことはないのですが、昨日初号を観たときに一定の距離感を持って作品を観られた気がします。

それは卓越したスタッフワークと監督の演出手腕とキャストの皆さんが作り上げてくれた世界の中で自由に泳いでいられたから。その静謐な世界観を皆さんに感じてもらえたら嬉しいです

と劇場公開に向けて熱弁していました。



これさえ見ておけば、【岸辺露伴】の予習・復習は完璧―!他に類を見ない独自の世界観と深淵なる魅力を60秒にぎゅっと凝縮!


映画『岸辺露伴 ルーヴルへ行く』特別映像:60秒でわかる岸辺露伴の世界 【5月26日(金)公開】


本作の主人公は、人の心や記憶を本にして読み、書き込まれた命令には逆らう事ができなくなる特殊能力“ヘブンズ・ドアー”を持つ人気漫画家・岸辺露伴(高橋一生さん)。

本特別映像では、まず、“ヘブンズ・ドアー”の解説から、露伴の担当編集でありバディ的な立ち位置で絶妙な掛け合いを魅せる・泉京香(飯豊まりえさん)とともに、漫画のリアリティの追求や新たなアイデアを生み出すために訪れた様々な取材先で、数々の奇妙な事件に立ち向かってきた過去が語られます。


そして今回、露伴と京香は初めて日本を飛び出し、芸術の都・パリへ!

古今東西の歴史ある美術品が集結した美の殿堂・ルーヴル美術館を舞台にした“岸辺露伴最大の事件”が、過去最大のスケールで紐解かれていく様子が本作の大きな見どころです。


何より、1話完結型で1つ1つのエピソードを独立して楽しめるのがこのシリーズの特徴であり、この映画ではじめて【岸辺露伴】の世界に触れる方も心配ご無用、この60秒の映像をチェックしておくことで一気に【岸辺露伴の世界】に足を踏み入れることができるはず!



また、映像の後半で描かれる、漫画家デビューしたばかりの若き露伴(長尾謙杜さん)が謎の女性・奈々瀬(木村文乃さん)から聞いた「この世で最も黒い絵」の噂。

時は経ち、新作執筆の過程で、その絵がルーヴル美術館に所蔵されていることを知った露伴は取材とかつての慕情のためにフランスを訪れます。


しかし、不思議なことに美術館職員すら「黒い絵」の存在を知らず、データベースでヒットした保管場所は、今はもう使われていないはずの地下倉庫「Z-13 倉庫」でした。


そこで露伴と京香は、かつて経験したことのない、あまりにも恐ろしく奇怪な出来事に遭遇していきます…。



舞台となるルーヴル美術館を始め、エトワール凱旋門やシャンゼリゼ通りなど大規模なパリロケを敢行して撮影された美しい映像とともに、最高峰の芸術とエンターテインメントが融合した極上サスペンスとなっており、まだ見ぬ方は【岸辺露伴】の世界の予習に、ファンの皆さまは岸辺露伴の世界のおさらいと更なる映画への期待を胸に、ぜひこの特別映像をチェックして、本作を劇場の大スクリーンで心ゆくまでご堪能いただきたいです!


フランスのルーヴル美術館を舞台に展開される、荒木飛呂彦初となるフルカラーの読切で描かれた人気エピソードにして岸辺露伴最大の事件を実写映画化した、『岸辺露伴 ルーヴルへ行く』は5月26日(金) より公開です!!


【ストーリー】


特殊能力を持つ、漫画家・岸辺露伴は、青年時代に淡い思いを抱いた女性からこの世で「最も黒い絵」の噂を聞く。

それは最も黒く、そしてこの世で最も邪悪な絵だった。時は経ち、新作執筆の過程で、その絵がルーヴル美術館に所蔵されていることを知った露伴は取材とかつての微かな慕情のためにフランスを訪れる。
しかし、不思議なことに美術館職員すら「黒い絵」の存在を知らず、データベースでヒットした保管場所は、今はもう使われていないはずの地下倉庫「Z-13倉庫」だった。


そこで露伴は「黒い絵」が引き起こす恐ろしい出来事に対峙することとなる…


【クレジット&ビリング】                                   
出演:高橋一生  飯豊まりえ / 長尾謙杜 安藤政信 美波 / 木村文乃
原作:荒木飛呂彦「岸辺露伴 ルーヴルへ行く」(集英社 ウルトラジャンプ愛蔵版コミックス 刊)
監督:渡辺一貴
脚本:小林靖子
音楽:菊地成孔/新音楽制作工房
人物デザイン監修・衣裳デザイン:柘植伊佐夫
製作:『岸辺露伴 ルーヴルへ行く』 製作委員会
制作プロダクション:アスミック・エース、NHKエンタープライズ、P.I.C.S. 
配給:アスミック・エース


© 2023「岸辺露伴 ルーヴルへ行く」製作委員会

© LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社
■公式サイト:kishiberohan-movie.asmik-ace.co.jp