CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

菅田将暉「今ここにいることが“キセキ”!」映画『キセキ ーあの日のソビトー』完成披露舞台挨拶

2017年1月28日(土)公開の映画『キセキ ーあの日のソビトー』の完成披露舞台挨拶が12月6日(火)丸の内で行われました。
W主演を務める松坂桃李さん、菅田将暉くんを初め、忽那汐里さん、横浜流星くん、成田凌くん、杉野遥亮くん、兼重淳監督が揃って登壇し、待ちわびたファンの大声援を受けました。

1206%e3%80%8e%e3%82%ad%e3%82%bb%e3%82%ad-%e3%83%bc%e3%81%82%e3%81%ae%e6%97%a5%e3%81%ae%e3%82%bd%e3%83%93%e3%83%88%e3%83%bc%e3%80%8f%e5%ae%8c%e6%88%90%e6%8a%ab%e9%9c%b2%e8%88%9e%e5%8f%b0%e3%81%82

国民的大ヒット曲GReeeeNの「キセキ」誕生にまつわる、ある兄弟と家族、そして仲間たちのキセキを描いた本作品で、「グリーンボーイズ」のメンバーとして、ヒデ役を演じた菅田将暉くん、ナビ役を演じた横浜流星くん、クニ役を演じた成田凌くん、ソウ役を演じた杉野遥亮くん。
劇中でのライブシーンについて、菅田将暉くんは「本当にただただ楽しんだだけで、本当のライブみたいにMCをして観客の方たちと盛り上がっていた」と語り、杉野遥亮くんは「2人(菅田将暉、成田凌)がいじってくれたので、盛り上がりました。」と、劇中のキャラクターそのままの関係性が伝わる掛け合いを見せました。

菅田将暉くんと恋人を演じた忽那汐里さんは「撮影中も4人がずっと楽しそうなので、それをいいなぁ~っと羨ましく見てました。」と撮影当時の心情を吐露。
1月7日のGReeeeNのライブにゲスト出演する話について聞かれると、菅田将暉くんは「打ち上げの場で『キセキ』を歌ったら、周りがどんどん盛り上がって、いつの間にか話が大きくなっていました。」と、ライブ出演になるきっかけを暴露し会場を沸かせました。

松坂桃李「結婚!」発言でざわつかせる

また、今年起きた“キセキ”は?という質問に「結婚!」と書き記し会場をざわつかせる松坂桃李さん。「共演した女優さんが次から次へと電撃結婚していきました!」と語る松坂桃李さんに対し、菅田将暉くんは「縁結びの神様だね!“キセキ”を呼んでる」と絶妙な返しを披露!
更に菅田将暉くんは「今ここにいること!今舞台挨拶をしている東映で、仮面ライダーのオーディションを受けて、こうやって舞台に立ててることが“キセキ”だと思う。」と答えると登壇者からは素晴らしい!と感嘆の声が上がりました。

最後に、菅田将暉くんは「GReeeeNさんに敬意を表してこの作品を作りました。二兎追うものが二兎を得るという本当にあった話を描いた作品で楽しんでほしい!」と語り、松坂桃李さんは「勇気づけられる作品で、完成した作品を観て今自分がやっている事、またこれからやる事、自分で選択したからこそそれが正解だと後押しされる気持ちになりました。皆さんにも何か受け取っていただけたら幸いです。」とメッセージを贈りました。

『キセキ -あの日のソビト-』ストーリー詳細

歯医者も歌も、どっちも本気!前代未聞の覆面ボーカルグループ!
誰もが知る名曲誕生にまつわる“軌跡”と“奇跡”を描いた“輝石”の物語。
厳しい父の反対を押し切り家を飛び出したミュージシャンの兄ジン。父の想いを受け、歯医者を目指す弟ヒデも、仲間と共に音楽の魅力に引き寄せられていた。音楽に挫折し、弟たちの才能を知ったジンは、そんな彼らに自らの夢を託すことを決意する。
歯医者はやりたい、歌もやりたい。でも恐ろしい父親には絶対に言えないーー。彼らが取ったありえない秘策。それは前代未聞の顔出し無しの CDデビューだった・・・。

出演者

松坂桃李、菅田将暉、忽那汐里、平祐奈、横浜流星、成田凌、杉野遥亮、早織、奥野瑛太、野間口徹/麻生祐未、小林薫

スタッフ

監督:兼重淳
脚本:斉藤ひろし 「秘密」「黄泉がえり」
音楽:GReeeeN
製作: 「キセキ -あの日のソビト-」製作委員会

『キセキ ーあの日のソビトー』公式サイト
配給:東映
2017年1月28日(土)全国公開!
2017「キセキ ーあの日のソビトー」製作委員会

【関連記事】
◆ヒデ役菅田将暉の歯医者姿ほか、場面写真解禁!『キセキ -あの日のソビト-』
◆松坂桃李の口ひげ&タトゥー姿解禁!GReeeeNの「キセキ」誕生を描く 映画『キセキ ーあの⽇のソビトー』

Facebookコメント

Return Top