CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

10歳と6歳の兄弟が母を探す。ドイツのハードなロードムービー

ひょんなことから施設に預けられてしまった10歳の兄。施設を飛び出して母親のもとに向かうと、そこはもぬけの殻でした。小さな兄弟は、母を探してベルリンじゅうを駆け巡るのですが…。

主演イヴォ・ピッツカーの並外れた演技力。

ぼくらの家路001.jpg

10歳のジャック(イヴォ・ビッツカー)は、6歳の弟マヌエル(ゲオルク・アルムス)の世話で、日々大忙し。
優しいけれど、若いシングルマザーの母は、恋人との時間や夜遊びを優先してしまいます。

施設に預けられることになったジャック。

ぼくらの家路002.jpg

しかし、ある事件により、ジャックは施設に預けられることになります。
主演のイヴォ・ピッツカーは、6ヶ月におよぶオーディションを経て、数100人の候補者の中から抜擢され、ベルリン国際映画祭では、その演技が絶賛を浴びました。

ジャックは、施設を飛び出すことに…。

ぼくらの家路003.jpg

友達ができず、施設になじめないジャック。
待っていた夏休みが、ようやく訪れますが、母からの迎えは、3日後になると電話が入り、がっかりしたジャックは、施設を飛び出します。

母を捜し始める幼き兄弟。

ぼくらの家路004.jpg

夜通し歩き、家にたどり着くジャック。母は不在でカギはなく、携帯電話は留守番メッセージばかり。
ジャックは、母に伝言を残し、預け先にいるマヌエルを迎えに行きます。
緊迫感あふれるカメラシーン、またベルリンの街の素顔も見どころです。

ジャックが下す重大な決断とは…。

ぼくらの家路005.jpg

お金も食べ物もなく、頼れる大人もいない2人に、トラブルが襲い掛かります。
小さな弟を守るために、勇気と知恵をふり絞りながら、次第に逞しくなっていくジャック。
ジャックが下す最後の決断に、胸が熱くなる感動作です。
ベルリン国際映画祭をはじめ、数々の映画祭で大絶賛され、観客賞、審査員賞を受賞した珠玉の作品です。

『ぼくらの家路』
9月19日(土)より、ヒューマントラストシネマ有楽町他にて全国ロードショー
配給: ショウゲート
[c]PORT-AU-PRINCE Film & Kultur Produktion GmbH

Facebookコメント

Return Top