CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

『チャーリーズ・エンジェル』などパワフルだけどキュートで魅力的な女性が主人公の映画5選

チャーリーズエンジェル_001
出典:http://yoikuge.sakura.ne.jp/

とってもパワフルで男勝りだけれど、本当は女性らしいキュートな女性が主人公の映画を5つご紹介します!

男勝りで独身のFBI捜査官の女性がミスコンに!?『デンジャラス・ビューティー』

デンジャラスビューティー_001
出典:http://miyatti.at.webry.info/

2001年、サンドラ・ブロック主演のコメディー映画『デンジャラス・ビューティー』。優秀なFBI捜査官のグレイシー・ハートは、男勝りで、色気ゼロ、仕事一筋で独身生活を送る日々を送っていました。そんな中、ミス・アメリカ・コンテストの主催者宛てに連続爆弾魔から爆破予告が届きます。そこで、サンドラ・ブロック演じるグレイシーが潜入捜査でコンテストに出場することになります。
「ミスコンは頭が空っぽの女が出る、バカ女の品評会」と軽蔑し、バカにしていたグレイシーですが、潜入捜査とはいえ、だんだん綺麗で魅力的な女性になっていく主人公に釘付けです。

デンジャラスビューティー_002
出典:http://takanekei.exblog.jp/

ミス・アメリカコンテストの舞台裏、出場者たちと打ち解けていく姿もまるで青春ドラマのよう。とはいえFBIの捜査官ですので、もちろんアクション要素も満載。そしてなんといっても、コメディアンヌとしてのサンドラ・ブロックの、新たな魅力をこれでもかと感じることができます。続編の『デンジャラス・ビューティー2』もありますので、サンドラ・ブロックの魅力にぜひはまってください!

正義感の強すぎる女性警察官が恋をした!『僕の彼女を紹介します』

僕の彼女を紹介します_001
出典:http://avex.jp/bokukano/

日本でも人気の高い韓国人女優、チョン・ジヒョン主演で話題になった、2004年公開の韓国映画『僕の彼女を紹介します』は、『猟奇的な彼女』へ続くストーリーになっています。
チョン・ジヒョン演じるのは、正義感が強く無鉄砲な警察官のヨ・ギョンジン。バッグを盗んだ犯人と間違えて、女子校の講師をしているミョンウ(チャン・ヒョク)を誤認逮捕してしまいます。そこから二人は惹かれあって行きます。

とにかく無鉄砲で危なっかしいギョンジンですが、それを見守るミョンウの優しさと包容力にキュンキュンします。普段は本当に気が強いのに、女性らしい可愛らしさが見える瞬間が、とても魅力的です。最後にはギョジンが撃った鉄砲の銃弾でミョンウが死んでしまいますが、最後までギョンジンを見守っているんだと感じさせるこの演出は、女性にとってまさに憧れのエンディングではないでしょうか。

僕の彼女を紹介します002
出典:http://blogs.yahoo.co.jp/

『猟奇的な彼女』で日本でも人気になったチョン・ジヒョン。とても感情表現がうまくて、コメディとシリアスの部分との難しさを見事に表現していています。二つの映画の主人公を、猟奇的過ぎないキュートさを合わせ持つ魅力的な女性に作り上げることができるのは、この方だけではないでしょうか。

花嫁は韓国一の女性ギャング!『花嫁はギャングスター』

花嫁はギャングスター001
出典:http://taizo.happy.nu/

なんと、韓国映画で女性が主人公の映画で『猟奇的な彼女』の興行成績を追い越し、2001年に史上NO.1を獲得した作品がこの『花嫁はギャングスター』です。
やくざの女親分として生きていた、主人公のウンジン(シン・ウンギョン)。数年ぶりに再会した姉は、余命数ヶ月の命。姉はウンジンに花嫁になって、幸せに暮らしてほしいと願うのです。そんな姉の最後の願いを叶えたいとウンジンは、何十回も見合いをして、ことごとく断られ続けていたスイル(パク・サンミョン)と結婚しました。しかしウンジンは、ハサミ一本を武器に戦ってきたギャングです。結婚生活はなかなかうまく行きませんが、次第にスイルの優しさに心を開いていくウンジンです。ギャング映画ですから、ここからまた抗争がはじまります。

パワフルなコールガールのシンデレラストーリー『プリティ・ウーマン』

プリティーウーマン_002
出典:http://girlschannel.net/

ジュリア・ロバーツの代表作となった、シンデレララブストーリー『プリティ・ウーマン』です。もはやストーリーの説明もいらないくらいの、言わずとしれた名作です。
コールガールをしていたビビアン(ジュリア・ロバーツ)は、実業家のルイス(リチャード・ギア)に一週間のアシスタントの契約を結ぶように言われます。お世辞でも上品とは言えなかったビビアンは、ルイスの力を借りながら、美しい女性へと変身していきます。惹かれあう二人ですが、やはり身分が違うと感じたビビアンは、何も言わずにルイスの元を去るのですが…というストーリーです。

初めは荒くれものだった女性が、レディーへと変身していくストーリーに惹かれるものがあります。ジュリア・ロバーツは本当にキュートですね。現在も昔も変わらぬ美しさです。そしてリチャード・ギアもダンディーすぎるくらいのダンディーさです。軽快なポップを奏でる主題歌も、当時は大流行しました。女性の夢が全て詰まった名作ですね。

強くたくましく、プライベートはキュートに!『チャーリーズ・エンジェル』

チャーリーズエンジェル_002
出典:http://blogs.yahoo.co.jp/

パワフルだけどキュートな女性が活躍する映画といったら、やっぱりこれ『チャーリーズ・エンジェル』です。とっても強いけのだけれど、プライベートは恋もする、お洒落も大好きなとってもキュートな女性たちです。70年代に人気だったTVドラマをリメイクした作品で、出演は『マスク』で映画初出演を果たし、一躍大人気女優の仲間入りをした、キャメロン・ディアス。子役の時から『E.T.』などに出演していた、ドリュー・バリモア。そして『シカゴ』や、『キル・ビル Vol.1』など、有名作品に多数出演していたルーシー・リュー。

angel
出典:http://www.geocities.co.jp/

チャーリーの探偵事務所で働く3人の女性たちは、チャーリーの指令により事件に駆り出されます。見どころはまず、カッコいい本格的なアクション。そんじょそこらの男性なんて目じゃないほどの強さで、そしてさらにアクションが美しく華麗です。また、3人それぞれの個性的なキャラクターがキュートすぎる。こんなキュートな女性にならば蹴られてみたいと思った男性もいたのではないでしょうか。

そんな魅力的なチャーリーズの3人の女性、もっと観たい!という方は『チャーリーズ・エンジェル/フルスロットル』もあります。ちなみにフルスロットルにはあの『ゴースト/ニューヨークの幻』のデミ・ムーアが、チャーリーズエンジェルOB役で出演しています。

とても強くて魅力的な主人公の映画を5本ご紹介しました。主人公ひとりひとりが個性的で、魅力的で、とってもキュートです。これらの主人公を参考に、理想の女性に近づけることでしょう!

Facebookコメント

Return Top