CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

いまどきのサメは空だって飛んじゃいます。カルト的な人気を誇るB級サメ映画の謎

Sharknado 2 (2014) Ian Ziering
出典:http://www.techtimes.com/

サメが登場する映画といえば、やっぱりパニック映画ですね。『JAWS/ジョーズ』を筆頭に数々ありますが、中にはとんでもない設定のサメ映画も。ありえない!と思いつつ、見始めたらはまってしまう、そんな知る人ぞ知るB級サメ映画を紹介します。

大人気「メガ」シリーズの最新作!『メガ・シャークVSグレート・タイタン』

滅びたはずのメガ・シャークの卵から再生された、新たなるメガ・シャークが暴れだします。一方、旧ソ連が対アメリカように発明していた、巨人型兵器「コロッサス」が動き出します。メガ・シャークと戦う人類は、コロッサスをうまくおびき寄せてメガ・シャークと戦うように仕向ける作戦をとることに…。

2009年『メガ・シャークVSジャイアント・オクトパス』から始まったメガ・シャークシリーズ最新作がこの『メガ・シャークVSグレート・タイタン』です。模倣映画で有名なアサイラム社が手がけました。登場する巨人型兵器が、日本のあのアニメの巨人に似ていると話題になりました。

サメ?狼?合体生物同士が戦う『シャークトパス VS 狼鯨』

サメとタコが合体してできた生物兵器「シャークトパス」。人類はそれに立ち向かうために、新たな合体生物を作り出しました。それが、シャチとオオカミの遺伝子を人間に組み込んだ「狼鯨」。この2大モンスターの戦いの行く末は…?

2010年『シャークトパス SHARKTOPUS』、2014年『シャークトパス VS プテラクーダ』に続く、B級映画の帝王と呼ばれるロジャー・コーマン制作作品。アメリカ軍が生んだサメとタコの合体生物兵器シャークトパスと、マッドサイエンティストの手により生み出されたシャチとオオカミの合体生物、ホエールウルフの対決は、予告編にもあるように説明は不要です。

サメは竜巻と共にやってくる『シャークネード』

100498_002
出典:http://www.amazon.co.jp/

カリフォルニアのビーチに、巨大な竜巻が接近してきます。しかも、それと共に海中のサメたちが数えきれないほどやってきたのです。人々は逃げ惑いますが、犠牲を出しながら竜巻は進みます。洪水に見舞われたロサンゼルスは、侵入したサメに襲われます。しかも追い打ちをかけるように、竜巻に巻き上げられたサメが空から降ってくる事態に。

こちらの作品は、メガ・シャークシリーズと同じアサイラム社制作です。
陸から空から襲うサメという奇想天外さが人気を呼び、2作目、3作目が制作されています。

ここまでいったらもう逃げられません『ゴースト・シャーク』

100498_003
出典:http://www.amazon.co.jp/

怖い映画なら、幽霊は外せない…ということで、サメと幽霊が一緒になった映画です。
人間の勝手な都合で殺されてしまったサメは成仏できず、幽霊になり復讐の鬼と化します。
「ゴースト・シャーク」となったサメは、青白く半透明で見た目こそきれいですが、凶暴性が増し、水のあるところならどこにでも現れます。水道、浴槽、水たまり…。
神出鬼没のサメに、打つ手はあるのでしょうか。

ふたつの頭で恐怖も2倍『ダブルヘッド・ジョーズ』

100498_004
出典:http://www.amazon.co.jp/

大学の研究合宿でソロモン諸島に向かうクルーザー。突如彼らを襲ったのは、巨大なサメでした。しかも、頭がふたつある「ダブルヘッド・ジョーズ」。
無人島に避難した彼らは、またもやサメに襲われます。さらに、地震が頻発し始め危機的な状況に。島が沈み始めたのです。

双頭のサメは話題となり、この作品の3年後にはその上をいく『トリプルヘッド・ジョーズ』が公開されています。

サメを超えたサメで、人気継続中のB級サメ映画

100498_005
出典:http://www.radiotimes.com/

コアなファンを獲得しているサメ映画は、プラスびっくり要素が不可欠のようですね。
そしてきっちりとパニック要素もあり、迫りくる恐怖、容赦ない襲撃などのハラハラドキドキ感がたまりません。考えながら見てはだめなんです。ただただ楽しむために、そして見ているうちに癖になっちゃうようなサメ映画、たまにはいかがでしょうか。

『メガ・シャークVSグレート・タイタン』
(C)2015RED ROBOT MOVIE, LLC. All Rights Reserved

『シャークトパス VS 狼鯨』
©2015 Emerald City Pictures, LLC All Rights Reserved

Facebookコメント

Return Top