CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

あれから 30 年後――。世界は変わった。『ブレードランナー 2049』全世界注目の初映像解禁!

SF映画史上最高の傑作として公開後30年以上ものあいだ語り継がれるリドリー・スコット監督の『ブレード
ランナー』(1982 年)。その続編『ブレードランナー 2049』(※数字の読み方:ニー・ゼロ・ヨン・キュウ)が 2017年11月に全国公開されます。
本日、全世界が注目する『ブレードランナー 2049』の予告編となる<初映像>が全世界で解禁となりました。

全世界注目の初映像は、ハリソン・フォードのセリフからスタート!


オリジナル作品の舞台である2019 年から30年経った2049年の世界が『ブレードランナー 2049』の舞台。
予告編の冒頭では、オリジナル版に存在するデッカード(ハリソン・フォード)の台詞から幕を開ける。

「レプリカントが機械なら問題ない。反抗しなければね。」
彼はかつて、まるで人間とは見分けのつかない“レプリカント”の反逆を阻止するために結成された捜査官
“ブレードランナー”の一員であったが、30年月日が経っていた。ライアン・ゴズリング扮する新人捜査官の男に「俺はかつて有能だった」と語るが、今はいったい何者なのか?

今回ライアン・ゴズリング扮する男が対峙している2049年の世界はどのようなものなのか?
予告編の映像からは荒廃した世界も垣間見えるが、砂漠に横たわる像は何を意味するのだろうか…。

「時代は、変わった。」

ハリソン・フォードが前作の主人公リック・デッカード役を再び演じるほか、『プリズナーズ』『ボーダーライン』などでその才能が高く評価されているドゥニ・ヴィルヌーヴが監督、リドリー・スコットを製作総指揮、ライアン・ゴズリング主演と、ハリウッドが最も注目するスタッフとキャストが集結。

多くの謎を残し、まだまだ詳細はベールに包まれたままだが、当時の『ブレードランナー』を彷彿とさせる、いや、それ以上の新しい世界観に、驚きと更なる期待感を煽られること間違いなし。
独特の映像美、そしてかつての興奮を呼び覚ます音楽――オリジナルのファンならずとも、この新しきチャプターに無限の可能性を感じずにはいられないでしょう。

『ブレードランナー 2049』は、2017年11月全国ロードショー。
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

【関連記事】:
◆負け組ヒーローチームの鍵は、宇宙一カワイイ“木”!?映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』日本公開&邦題決定!
◆【大特集!】『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』を徹底解説!過去の「スター・ウォーズ」シリーズから読み解く“家族愛”とは?

Facebookコメント

Return Top