CinemaGene(シネマジーン)

「映画をきっかけに、女の子の毎日をドキドキワクワクさせる」をコンセプトに、女の子が気になる情報満載のサイトです。

松居監督、高杉を大絶賛!オファー理由など貴重な濃いトークをたっぷり披露!映画『君が君で君だ』トークイベント

7月12日(木)東京・新宿にて、映画『君が君で君だ』のトークイベントが行われ、高杉真宙さん、松居大悟監督が登壇しました!

松居監督、高杉を大絶賛!オファー理由など貴重な濃いトークをたっぷり披露!映画『君が君で君だ』トークイベント

松居監督「この世代で真宙は貴重な役者」
高杉のオファー理由が明らかに!

映画上映終了後、大きな拍手が沸き起こる中登場したのは、ヒロインであるキム・コッピのダメ彼氏役・宗太役を演じた高杉真宙さんと松居大悟監督。

MCから初めて脚本を読んだ感想を聞かれた高杉さんは「最初はびっくりしました。ただ松居監督の作品をいくつか見させていただいていたので、監督とご一緒したいという気持ちはありました。」と語り、「自分がやったことのない役でもあり、キャストの皆様も素敵な方ばかりだったので、どんな作品になるのかなと思いながら読ませていただきました」とコメント。

松居監督、高杉を大絶賛!オファー理由など貴重な濃いトークをたっぷり披露!映画『君が君で君だ』トークイベント

続いて、高杉さんへのオファー理由について質問が及ぶと、松居監督は「この世代で、いわゆる王子みたいな役者さんの真宙ってほんと貴重だなと思って、あまりこういうタイプの人はいないなと思いオファーしました。そして、一緒に読み合わせやリハーサルをしていく中で、狂気というか底力のようなものを感じた」と明かし、「とにかくクズになってもらいたかったので、パチンコ屋やゲーセンとかに入り浸ってほしい、あとひげを伸ばしてくれとお願いしました」と高杉さんへの役作りの依頼についても話しました。

共演者との撮影について高杉さんは「激しい撮影でした。迫力のあるキャストの皆さまですし、演技もすごかったです。自分がその中にいることができたのが幸せで、現場ではずっと緊張していました」と撮影現場の緊張感を振り返る場面も。そして特に覚えているシーンについては、「満島さんに連れていかれて、羽交い締めにされて首輪をつけられるところです。なかなか無い経験ですし今後も首輪をつけられることはないかな。」と一生に一度しかないかもしれない貴重な体験を語りました。

Return Top