CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

神木隆之介主演、2部作実写化『3月のライオン』第3弾キャスト発表!

羽海野チカ原作の国民的人気コミック「3月のライオン」を、『るろうに剣心』シリーズの大友啓史監督が、実写・アニメ問わず出演作が大ヒットを記録している神木隆之介くんを主演に迎え、2部作で実写化する映画『3月のライオン』。

主演の神木隆之介くん

主演の神木隆之介くん

先日、佐々木蔵之介さん(島田開役)、伊藤英明さん(後藤正宗役)、加瀬亮さん(宗谷冬司役)、倉科カナさん(川本あかり役)、清原果耶ちゃん(川本ひなた役)、前田吟さん(川本相米二役)、有村架純ちゃん(幸田香子役)、豊川悦司さん(幸田柾近役)ら主役クラスの超豪華キャストが解禁され、SNSなどで「完璧な配役!」「神キャスティング!」と話題に。

神キャスティングに公開が待ちきれない!

神キャスティングに公開が待ちきれない!


それと同時に、ほかにも数多くの魅力的なキャラクターが存在する原作だけに「一体あの役は誰が演じるのか!?」と次なるキャスト発表を心待ちにしていたと思いますが、今回第3弾!追加キャストが発表されました!
第3弾キャストは個性派・演技派が集結!

第3弾キャストは個性派・演技派が集結!

(上段左から)
零の心をかき乱す棋士・安井学役:甲本雅裕さん
先輩プロ棋士コンビ・三角龍雪(愛称スミス)役:中村倫也さん
先輩プロ棋士コンビ・松本一砂役:尾上寛之さん
(中段左)
主人公・零が通う高校の教師・林田高志役:高橋一生さん
主人公・零役:神木隆之介くん
川本家を見守る三姉妹の叔母で、プロ棋士たちが集うクラブのママでもある美咲役:板谷由夏さん
(下段左)
零に立ちはだかる新人戦決勝の相手・山崎順慶役:奥野瑛大さん
日本将棋連盟の会長・神宮寺崇徳役:岩松了さん
60歳を越えてもA級で活躍する現役最年長の棋匠・柳原朔太郎役:斉木しげるさん

日本映画界に欠かせない個性派・演技派が勢ぞろいしました。
今回の出演について、人気急上昇で大注目の高橋一生さんは、「大友組の素敵な世界観の中で、原作のように温かく、それでいて映画的な時間を過ごせました。作品を観てくださった方たちが、どう感じてくださるか、今から楽しみです。」とコメント。

【前編】は[春休み]2017年3月18日(土)、【後編】は[GW]4月22日(土)と、堂々の2部作連続公開も決定!
今後、第4弾キャスト発表も控えているそうで、期待が高まる『3月のライオン』から目が離せません!

『3月のライオン』ストーリー

人生を闘う者たちへ――才能と激情がぶつかり合う“将棋”の世界で、
すべてを失った孤独な少年の≪愛・青春・家族≫を取り戻す闘いがはじまる!

中学生という異例の若さで将棋のプロとしてデビューし、東京の下町にひとりで暮らす17歳の棋士、桐山 零(きりやま れい)。彼は、幼い頃に両親と妹を交通事故で亡くし、孤独を抱え、来る日も来る日も、すがりつくように将棋を指し続けた。そんなある日、零は同じ下町に住む三姉妹・川本あかり、ひなた、モモと出会う。それは、将棋盤以外の“自分の居場所”との出会いでもあった…。激しい才能と激情がうごめく棋士たちの生きる将棋の世界と、陽だまりのような川本家の食卓。数々の対局とあたたかな人々との交流を通じ、零は棋士として、人として、ある覚悟を決めていく――。

監督:大友啓史
原作:羽海野チカ「3月のライオン」(白泉社刊・ヤングアニマル連載)
脚本:岩下悠子 渡部亮平 大友啓史
制作プロダクション:アスミック・エース、ROBOT 
配給:東宝=アスミック・エース
©2017 映画「3月のライオン」製作委員会

Facebookコメント

Return Top