CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

THE 和風美人!映画や連ドラで主演に引っ張りだこな女優・黒木華

RVW3

派手ではないのに、なんだか忘れられない。そんな存在感抜群の若手女優・黒木華さん。
テレビでもスクリーンでも顔を見ることが増えてきた彼女が、これまで出演した映画は話題作も多く、見応えたっぷりです!
天真爛漫な少女やしっかり者のOLなど、どんな役でも違和感なく演じてしまう力の持ち主、黒木華さんの出演映画を紹介しましょう。

どんなキャラを演じても「あ!いるいる」と親近感の沸く女の子…黒木華

100779_002
出典:http://music-book.jp/

1990年に大阪で生まれた、黒木華さん。”はな”ではなく、”はる”…というのは、今は多くの人が知っているでしょう。
「天皇の料理番」「重版出来!」などの、テレビドラマでの活躍もめざましい彼女。
2010年に野田秀樹さんの舞台でデビューしました。その後、『東京オアシス』で映画初出演。2013年からは「リーガルハイ」などテレビドラマのレギュラーキャストとなり、並行して映画『舟を編む』では、日本の映画賞で7つもの新人賞に輝きました。

レトロな時代に起こった、とある家の恋愛事情『小さいおうち』

100779_003
出典:http://lapinova.blog.fc2.com/

昭和初期、タキは女中として浅野家に仕えています。未亡人であった家主の時子は平井いう男性と結婚し、タキは美しく聡明な時子のそばで働くことに誇りを持っていました。やがて、同じ女性でありながら時子に思いを寄せるように。
ある年明けに挨拶にやってきた板倉に心を奪われた時子は、彼の元に通うようになります。そしてそれに気づくタキでしたが…。

2014年の山田洋二監督作品です。黒木さんは、時には友人のように、時には母のように、献身的に接する誠実な女中を演じました。そして、ベルリン国際映画祭最優秀女優賞(銀熊賞)を受賞しています。

生徒による生徒のための裁判が開かれる『ソロモンの偽証』

100779_004
出典:http://news.walkerplus.com/

あるクリスマスの朝、2年の涼子と健一は高校の校舎脇で、柏木卓也が雪に埋もれて亡くなっているのを発見します。
飛び降り自殺と思われましたが、学校に告発状が届けられます。卓也は、不良たちに屋上から落とされたというのです。
一体誰が告発状を書いたのか、卓也は本当に自殺ではないのか。様々な憶測が飛ぶ中、担任の森内先生がその告発状を破り捨てて事件をもみ消そうとした、とマスコミに騒がれます。
謎が深まるばかりの涼子たちは、卓也の友人・神原和彦を加えた生徒たちだけで裁判を行おうと決心します。

前・後編の2部構成となっているこの作品は、2015年に公開されました。ヒロイン・涼子のクラスの担任であり、事件を機に精神的に追い込まれていく森内先生を、黒木さんが演じました。

何でも屋との出会いが1人の女性を変えていく『リップヴァンウィンクルの花嫁』

派遣で教員として働く七海。SNSで知り合った鉄也との結婚を決めます。ところが、鉄也に比べて結婚式に呼ぶことができる親戚友人が少ない七海は、何でも屋に代理出席を頼みます。ところが結婚後すぐに鉄也の浮気がわかり、さらに義理の母にその浮気の罪を着せられた七海は家を追い出されてしまいます。
行き場のない七海に声をかけてきたのは、何でも屋の安室でした。彼は七海に住み込みのメイドのバイトを紹介します。それは月に100万もの大金が手に入るバイトでした。

岩井俊二監督が自身の小説を映画化した2016年の作品。黒木さんの単独初主演となる映画です。ミュージシャンであり、出演もしているCoccoさんのアンニュイな歌声とマッチしたストーリーが、心にしみわたる映画です。

相方を失くした芸人の笑いと希望の物語『エミアビのはじまりとはじまり』

人気絶頂の漫才コンビ”エミアビ”。ある日、三枚目キャラで人気だった海野が交通事故で亡くなります。1人残った金髪モテキャラの実道は、マネージャーの夏海と共に、事故当時助手席に乗っており海野と共に他界した女性の兄の元へ出かけます。その兄・黒澤はかつて芸人であり、エミアビの先輩でした。

2016年9月に公開予定の作品です。ハリセン片手に大阪弁で、実道の背中を押すマネージャーを黒木さんが演じています。

妻の死に泣けない男の再生を描く『永い言い訳』

ある日飛び込んできた妻が亡くなったという連絡。その時、夫である幸男は他の女性と共にいたのです。
告別式で一滴の涙も出ない幸夫は、表面上悲しむ夫を演じていました。ある日、同じ事故で亡くなった妻の親友の子供たちの世話をかってでます。そして、子供たちと触れ合うことで幸せを感じるようになるのですが…。

2016年10月に公開予定の作品です。本木雅弘さん演じる幸夫の担当編集者であり、不倫相手である女性・福永を黒木さんが演じています。

RVW1

2017年公開予定の『ちょっと今から仕事やめてくる』にも出演している黒木さん。福士蒼太さん、工藤阿須加さんと共に映画を盛り上げてくれること間違いなしですね。

『小さいおうち』
©2014「小さいおうち」製作委員会

『ソロモンの偽証 前篇・事件/後篇・裁判』
©2015 「ソロモンの偽証」製作委員会

『リップヴァンウィンクルの花嫁』
©RVWフィルムパートナーズ

『エミアビのはじまりとはじまり』
9/3(土)より、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次ロードショー
©2016『エミアビのはじまりとはじまり』製作委員会

『永い言い訳』
10月14日(金)全国ロードショー
©2016「永い言い訳」製作委員会

Facebookコメント

Return Top