CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

福士蒼汰・時代劇初挑戦!『曇天に笑う(どんてんにわらう)』実写映画化で本広監督とタッグ!

2011年から連載開始された累計120万部を誇る大ヒットコミックシリーズ「曇天に笑う」。
2014年にアニメ化、2015年からは舞台化、そしてこの度、満を持して実写映画化が決定しました!

主演は福士蒼汰くん。本作で時代劇映画に初主演し、体当たりでアクションシーンにも挑戦します。
メガホンを握るのは、『踊る大捜査線』シリーズでおなじみの日本映画界きってのヒットメーカー、本広克行監督。福士蒼汰くんとは初のタッグを組みます!

福士蒼汰くんは、。バスケットやダブルダッチが得意で、運動神経抜群

バスケットやダブルダッチが得意で、運動神経抜群の福士蒼汰くん

映画『曇天に笑う』ストーリー

物語の舞台は、明治維新後の滋賀県・大津。
300年に一度蘇り、人に災いをもたらすという巨大な力を持つ大蛇(オロチ)。大蛇復活の年、その力を阻止するために立ち上がった曇神社を継ぐ曇家(くもうけ)の長男の曇天火、次男の空丸、三男の宙太郎の曇天三兄弟(どんてんさんきょうだい)と、明治政府右大臣・岩倉具視の直属部隊・犲(ヤマイヌ)は、それぞれ違った方法で大蛇の力を再び封印し、日本に平和をもたらそうとしていた。しかし、その力を手に入れ明治政府を転覆させるため動き出した最強の忍者集団・風魔一族の暗躍により、曇天三兄弟の行く手は阻まれてしまう。曇天三兄弟vs犲vs風魔一族・・・三つ巴、空前絶後の戦いが、今始まる!

福士蒼汰くんのコメント

曇 天火(くもう・てんか)役の福士蒼汰くん

曇 天火(くもう・てんか)役の福士蒼汰くん


Q.本広監督との初タッグについて
福士蒼汰くん:

「本広監督作品はとてもキャラクター達が格好良く描かれていて、かつ、リアリティに溢れていると思います。今回も『曇天に笑う』の各キャラクターをクールに、そして温かく作って頂けると信じているので、僕も監督の力をお借りして、曇天火を精一杯演じていきたいです。」

Q.原作を読んでの感想は?
福士蒼汰くん:

「それぞれのキャラクターが魅力的だと思いました。どのキャラクターにも過去があり、読者それぞれ好きなキャラクターができる作品なので、実写するにあたっても、原作のキャラクター達の魅力を取り入れられたらと思います。」

Q.「曇天火」という役柄への意気込みは?
福士蒼汰くん:

「天火という役は、すごく頼りがいがある〝ザ・兄貴“という男なので、自分もそういう存在になれるように、お兄ちゃんとして頑張りたいと思います。」

Q.アクションへの気概は?
福士蒼汰くん:

「今回特に感じていることは、ただアクションをするのではなく、アクションの細かい所作の中で天火のキャラクターを見せていきたいと思っています。」

Q.歴史ファンタジーとして注目される本作、衣装、メイクなどの印象は?どんな作品世界を作りたいですか?
福士蒼汰くん:

「和と洋の混ざり合った文明開化の時代、僕が好きな時代の一つです。髷をゆっている者がいる中でスーツを着た者、和洋折衷な服を着ている人々、とても素敵だなと思います。タイトルの通り、『笑う』ということをテーマに曇天ワールドを作っていきたいと思います。」

アクション、着物姿、お兄ちゃん役・・・福士蒼汰ファンとしてはたまらない設定全部盛り!
2018年の公開が待ち遠しいですね。

©唐々煙/マッグガーデン
配給:松竹

Facebookコメント

Return Top