CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

松本潤×ヒロイン:有村架純×監督:行定勲 禁断の純愛物語『ナラタージュ』映画化!

2006年版「この恋愛小説がすごい」1位に輝いた、島本理生原作の恋愛小説「ナラタージュ」を松本潤×ヒロイン・有村架純×監督・行定勲で映画化、2017年秋に東宝=アスミック・エース共同配給で公開することが発表されました!

作家・島本理生が20歳のときに執筆した20歳の若さで執筆した、狂おしいほど純粋に禁断の恋に落ちる二人を描いた恋愛小説「ナラタージュ」が原作。タイトルの“ナラタージュ”とは、映画や演劇において人物の語りや回想によって過去を再現する手法のこと。
その意味の通り、ヒロインの回想によって構築されたこの小説は、第18回山本周五郎賞候補にも選ばれた作品。

累計発行部数35万部の小説「ナラタージュ」

累計発行部数35万部の小説「ナラタージュ」


発売から11年。原作に出会ってから長年にわたり映画化を熱望し、企画・構想を温めてきた、恋愛映画の名手・行定勲監督によって映画化されます。

禁断の純愛物語を紡ぐのはこの2人

主人公:葉山貴司(はやま たかし)役には松本潤さん。
『花より男子F』や『陽だまりの彼女』など、これまでの恋愛映画で見せてきたまっすぐな青年役とは違う、許されない恋に悩みながらも思いに抗えない高校教師・葉山を演じます。
葉山を全身全霊で愛する20歳の工藤泉(くどう いずみ)役には有村架純ちゃん。
全てを捧げてもいいと思える恋に、身も心もさらけ出し突き進む女子大生を、体当たりの演技で挑みます。

松潤との究極の恋に落ちる有村架純ちゃん

松潤との究極の恋に落ちる有村架純ちゃん

■今回初共演の2人からコメント
葉山貴司(はやま たかし)役:松本潤さん
行定監督がこの映画で描きたいと仰ったテーマに強く共鳴し、ただいま撮影に参加させてもらっています。
恋愛というのは、感じ方や受け取り方が人それぞれ違うモノだと思います。
でも人の心が人の心を動かす瞬間は誰もが共感してもらえるモノだと信じています。
有村さんと一緒に、清らかであるのと同じ程、苦しい心模様を表現していきたいです。
キャスト含む、全スタッフ一丸となって頑張ります。

工藤泉(くどう いずみ)役:有村架純さん
映画「ナラタージュ」に出演させていただく事が決まり、出演が決まってからとても楽しみにしていました。
新しい環境での撮影に「刺激的な夏になる」と感じております。
この作品は普遍的な愛を描いていきます。大人とか子供とか関係なく一人の女性として一人の男性に愛を注いでいくのですがそのとても繊細な恋愛模様を大切に大切に演じていきたいと思います。
観終わった後に皆さんの心に何か残せるよう、キャスト、スタッフ皆で精一杯頑張ります。

『ナラタージュ』ストーリー

大学2年生の春。泉のもとに高校の演劇部の顧問教師・葉山から電話がかかってくる。葉山は泉に、演劇部の後輩の為に、卒業公演に参加してくれないかと誘う。
葉山は、高校時代、学校に馴染めずにいた泉を助けてくれた教師だった。卒業式の日の葉山との誰にも言えない思い出を胸にしまい、彼を忘れようとしていた泉だったが、一年ぶりに再会し、押さえていた気持ちが募っていく。叶わないとわかっていながらも、それでも抑えきれない葉山への恋心。葉山もまた泉への複雑な感情を抱えていた。
やがて、大きな事件が起こり、ふたりの想いがぶつかりあったとき、それは痛みすらも愛おしい逃れることができない恋となっていたー。

一生に一度しか巡り会えない、永遠に心に刻まれる狂おしいほどの恋を描いた『ナラタージュ』。
本作は7月初旬にクランクイン、劇場公開は2017年秋予定です。
今後も情報が入り次第、更新していきます!

映画『ナラタージュ』
出演:松本潤 有村架純
監督:行定勲(『世界の中心で、愛をさけぶ』『春の雪』『ピンクとグレー』)
脚本:堀泉杏
企画プロデュース: 小川真司 (『ジョゼと虎と魚たち』『陽だまりの彼女』『ピンクとグレー』) 
原作:島本理生「ナラタージュ」(角川文庫刊)
配給:東宝 アスミック・エース

Facebookコメント

Return Top