CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』では赤鬼役!アクションもこなす本格派女優・清野菜名に注目!

mainImg
出典:http://www.dot-st.com/

可愛い姿からは想像もつかない、抜群のアクションを見せてくれる清野菜名さん。最新作『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』では、全身真っ赤に染まった地獄の赤鬼ベーシストとして出演するなど、その活躍は多岐に渡ります!
キュートでありながら芯の強い印象の彼女が、これまでに出演した作品を紹介しましょう。

ファッション誌、グラビアで男女から人気を得た女優、清野菜名

ab7741403df9361492c5536df5f1abfc
出典:https://jp.pinterest.com/

1994年、愛知県で生まれた清野菜名さん。2007年にファッション誌”ピチレモン”の専属モデルとして芸能活動をはじめました。高校入学を機に上京し、3年間アクションを学びます。
その後、2012年に映画デビューし、2016年からはドラマでも活躍が始まりました。2015年のドラマ「ウロボロス~この愛こそ、正義。」の婦人警官役、ドラマ「コウノドリ」の助産師役と聞いて清野さんを思い出す人もいるでしょう。

やる気なし男子が過酷な山仕事で見つけたものは?『WOOD JOB!(ウッジョブ)~神去なあなあ日常~ 』

高校卒業後、三重県の神去村で山仕事をする会社の研修プログラムに参加することになった平野勇気(染谷将太)。そのパンフレットで見かけた美女・石井直紀(長澤まさみ)に惹かれてやってきたところは、想像を絶する山奥でした。荒っぽい先輩・ヨキ(伊藤英明)のしごきに耐え、虫の脅威、作業の過酷さに耐えきれず、何度も脱走を試みます。しかし徐々に自然の雄大さに魅せられ、人々の温かさにも触れて勇気は成長していきます。

『スウィングガールズ』などの矢口史靖監督が手がけた、2014年の作品です。清野さんはこの作品で、高橋玲奈役として出演しています。

荒々しい近未来の族間争いを描いた『TOKYO TRIBE』

近未来のトーキョーでは、いくつかの族たちがそれぞれの街で暮らしています。そんな中で対立しているのが、ブクロを率いるメラ(鈴木亮平)とムサシノの海(YOUNG DAIS)。ある時、SARUのメンバーが殺されたことで戦いは激化し、とうとうトーキョー全体が争いの場となっていくのです。

2014年公開の園子温監督作品。ラップとストーリーを融合させた新しいミュージカル映画として、話題になりました。冒頭から染谷将太さんのラップで始まります。荒廃した街の中で、トライブ(族)間の争いが過激に描かれています。
清野さんはスンミという風俗嬢の役で、体当たりの演技を披露しました。

壮大なスケールでコミック,アニメと共に大ヒットした『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』

100年前に突然現れた巨人。人類はほとんど喰われてしまい、残った者たちは三重の高い壁の中で暮らしていました。
幼い頃、目前で母親を喰われた青年・エレン(三浦春馬)は、親友のアルミン(本郷奏多)とミカサ(水原希子)と共に、見たこともない海に憧れ壁の外にいつか出たいと思っていました。そんなある日、とうとういちばん外側の壁が巨人によって崩されます。
その2年後、壁の修復をする為の調査団の一員となったエレンとアルミン。シキシマ隊長(長谷川博己)と行動をともにしているミカサとも再会したエレンたちは、人類と巨人との戦いの渦に巻き込まれていくのでした。

2015年に公開されたシリーズ前編となる作品。リアルな巨人たちの激しく容赦のない攻撃と残酷さで、PG12指定となりました。清野さんは、立体機動兵のひとりとして出演しています。

地獄で、まさに地獄の特訓!?はたして閻魔に認められるのか『TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ』

高校生の大助(神木隆之介)は、修学旅行中のバスが転落事故に遭い、目を覚ました時には地獄にいました。そこで赤鬼・キラーK(長瀬智也)に聞かされたのは、地獄の特訓に耐えれば現世に戻れるということ。全部で7回の転生チャンスを勝ち取り、閻魔校長に認められて人間となって転生できるよう、大好きなひろ美ちゃん(森川葵)とのキスを夢見て大助は頑張ります。そして、地獄のバンド対決に参加してそれを制したものこそが天国への切符を手にできるのでした。

クドカンこと宮藤官九郎監督が、3年ぶりにメガホンを取った話題作です。清野さんは、地獄のバンド”地獄図(ヘルズ)”のベーシスト・邪子として出演。神木隆之介演じる大助に淡い気持ちを抱きながら、優しく見守る赤鬼です。

野外ロックフェス「METROCK」(メトロック)にて

野外ロックフェス「METROCK」(メトロック)にて

小さくてかわいらしい印象ですが、キレキレのアクションでも注目されている清野菜名さん。どんどんアクションが取り入れられている邦画の世界には、なくてはならない女優さんになりそうな予感です。彼女の過去の作品もぜひ手に取ってみてください。

『WOOD JOB!(ウッジョブ)~神去なあなあ日常~ 』
©2014「WOOD JOB!~神去なあなあ日常~」製作委員会

『TOKYO TRIBE』
©2014INOUE SANTA/“TOKYO TRIBE” FILM PARTNERS

『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』
©諫山 創/講談社 (C)映画「進撃の巨人」製作委員会

『TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ』
©2016 Asmik Ace, Inc. / TOHO CO., LTD. / J Storm Inc. / PARCO CO., LTD. / AMUSE INC. / Otonakeikaku Inc. / KDDI CORPORATION / GYAO Corporation

【関連記事】
◆こんな神木くん見たことない!映画『TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ』“地獄”へご案内!?
◆役作りで坊主頭に!?今注目の女優・森川葵のおすすめ出演作品!

Facebookコメント

Return Top