CinemaGene(シネマジーン)

映画をきっかけに、女の子の毎日をドキドキワクワクさせる

【先行解禁】気分屋×毒舌だけど、時折見せる優しい笑顔がたまらない♡映画『母さんがどんなに僕を嫌いでも』森崎ウィンの場面写真解禁!

11月16日(金)公開の映画『』より、さんの場面写真が解禁となりました!

親からも友達からも愛されたことがない青年が壮絶な過去を乗り越えて、自分を拒絶してきた母の愛をつかみ取るまでの奇跡の実話を描いた本作。主人公のタイジを演じるのは、若手俳優のなかでも演技力の高さに定評のある太賀さん。タイジを心身ともに傷つけてしまう母・光子役には、実力と人気を兼ね備えた女優・吉田羊さん。

タイジを支える友人役を森崎ウィンさん、さん、さんが好演し、その他、木野花さんをはじめとした実力派俳優陣が脇を固めます。監督は、『すーちゃん まいちゃん さわ子さん』や連続ドラマW「ダブル・
ファンタジー」の監督が務め、ゴスペラーズが本作のために書き下ろした「Seven Seas Journey」が主題歌となっています。

そしてこの度、主人公タイジの親友キミツを演じた、若手注目俳優・森崎ウィンさんの場面写真が解禁に!森崎さんの演じる“キミツ” は華やかな生活を送るお金持ち。社会人劇団に参加するキミツは、劇団見学に訪れたタイジと出会った瞬間から、容赦ない毒舌を放ちタイジを動揺させる。しかし、その飾り気のない
言葉にはキミツなりの優しさがあり、タイジはそんなキミツへ次第に心を開いていく。

【先行解禁】気分屋×毒舌だけど、時折見せる優しい笑顔がたまらない♡映画『母さんがどんなに僕を嫌いでも』森崎ウィンの場面写真解禁!

【先行解禁】気分屋×毒舌だけど、時折見せる優しい笑顔がたまらない♡映画『母さんがどんなに僕を嫌いでも』森崎ウィンの場面写真解禁!

この度解禁された場面写真は、キミツがタイジと初めて出会うシーンや、タイジの部屋に突然現れ、我がもの顔で部屋に居座りタイジへ説教を始めるシーンなど、ズカズカとタイジの懐に入り込む、いかにもキミツらしい場面が切り取られている。

【先行解禁】気分屋×毒舌だけど、時折見せる優しい笑顔がたまらない♡映画『母さんがどんなに僕を嫌いでも』森崎ウィンの場面写真解禁!

【先行解禁】気分屋×毒舌だけど、時折見せる優しい笑顔がたまらない♡映画『母さんがどんなに僕を嫌いでも』森崎ウィンの場面写真解禁!

さらに、砂浜に座ってタイジが過去の出来事を大将とカナに打ち明け、涙を誘うシーンでは、なぜか一人だけ背を向け、ふてくされたような顔で寝転ぶ姿が…『レディ・プレイヤー1』で魅せた精悍な顔つきとは一変、口は悪いが憎めない、しかし本当は誰よりも友人思いのキミツを様々な表情で演じています。本編での、キミツがタイジへ投げかける心温まる言葉たちも必見です!

20年以上、母の愛を諦めなかった息子の実話。映画『母さんがどんなに僕を嫌いでも』は11月16日(金)公開です!

『母さんがどんなに僕を嫌いでも』ストーリー

タイジ(太賀)は小さい頃から大好きな母、光子(吉田羊)に愛されないまま、壮絶な家庭環境の中で育てられた。耐えかねて17歳で家を飛び出し、一人で生きてきたタイジだったが、友人の言葉に動かされ、母と向き合う覚悟をする。大人になっても自分を拒絶していた母に歩み寄り、タイジは母からの愛を取り戻すために立ち向かっていく。

『母さんがどんなに僕を嫌いでも』公式サイト
太賀 吉田羊 森崎ウィン 白石隼也 秋月三佳 小山春朋 斉藤陽一郎 おかやまはじめ 木野花
原作:「母さんがどんなに僕を嫌いでも」(KADOKAWA刊)
主題歌:ゴスペラーズ「Seven Seas Journey」(キューンミュージック)
監督:御法川修
脚本:大谷洋介
制作プロダクション:キュー・テック
配給・宣伝:REGENTS
11月16日(金)より新宿ピカデリー、イオンシネマほか全国公開!
(C)2018「母さんがどんなに僕を嫌いでも」製作委員会

【関連記事】
◆3人の自然体な演技に注目!映画『ハナレイ・ベイ』心を揺さぶる本予告映像解禁!

Return Top