CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

【お家映画】Netflix (ネットフリックス)で見られるおすすめラブコメディ映画6選

100000_001
出典:http://gerardjamesbutlersclan.forumfree.it/

ちょっと映画でも見ようかな…という時におすすめなのがラブコメディ。ベタなストーリーでもいいんです。笑って笑って時には泣いて、見終わったらなんだか元気が出るような、そんな映画を紹介します。

初めての恋のドキドキがとっても伝わってくる『箱入り息子の恋』

100000_002
出典:http://www.ibjapan.jp/lp/hakoiri-movie/

市役所で働く健太郎は、35歳で女性と付き合った経験ゼロ。
ある日、親同士が見合いをする「代理見合い」で探してきた女性、奈穂子とお見合いをすることになります。お見合い当日、奈穂子は盲目だということがわかり、さらに奈穂子の父親から交際を反対され…。

今、歌にお芝居に活躍している星野源が健太郎を演じています。
2013年の公開当時はまだ知名度も低かったのですが、初めての恋の喜びや悲しみを全身で表しているその演技は素晴らしいです。
また、奈穂子役に夏帆、それぞれの両親役に大杉連、黒木瞳、平泉成、森山良子、と豪華な顔ぶれです。

5股もかけてる最悪女子なのになぜか応援したくなる『婚前特急』

100000_003
出典:http://www.amazon.co.jp/

5人の男性と同時に付き合っているOLのチエ。親友が結婚したのをきっかけに、1人に絞ろうと決意します。

個性あふれる5人の男性をみているだけでも楽しめる映画です。
西尾(加瀬亮)は子供のいるバツイチ、三宅(榎木孝明)は美容室を3つのオーナーで妻帯者…など、年齢も職業も性格もばらばらの彼ら。
女子同士で見たら「こんな人いるよね」と、盛り上がること間違いなしです。

どんな役でもこなしちゃう山田孝之が記憶喪失の男を演じる『指輪をはめたい』

100000_004
出典:http://video.unext.jp/

片山輝彦は29歳独身。頭を打って記憶喪失になった彼は、カバンの中の婚約指輪を誰に渡そうとしていたのか思い出すことができません。ところが、次々女性が現れて自分と付き合っていると話し始めます。3人の女性の誰に指輪がはめられるのでしょうか。

輝彦を翻弄する女性たちには、池脇千鶴、小西真奈美、真木よう子が扮しています。
そして輝彦は、『闇金ウシジマくん』『鴨川ホルモー』など、シリアスからコミカルまで幅広くこなす山田孝之が演じています。

フラれる方法を探す女と意地でも別れない男のお話『10日間で男を上手にフル方法』

100000_005
出典:http://movies.yahoo.co.jp

女性記者のアンディ(ケイト・ハドソン)が引き受けた仕事は、締め切りまでの10日間でわざと男にフラれてそれを記事にするという仕事。
一方、広告会社のベン(マシュー・マコノヒー)は、上司と「10日以内に恋人を作れば大きな仕事を任せる」という約束をしてしまいます。
偶然出会ったふたりは、それぞれの目的のために付き合い始めるのですが…。

こんな設定はあり得ない、と思いながらも10日間というタイムリミットにドキドキしながら見てしまいます。わざと嫌われるようにあれこれ実行するかわいいアンディがみどころです。

誰と見る?ちょっとHなラブコメディ『男と女の不都合な真実』

100000_006
出典:http://movies.yahoo.co.jp/

バリバリ仕事をこなすテレビプロデューサーのアビー(キャサリン・ハイグル)と、口の達者なお調子者の恋愛カウンセラー、マイク(ジェラルド・バトラー)。二人は仕事でチームを組むことに。
しかし、なかなかうまくいきません。

『キューティー・ブロンド』のロバート・ルケティック監督の作品。
マイクのカウンセリングの無茶ぶりや2人の下ネタ満載のやり取りがかなり過激で、次は何を言っちゃうんだろう…とちょっとハラハラ。R15指定の大人向けラブコメディです。

見終わった後、ほっこり幸せ気分。ローマの街とオペラが素敵な『ローマでアモーレ』

100000_007
出典:http://prettieststar.blog64.fc2.com/blog-entry-1511.html

ウディ・アレン監督・主演のラブコメディ。
『パイレーツ・オブ・カリビアン 生命の泉』のペネロペ・クルス、『ソーシャル・ネットワーク』のジェシー・アイゼンバーグ、『JUNO』のエレン・ペイジなども出演しています。

美しいローマの街で繰り広げられる4つの恋物語。
娘が結婚することになり、アメリカからローマにやってきた元オペラ演出家(ウディ・アレン)。婚約者の父親の美声に魅せられてしまいます。

様々な観光地も登場し、まるで旅行しているような感覚になれる映画です。

Facebookコメント

Return Top