CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

2016年は彼女の年!主演映画作品が続々と決定中の小松菜奈をピックアップ!

映画『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』より

映画『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』より

ファッション誌のモデルとしてデビューした小松菜奈さんは、すらりと背が高くどんな服でも着こなしてしまう、女子達の憧れの存在!綺麗なのに親近感があり、アンニュイな雰囲気を持つ彼女は、CMにも多数出演しています。
2016年の年明けに行われた「日本ジュエリーベストドレッサー賞」ティーン部門を受賞し、ますます美しくなっていく小松菜奈さんの近年の出演映画を紹介します。

高校生漫画家が連載を勝ち取るために大奮闘『バクマン。』

高校生のシュージン(神木隆之介)は、話を作るのは得意だけれど絵が描けない…ということで、絵のうまいサイコー(佐藤健)に、「コンビを組んで漫画家になろう」と持ちかけます。亡き叔父が漫画家であり自身もその夢を捨てきれずにいたサイコーは、2人で週刊少年ジャンプの連載を持てるようなヒット作を作ろうと誓います。そしてサイコーは、憧れの亜豆美保(小松菜奈)と「お互いの夢が叶ったら結婚しよう」と約束し、ジャンプ編集部に作品を持ち込みます。天才と言われる高校生漫画家の新妻エイジ(染谷将太)などのライバルたちと切磋琢磨し、やっと連載を持てることになるのですが…。

清楚な少女ですが声優になる夢に向かって懸命に進む亜豆美保を、小松さんが演じています。

白黒2人のイケてる王子とドキドキ寮生活『黒崎くんの言いなりになんてならない』

AC_3695

中学時代は地味な女子だった赤羽由宇(小松菜奈)は、高校でイメチェンをし恋にも積極的。白王子こと白川タクミ(千葉雄大)のことが気になるのですが、由宇にちょっかいを出してくるのは黒王子こと黒崎晴人(中島健人)でした。由宇は家の事情で学生寮に入ることになるものの、白黒2人の王子に惑わされっぱなし。副寮長の黒王子にはファーストキスを奪われてしまいます。

Sexy Zoneの中島健人さん、千葉雄大さんという2人のイケメンに翻弄される赤羽由宇を、小松さんが演じました。どんどん綺麗になる彼女にご注目ください。
【関連記事】:『黒崎くんの言いなりになんてならない』魅力が満載!小松菜奈ちゃんのインタビューはこちら!

普通の男女が自警団で悪い奴らをやっつける『ヒーローマニア-生活-』

フリーターの中津(東出昌大)は、ある日であった土志田(窪田正孝)、カオリ(小松菜奈)、日下(片岡鶴太郎)と共にチームを作って、悪事を働く者を懲らしめる活動を始めます。それは少しずつ人々の知るところとなり、「ともしび総合警備保障」を設立します。メンバーも増やし安い金額で警備を行い、どんどん評判になっていくのでした。しかしメンバーの中には秩序を乱す者たちも現れます。

400dpi-CARD-

小松さんが演じたのは、情報収集能力を持つカオリ。おさげ髪にメガネという地味な格好で、メモを取りまくる女子高生です。劇中では過激なセリフもあり、東出昌大さん、窪田正孝さんと共にはじけた演技を見せています。

殴り殴られ”生”を実感する男の行く末『ディストラクション・ベイビーズ』

身寄りもなくたった1人で喧嘩に明け暮れる泰良(柳楽優弥)は、見知らぬ通行人を相手に暴力沙汰を起こし続けます。それを見て心を動かされた高校生の裕也(菅田将暉)は、泰良と共に行動を始めます。2人の暴力はどんどんエスカレートし、キャバクラ嬢の那奈(小松菜奈)を拉致し車で逃げ去ります。警察に追われる身となった彼らは那奈に運転させた車で人を轢いてしまい、事態はどんどん悪化していくのでした。

小松さん⑧

キャバクラ嬢の那奈を演じた小松さん。柳楽優弥さんが泰良、菅田将暉さんが裕也というキャスティングで、小松さんは彼らに痛めつけられ心が壊れていく少女を熱演しました。

衝動的に惹かれ合う10代の孤独な男女『溺れるナイフ』

東京で雑誌モデルとして活躍していた少女、夏芽(小松菜奈)。父親の故郷の田舎へ引っ越すことになります。ところがその美しさは周りから浮いてしまい、なかなか生活になじむことができません。
ある時、自分と同じく孤独なコウ(菅田将暉)と出会います。地主の息子であり、聡明で自由奔放に生きるコウに夏芽は惹かれていきます。コウもまた夏芽のことを愛するようになるのでした。

150925_0399s

伝説の少女コミックを映画化した、2016年11月5日(土)に公開予定の話題作。『ディストラクション・ベイビーズ』に続き、菅田将暉さんと共演を果たしています。不器用な2人が、少しずつ近づき心を通わせるようになる過程は胸キュンもの!小松さん演じる夏芽の、張り裂けそうな思いが伝わってくる作品です。
【関連記事】:小松菜奈×菅田将暉の魅力を解説!映画『溺れるナイフ』をより楽しめる予習すべき作品もあわせてご紹介!

始まりと終わり…2人が感じる時間に隠される秘密『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』

電車で見かけた愛美(小松菜奈)に一目ぼれをした高寿(福士蒼汰)。付き合うことになった2人は、ごく普通のカップルでした。しかし、愛美はいつもなぜかさみしそうなのです。そしてある時、高寿は愛美の秘密を知り、愕然とします。

2016年12月公開予定の作品。『アオハライド』などの三木孝浩監督がメガホンをとりました。美しい京都の町で繰り広げられる、福士蒼汰さん演じる高寿と小松さん演じる愛美の切ない恋の物語です。

映画『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』より

映画『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』より

話題となった映画には小松菜奈あり!というほど、ヒット作に恵まれている彼女。まだ出演本数は多くないものの、どの作品でもハッとする存在感を出しています。若手の代表としてこれからの日本映画を引っ張っていく女優、小松菜奈さんに注目ですね!

『バクマン。』
©2015映画「バクマン。」製作委員会

『黒崎くんの言いなりになんてならない』
©「黒崎くんの言いなりになんてならない」製作委員会

『ヒーローマニア-生活-』
©福満しげゆき・講談社/映画「ヒーローマニア-生活-」製作委員会

『ディストラクション・ベイビーズ』
©2016「ディストラクション・ベイビーズ」製作委員会

『溺れるナイフ』
©ジョージ朝倉/講談社 ©2016「溺れるナイフ」製作委員会

『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』
2016年12月17日(土)公開
©2016「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」製作委員会

【関連記事】
◆怒号のような歓声に包まれた『溺れるナイフ』完成披露試写舞台挨拶
◆『黒崎くんの言いなりになんてならない』小松菜奈さんインタビュー

Facebookコメント

Return Top