CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

藤原竜也と伊藤英明W主演&初共演!衝撃の問題作『22年目の告白―私が殺人犯です―』公開決定

美しき殺人告白者と22年間事件を追い続ける刑事を描いた衝撃のサスペンスエンターテインメント大作『22 年目の告白―私が殺人犯です―』が2017 年初夏に全国公開することが発表になり、殺人手記を出版した美しき殺人犯役には藤原竜也さん、22年間事件を追い続ける刑事役にはW主演&初共演が決定しました。

藤原竜也さんと伊藤英明さんは初共演

本作が初共演の藤原竜也さんと伊藤英明さん

『22 年目の告白―私が殺人犯です―』は、2012年に韓国で制作、公開され動員270万人を突破したクライムサスペンス映画「私が殺人犯です」を原作に、日本ならではの脚色を加えて制作。メガホンを取るのは『SR サイタマノラッパー』シリーズ、『ジョーカー・ゲーム』など話題作を手掛けてきた日本映画界期待の新鋭・入江悠監督。藤原さん、伊藤さんという同世代の俳優とタッグを組みます。

1995年に起きた5つの連続殺人事件。共通の3つのルールに基づいて行われた残忍な犯行は、世間の注目を浴びる。事件を担当する刑事の牧村は、あと一歩のところまで犯人を追い詰めるものの、未解決のまま時効を迎えてしまう。
22年後のある日。日本中震撼させる一冊の本が発売される。それは95年に起きた殺人事件の犯人と名乗る男が書いた手記「私が殺人犯です」。この本の出版は、新たな事件の始まりだった…。

告白本を出版する美しき殺人犯・曾根崎雅人(そねざきまさと)役は藤原竜也さん。事件発生直後から曾根崎を追い続けてきた刑事・牧村航(まきむらこう)役には伊藤英明さん。世代を代表する藤原さんと伊藤さんのW主演&初共演での火花散る激突が描かれます。

藤原竜也さんコメント
入江監督とは以前テレビドラマでご一緒させていただき、才能のある同世代の監督と出会えたことは、自分にとって大変良い経験でした。今回、また監督とご一緒できること、こうした大作感のある映画に参加できることは、大変意味深いことですし、僕も集中して全編通して入りこまなければいけない作品だと痛感しております。伊藤さんとは、共演が初めてですのでとても楽しみです。
対峙し合う真逆のキャラクターを演じますので、刺激を受けながら俳優として良い関係性を築きたいと思っております。

伊藤英明さんコメント
この度初めて入江監督の作品に携わる興奮と喜びを感じつつ、アクション等細かい所にもこだわり、一つ一つのシーンに力と情熱をそそいで演じたい。また、時効を迎えてしまったという刑事の無念さを表現していきたいと思います。今回初めて共演する藤原竜也さんをはじめ素晴らしいスタッフと共に良い作品作りをしていきたいと思っています。

7月12日からクランクインし、9月上旬のクランクアップ予定されています。
未解決のまま時効を迎えた連続殺人事件から22年後の「告白」を描いた『22年目の告白―私が殺人犯です―』2017年初夏公開。

©2017 映画「22 年目の告白-私が殺人犯です-」製作委員会

Facebookコメント

Return Top