CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

星新一が好きなら、きっとこのSF映画が気に入るはず


星新一のSFショートストーリーを彷彿とさせる映画。色のない白黒の世界、コミュニティに暮らす人々ー、なぜ世界は白黒なのか。それは、この予告編を見れば分かります。

差別や戦争、貧困や格差、すべてが管理された世界

ギヴァー-1
差別や戦争、貧困や格差をなくすためにはどうしたらよいのか?それは、みんなが同じ生活をして、同じ考え方をして、同じように死んでいく。差別をなくすために区別すらなくしてしまった世界が舞台となっています。

SFといえば「近未来」!

ギヴァー-2
SFといえば、舞台はもちろん近未来。
生涯1000編以上の作品を残した日本のFS作家の第一人者、星新一さんの作品に出てくるような、近未来の世界が描かれています。

もちろん徹底管理された世界には秘密があります

ギヴァー-3
徹底管理された近未来の理想郷。
しかし、理想郷には必ず隠された真実があります。それが近未来物のSF作品の醍醐味でもあります。

タイトルの「ギヴァー」とはなにか?

ギヴァー-4
この世界では、職業も「コミュニティー」によって決められます。
主人公のジョナスが与えられた職業は「次なる”記憶の器”(レシーヴァー)」。この”レシーヴァー(受け取る者)”に対するのが”ギヴァー(与える者)”。ギヴァーはレシーヴァーに何を与えるのか?隠された真実とは?真実が与えられたとき、世界が色を取り戻す!

『ギヴァー 記憶を注ぐ者』
2015年9月5日(土)より 渋谷HUMAXシネマほかにて 全国ロードショー
©2014 THE WEINSTEIN COMPANY

Facebookコメント

Return Top