CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

遅咲きの演技派俳優、マイケル・ファスベンダー出演の見逃せない代表作品

100661_001
出典:http://asteroidcowboy.blog64.fc2.com/

マイケル・ファスベンダーは、1977年にドイツで生まれました。テレビ映画でこの世界に入り2007年『300<スリーハンドレッド>』でスクリーンデビュー。その後、『それでも夜は明ける』でアカデミー賞助演男優賞にノミネートされるなど、その演技力は名監督たちを唸らせるものです。
ここに来て、ぐっと露出の増えてきたマイケル・ファスベンダーの出演作を紹介します。

わずかな勇士たちが大群に立ち向かう『300 <スリーハンドレッド>』

100661_002
出典:http://www.screengeek.net/

紀元前480年、古代ギリシャの都市スパルタでは王レオニダスが国を統治していました。ある時、ペルシャ帝国から服従しなければ国を滅ぼすとの知らせが届きます。ペルシャ帝国は100万の大軍を有し、勝ち目はないと誰もが思います。しかし、レオニダスは300人の仲間を集め、戦うことを決意するのでした。

若き戦士・ステリオスとして、すばらしい肉体美を披露しているファスベンダー。スクリーンデビューが、この『300 <スリーハンドレッド>』です。

ナチスも恐れる、ならず者部隊『イングロリアス・バスターズ』

100661_003
出典:http://www.dailyactor.com/

第二次世界大戦のさなか。ナチスの占領下で、打倒ナチスを掲げる米陸軍のレイン中尉の部隊は、”バスターズ”と呼ばれ、ドイツ軍から恐れられていました。
ある時、ドイツ軍の兵士・フレデリックがみずから主演した映画を上映したいと、とある映画館へやってきます。しかし、館主のショシャナは幼い頃ドイツ軍に家族を皆殺しにされた過去を持つ女性。ヒトラーはじめナチスが鑑賞に集まった時に、映画館に火を放とうと企むのでした。

『キル・ビル』などのクエンティン・タランティーノ監督、ブラッド・ピット主演。タランティーノ作品最大のヒット作です。ファスベンダーはイギリス軍中尉として出演しています。

X-MENの始まりを描いた3部作のエピソード1『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』

X-MEN   FIRST CLASS
出典:http://collider.com/

テレパシーで人の心を読むことができるチャールズは、変身能力を持つ少女・レイブンとともに暮らしながら、大学で突然変異の研究をしていました。ところが、能力者たちを集めて世界を支配しようとするシュミット博士の存在を知ります。
同じ頃、幼少期に両親を殺された能力者・エリックは、復讐するためシュミット博士を探していました。そして、後のマグニートーとプロジェクターXとなるチャールズとエリックは、運命の出会いをするのです。

『X-MEN』シリーズ5作目にして、エピソードとしては最初となる作品。X-MENという組織がどのようにしてできたのかを描いています。ファスベンダーはエリックとして出演。新たなる3部作すべてで存在感を見せています。

アメリカの奴隷制度の真実に驚愕『それでも夜は明ける』

1841年、ニューヨーク州サラトガに住む黒人であり音楽家のノーサップは、ある日見知らぬ男たちに拉致されてしまいます。そして奴隷として売られてしまった彼は、白人たちからひどい仕打ちを受けることに。しかし、機転を利かせて乗り越えていく彼は、どうにか妻子の元に戻ることだけを考えて生き抜いていきます。そして、12年の月日が流れたある日、ノーサップは奴隷制反対を唱える白人男性と出会うのでした。

アカデミー賞作品賞を受賞した作品です。そのほかにも数々の映画賞にノミネートされ、多くの賞を獲得しています。人種差別をし、ノーサップを虐待するひどい白人男性を演じたファスベンダー。これほど重要な物語に参加でき、また重要な役柄をもらえて光栄だと話しています。

世界が注目したプレゼンテーションの舞台裏『スティーブ・ジョブズ』

Apple社・Macintoshの製品発表会が始まる40分前。動くはずのマシンが動きません。周りはあきらめるよう言うのですが、ジョブズは突然突拍子もない要求を言い出し…。

幾度となく映画の題材になっているスティーブ・ジョブズ。2013年に公開されたアシュトン・カッチャー主演『スティーブ・ジョブズ』は、ジョブズが学生の頃にガレージをオフィスとして設立したApple社が、世界を代表する一流企業に成長していく様子を描きました。
そしてこの2015年の作品は、ファスベンダーを主演に迎えて、製品発表会の舞台裏にスポットを当てています。一大ショーとも呼べる洗練された演出と話術で、その度に世界を沸かせたスティーブ・ジョブズの3つのプレゼンテーション。その直前の様子を映画化した作品です。

とうとう最終章!神と呼ばれるミュータント登場『X-MEN:アポカリプス』

数千年の眠りから覚めた、アポカリプス。長らく神とあがめられ人類の上に君臨してきた彼は、ミュータントたちを集め世界を自分の思う通りに立て直すために、邪魔者たちを全滅させるよう指示します。
プロフェッサーXたちはアポカリプスに対抗し、かつては敵だったマグニートも共に戦うことを決意するのでした。

『X-MEN』シリーズ完結編となる作品。監督のブライアン・シンガーは、ファスベンダーの迫真の演技を見てモニター越しに涙を流したというエピソードもあります。

Jobs_main

迫真の演技で魅せる存在感とそのオーラは、まさにハリウッドのスター!ますますかっこよく、セクシーになったマイケル・ファスベンダーの過去作品を、是非振り返ってみてください!

『300 <スリーハンドレッド>』
©2007 Warner Bros. Entertainment Inc.

『イングロリアス・バスターズ』
© 2009 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED.

『それでも夜は明ける』
©2013 Bass Films, LLC and Monarchy Enterprises S.a.r.l. in the rest of the World. All Rights Reserved.

『スティーブ・ジョブズ』
©2015 Universal Studios

『X-MEN:アポカリプス』
2016年8月 全国ロードショー
©2016 MARVEL & Subs. © 2016 Twentieth Century Fox

Facebookコメント

Return Top